STANISLAW SKROWACZEWSKI , 読売日本交響楽団 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ベルリオーズ:愛の情景~劇的交響曲〈ロミオとジュリエット〉より コロムビア (2014)

2014.11.06

2013年、スクロヴァチェフスキ90歳の誕生日直後のコンサートのライヴ録音。彼は《革命》交響曲を1960年と1990年に録音している。それから時代は大きく変わり、従来、勝利の終結を目指し劇的に表現されてきたこの曲の解釈も脱構築され、多種多様な演奏がされるようになった。スクロヴァチェフスキは、苦悩の時代に虐げられた人々へのレクイエムと解釈し、ロシア正教の鎮魂歌《パニヒダ》がある第3楽章に最も大きく比重を置き、歴代のロシア人指揮者以上に痛切な祈りに満ちた演奏をしている。カップリングのベルリオーズの曲は繊細で透明感がある極めて美しい演奏で、読響の弦群が健闘している。

※試聴はこちら

40周年プレイリスト
pagetop