2014.11.12

鈴木慶一岩崎なおみ近藤研二らと組んだトリプル・ギター・バンドの初作は、テン年代を代表するひねくれポップ盤となり得る一枚。ニューウェイヴィーなギター・ロックやキッチュなサーフ・サウンドなどが雑然とひしめく様からは、自分らが何者なのかを説明しようとする意志はまるで感じられない。が、掴みどころが見えにくいのに、楽曲はすこぶるキャッチーで中毒性が激高。刺激がありすぎてほんとニヤニヤしちゃう。

タワーアカデミー
pagetop