2014.12.11

体調不良による活動休止を経ての2作目。前作は全編ピアノの弾き語りだったが、今回は鈴木慶一のプロデュースにより、弦楽器や電子音なども配した奥ゆかしくて緊張感のあるバンド・サウンドに。ケイト・ブッシュを思わせる純真な声で一語一語に覚悟を込めて発声するかのような主役の歌が、心に深く刺さってくる。感情の激しい波を剥き出しでぶつけてくる“ゆるして”のデモ版の衝撃は、とても言葉では表せない。

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop