COLUMN

BECCA STEVENS BAND 『Perfect Animal』

ジャズの現在進行形を切り拓く才媛からの最新レポート

BECCA STEVENS BAND 『Perfect Animal』

 ホセ・ジェイムズの『While You Were Sleeping』で3曲に参加したことから注目度が高まった、北カリフォルニア出身でブルックリン在住のシンガー・ソングライター/ギタリスト、ベッカ・スティーヴンス。これまで、グレッチェン・パーラト&レベッカ・マーティンティレリーというグループを結成したり、エスペランサ・スポルディングアンブローズ・アキンムシーレらの作品にも参加してきた彼女が、自身のバンドを従えてニュー・アルバム『Perfect Animal』を発表した。プロデュースはスコット・ソルタースーパーチャンクセイント・ヴィンセント他)。

BECCA STEVENS BAND Perfect Animal Becca Stevens/コアポート(2014)

 ジャズでキャリアをスタートさせながら、ますますジャズから逸脱していくあり方はホセと同じく。「ニュー・スクール大学時代から独創的な作曲をする女性として目立っていた」と同級生だったホセは語っているが、確かにここでも他の誰かと比べることのできない独特のメロディー展開にまず耳が行く。ヒンヤリした感触ながら感情の揺れが伝わる歌唱表現も魅力的だ。またスティーヴ・ウィンウッド“Higher Love”など3曲のカヴァーでは、アレンジに自由な精神を反映。エリザベス・シェパードの新作『The Signal』と並んで、女性ジャズ・シンガーとしてのもっとも洗練された新しい表現を示す一枚と言えよう。

 

 

▼関連作品

左から、ホセ・ジェイムズの2014年作『While You Were Sleeping』、アンブローズ・アキンムシーレの2014年作『The Imagined Savior Is Far Easier To Paint』(共にBlue Note)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop