2015.01.05

2011年リリースの『Oblique-Ⅰ』が世界各国のジャズ誌で年間ベストにも選出されたドラマー、タイション・ソーリーの久々のリーダー作。アンソニー・ブラクストンジョージ・ルイスといったインプロヴァイズド・ミュージック・シーンの巨匠達との交流やヴィジェイ・アイヤースティーヴ・コールマンらとの交流からもユニークな創作活動を続ける彼の一面が伺える。今作はピアノ・トリオのフォーマットを用いつつ、彼ならではのサウンドを追求。バルトーク、スティーヴ・コールマン、オウテカショパンドビュッシーらからの広範な影響を内包した幽玄で神秘的な音世界を聴かせる。

※試聴はこちら

関連アーティスト
pagetop