COLUMN

rings

国境や世代を越えた音の円環を届けるレーベル

 N'gaho Ta'quiaの傑作も記憶に新しいdisques corde(やその前身たるsoup-disk)を主宰し、音楽評論家としてはもちろん、インターネットラジオ〈dublab.jp〉の運営にも携わる原雅明が新たにringsなるレーベルを始動した。最初のリリースは、LAでdublabを運営するフロスティデイデラスの組んだアドヴェンチャー・タイムの新作『Of Beyond』、そしてCoffee & Cigarettes Bandでcordeと縁のあったDJ KENSEIが伝説のジャズ・ベーシストたる鈴木勲と手合わせした『New Alchemy』の2タイトルだ。

ADVENTURE TIME Of Beyond rings(2014)

 デイデラスはブレインフィーダーでのソロ作も出したばかりだが、『Of Beyond』に広がるのは多様なテクスチャーやスタイルのコラージュ……というかザッピング。ギリギリなネタ使いや謎の萌え展開も挿入され、無性に耳が楽しくなる感じに『DOOPEE TIME』も思い出せる逸品だ。

 

 

鈴木勲,DJ KENSEI New Alchemy rings(2014)

 一方、『New Alchemy』は両名が行った50分の即興ライヴ・セッションを封じた刺激的な一作となっている。いずれも個々に活動する才能同士が円環を結んだ作品ということで、今後のレーベルがどんな環を結んでいくのかにも期待しておこう。

40周年プレイリスト
pagetop