COLUMN

Sho自身のこだわりと共振する古今の80sサウンド―PLASTICZOOMS 『SECRET POSTCARD』

【Revelation In Black 黒い波の誘惑】Part.4

 「80sも、イマっぽすぎるのは逆にお洒落じゃないのかな、ふざけてるぐらいがいいのかなって(笑)、最近思ってて。そういうので言うと、マーチャンダイズの最新作はだいぶ80sで……オレンジ・ジュースとかスミスみたいになってましたからね。ヴィジュアル的な意味でも良いなと。あとLilliesのKENTとよく話すのが、フューチャー・アイランズ。やっぱり良いですよね。両方4ADか。レーベルなら、キャプチャード・トラックスもふざけて昔のオマージュみたいな見せ方してるけど、ミックスとかは新しいんですよね。ああいうところに刺激を受けますね。

【関連動画】マーチャンダイスの2014年作『After The End』収録曲“Little Killer”

 

 それと、今回のアルバムを作った後ぐらいから、日本のその手の作品も聴くようになりました。プロデューサーに〈なんでアルバム作ってるときに教えてくれなかったの!?〉って言いたいぐらい(笑)、日本にカッコ良い人が多くて。初期の吉川晃司とか、岡村靖幸もめちゃくちゃカッコ良いシンセの入れ方してるし、大澤誉志幸の“恋にjust can't wait”はドラムの音もシンセの音もセンスがずば抜けてます。ずっと洋楽に耳が行ってたけど、当時の日本でこんなすごい音が鳴ってたんだって……いまさらながら聴いてますね(笑)」(Sho)。 

【関連動画】 フューチャー・アイランズの2014年作『Singles』収録曲“Seasons(Waiting On You)”

 

 

▼関連作品

左から、マーチャンダイスの2014年作『After The End』、フューチャー・アイランズの2014年作『Singles』(共に4AD)、クラフト・スペルズの2014年作『Nausea』(Captured Tracks)、岡村靖幸のベスト盤『早熟』、大澤誉志幸の85年作『in・Fin・ity』(共にエピック)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ