COLUMN

豪華制作陣を迎えたNegiccoのセカンド・アルバムは、白い輝きをカラフルに放つ2015年の大本命盤!

【ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15】 Pt.18

豪華制作陣を迎えたNegiccoのセカンド・アルバムは、白い輝きをカラフルに放つ2015年の大本命盤!

 米と雪――ホームタウンたる新潟の名物を表題に冠して、Negiccoのセカンド・アルバム『Rice & Snow』がいよいよリリースされました。あるいは表題は生活感とロマンティシズムそれぞれの象徴と捉えることもできそうですし、湯気の立つ温かさと凍てつく寒さを相互にイメージすることもできましょう。何を言いたいのかというと、もう単に一面的に解釈するのでは済まないところまで彼女たちの魅力が多面的に伝わりはじめている、ってことです。

Negicco Rice & Snow T-Palette(2015)

 だからして、そのライスとスノウが想起させる白さに反してアルバムの中身は恐ろしく色とりどり。約1年半前にリリースした不朽のファースト・アルバム『Melody Palette』(2013年)以降、西寺郷太NONA REEVES)の昂揚感漲る“ときめきのヘッドライナー”で次のステージへ目線を移し、矢野博康の“トリプル! WONDERLAND”で王道のスタイルをスペイシーに強化し、さらに田島貴男オリジナル・ラブ)による“サンシャイン日本海”では情緒豊かな普遍の幸せを描き出し、そして久々のconnie曲で勝負に出た“光のシュプール”……と、4つのシングルだけでもその彩りは明白でしたが、アルバムの中身はそれどころじゃないものに。カップリングで披露されたShiggy Jr.編曲の“1000%の片想い”は、Shiggyの池田智子も声を交えたヴァージョンで収録されているほか、参加アーティストは下にジャケを並べた通りの豪華さではありつつ、もちろんそういった名前の数々によって揺らぐことのない根本的な魅力の正体は言うまでもないでしょう。

 アルバムでの初出曲は、その“1000%の片想い”や“光のシュプール”と同じく、プロデュースの手綱も握るconnieの楽曲を多様な顔ぶれがアレンジしたもの。Nao☆が久々に作詞した胸キュン作法の“クリームソーダLove”は北川勝利(演奏とプログラミングは北園みなみ、ベースはKIRINJI千ヶ崎学)、ヒネリのあるメロにシンプルな意匠の“裸足のRainbow”はスカート、ブラコンとニュー・ジャックの間で跳ねる“パジャマ・パーティー・ナイト”はOrland、といずれも初顔合わせとは思えない相性の良さ。トークボックス入りの黒いノリという共通項では、矢野博康アレンジによる夜中のアフェア気分な“二人の遊戯”にPPPからBTBKASHIFも加勢していて、これもまた刺激的です。

 刺激という点では三浦康嗣プロデュースの“BLUE, GREEN, RED AND GONE”はアートコアをカットアップした変拍子シンセ密室ファンクみたいな何か凄い曲! ここから初期の電気グルーヴみたいな吉田哲人アレンジの“Space Nekojaracy”、蓮沼執太によるリズムと即興フレージングのじっけん的な“自由に”へと至る後半はいろんな意味で耳が気持ち良くなるプログレッシヴな展開で楽しいです(それでもいちばん驚いたのは、流れで聴いた時の“サンシャイン日本海”の音数の少なさ!)。……と、これ以上いろいろ言う必要もないほどの大傑作。セールス云々じゃなく、本当に凄い地平まで来ています!

※〈ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15〉の記事一覧はこちらから

40周年プレイリスト
pagetop