INTERVIEW

TOC 『IN PHASE』 Part.1

マイク片手に新潟から全国へメッセージを届けてきたHilcrhymeのフロントマンが、現場での絆と遠い記憶を糧に、時代と同調して新たなフェイズへと歩を進める!

TOC 『IN PHASE』 Part.1

〈売れるもの〉ではなく〈良いもの〉

 Hilcrhymeの活動で知られるラッパー、TOC。昨年10月のシングル『BirthDay/Atonement』でソロとしてのリリースを開始した彼が、約1年を経て、初のソロ・アルバム『IN PHASE』を完成させた。

 「タイトルには〈同期して/同調して〉という意味を込めています。今作は時代に同期した、客演陣と同調したアルバムだと思ってます。また、かつて新潟のクラブ・アーティストにとって夢の舞台だったのが、〈PHASE〉という地元で一番のデカ箱だったんです。いまはもっと大きなハコでやってるけど、PHASEに初めて立った10年前の自分のマインドを大切に〈いま〉を作りだした、というアルバムになったと思いますね」。

TOC IN PHASE NAO PLAN/Village Again(2014)

 「形式的な〈ヒップホップ〉の枠にハメず、ただそのマナーには沿った、TOCという人間にしかできない自分だけのヒップホップを作りたかった。地方からメジャーを経験したことや、そこにいつつアンダーグラウンドに戻ったことも、僕しか経験してないことだと思うし、そこで起きたことや感じたことをありのまま表現したかった」と話す今回の作品には、アンダーグラウンドなシーンで活躍しているラッパーや、TOCと現場で繋がったアーティストの参加が印象的だ。

 「ソロ活動を始めてから繋がった、ほとんどの人が現場でリンクした人たちです。参加アーティストを並べてみると〈人がこうなら俺はこう〉的な面があるというか。僕はそういう人たちと繋がりやすいのかなと」。

 その意味では、“春夏秋冬”や“FLOWER BLOOM”など、パブリック・イメージとしてのHilcrhymeの作品とは異なった、ハードさであったり、現行のヒップホップを意識した作風が随所に現れ、TOCの新たな意志を感じさせる。

 「Hilcrhymeと差があると思いますが、自分の核の部分は変えようとしても変えられなかったし、変えたくないものでした。ただ、僕は基本的に〈万人の共感を得る〉という定義を据え置いていつも曲を作っていますが、それが〈売る〉ということと混同してしまうことがいままでの音楽活動でありました。そこを自分のなかでキッチリと整理するためにも今回は〈良いもの〉を追求し、〈売れるもの〉は考えませんでした」。

 「ラッパーとして、人間として濃い人を選びました。器の大きさや人間力の豊かさ、そういう人はみんな、上手いし、〈旨い〉」と話す今回の客演陣のなかでも、同じ新潟でNITE FULL MAKERSというユニットを組んでいたUSU aka SQUEZとの楽曲を“ReUniTed”というテーマで作ったのは興味深い。

 「同じ新潟の親友であり同士でありライヴァルです。俺たちは互いの良い部分、悪い部分をすべて知り、認め合ってる。出会ってから13年くらい経ちますが、仲違いして人間関係がグチャグチャになったり、〈雨降って地固まる〉の究極版みたいなことをやってきて、とても強固な地盤ができたと思ってます。その時代を振り返りつつ、〈いま〉を歌ってる曲です」。

 

純然たる〈ラップ・アルバム〉

 また、“World View”ではTwiGyを迎えているが、これはそのTwiGy本人のクラシック“七日間”(99年)へのオマージュが込められている。

 「“七日間”は当時、日本で初めて聴くタイプのラップでした。当時は誰もやってなかった倍速ラップでとても独創的だし前衛的で、ラップを始めたばかりの僕は思いっきり喰らって。本人にそれを伝えると〈じゃあそれやろうよ。いまの俺とTOCで〉と言ってくれました。嬉しかったですが自分の中で思いっきりハードルが上がったのを覚えています(笑)。間違いなくこのアルバムで一番の難産でしたが、人生を変えてくれたと言っても過言ではない曲と制作過程でした」。

 一方、THUGMINATIT.O.P.という、TOCと隔たりを感じられそうなアーティストの参加もあるが、その理由はこう話す。

 「T.O.P.くんがTwitterで、僕のことを〈現場にいないひとり〉と書いてたんですね、俺はHilcrhymeのツアーで3時間くらい昼に歌って、その後クラブに行って朝までパーティーするんですが、そんな奴は俺しかいないと思うし、現場にいないMCはやはりどこか説得力に欠けると思ってて。だから、〈東京の現場にはいないけど新潟の現場にいる。THUGMINATIも聴いてる〉って返したんですね。そうしたら、次の週末にはもう渋谷の現場でリンクしてました(笑)。彼と僕は歩んできた道などは180度違うと思います。ただ、弱者の味方であることやシステムへの反抗だったりには共感するし、僕の中にもそれはある」。

 他にもMARSNIPEISH-ONE、そしてシンガーとして弘Jr.が参加しているが、基本的には歌心よりも、ラップで牽引するタイプの構成だ。

 「純然たる〈ラップ・アルバム〉を作りたかったんです。プロデューサーのZETTON氏からラップのディレクションを受けたりして、ラップの幅がいままでよりも広がったし、何よりラップに対しての概念が変わりました」。

 プロデューサーにはそのZETTONやOHLD、そしてMitsu the Beatsらの興味深い顔ぶれが集まった。

 「手応えは100%に近いです。そして、2年前に想像してたいまの自分を越えられたのは自信に繋がりました。以前は〈Hilcrhymeとソロはまったく別モノ〉というスタンスでやっていたんですが、自分の中で徐々にその壁は壊れてきて、チームでもソロでもTOCはTOCなんだと消化できるようになってきました。いまはその自分がとても好きです。この先は正直言うとまだあまり見えません。ただ、時代を捉え、次代を見据え、オープンスタンスで、自分を大事に、そして義を重んじて、しっかりと堅実に音楽をしていけば、おのずと望んだ自分になると信じていますね」。

 

▼TOC/Hilcrhymeの作品

左から、Hilcrhymeの2014年のシングル“FLOWER BLOOM”(ユニバーサル)、TOCの2013年のシングル『BirthDay/Atonement』(NAO PLAN/Village Again)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼TOCの客演作を一部紹介

左から、DJ松永の2014年作『サーカス・メロディー』(Village Again)、DJ ISSAYの2012年作『HOOD FINEST』(BITCH MOUNTAIN WORKS)、LUVの2013年作『4seasons』(トイズファクトリー)、CHIHIROの2014年作『LOVERS』(インペリアル)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼『IN PHASE』参加アーティストの作品を一部紹介

左から、USU aka SQUEZのベスト・ミックスCD『Un 'USU' all』(Buzzic)、TwiGy al Salaamの2011年作『Blue Thought』(Jazzy Sport)、T.O.P.の2014年作『UNDERWORLD ANATOMY』(R-RATED)、ISH-ONEの2014年作『D.R.O.P』(YINGYANG)、SNIPEの2012年のEP『ツバサ』(SHIKI)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

募集