COLUMN

THE PRIVATES―祝デビュー30周年! ロックの酸いも甘いも味わえる豪華な新作&トリビュート盤が登場!

THE PRIVATES Les beat unBORDE(2014)

 THE PRIVATESの歴史は、ブルースやリズム&ブルースロックンロール、そこから派生したブリティッシュ・ビートパブ・ロックなどの豊饒さを、日本でいかに鳴らすかのトライアルだった。ミッシェル・ガン・エレファントTHE BAWDIESは後輩も後輩。ビートを強く打ち出した演奏、ビター・スウィートなメロディーと詞を旗印にいまも活躍を続ける彼らが、2枚組の新作『Les beat』を届けてくれた。Disc-1にはモッドでヒップな“ONE MORE TIME”や感傷を振り払い前進する“リメンバー”など、グッとくる佳曲揃い。Disc-2はカヴァー集で、甲本ヒロトも参加したマディ・ウォーターズ“Rollin' Stone”などルーツ色が濃い仕上がりだ。

 

 

VARIOUS ARTISTS PRIVATE LESSON~THE PRIVATES Tribute~ LookHear/UKプロジェクト(2014)

 そしてトリビュート盤『PRIVATE LESSON~THE PRIVATES Tribute』も登場。直系の後輩、THE NEAT BEATSがラフに聴かせる“BOOGIE GO GO”、武藤昭平 with ウエノコウジがスパニッシュなボ・ディドリー風のビートに仕立てた“ALL DOWN RIVERS”、そしてOKAMOTO'Sが上述の“ONE MORE TIME”を気怠くカヴァー。2枚を通して、バンドの軌跡と影響力に思いを馳せるべし。

【参考動画】THE PRIVATESのトリビュート盤『PRIVATE LESSON~THE PRIVATES Tribute』収録曲で
VIOLETS“CAT FISH”のライヴ映像
40周年プレイリスト
pagetop