EVENT & LIVE REPORT

個性溢れる新世代アクトの競演に会場沸騰! 〈NEW TOWER GENERATION 2015〉最終日

個性溢れる新世代アクトの競演に会場沸騰! 〈NEW TOWER GENERATION 2015〉最終日

2015年2月11日
〈NEW TOWER GENERATION 2015〉
@東京・タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉

期待の新世代アクトたちをタワーレコードならではの視点でピックアップし、発信していくショウケース企画〈NEW TOWER GENERATION〉。その2015年版として注目の4バンドによって行われたツアーの最終日、タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉でのライヴの模様をお伝えする。

 


 

 
 
 
 

 

トップバッターを務めたのは、タワー渋谷店独占販売のファースト・ミニ・アルバム『ゼロ』が異例のロングセラーを続けている注目バンド、vivid undress。2014年3月に結成されたばかりの彼らだが、ギターとピアノが絡むリフが印象的なサウンド、紅一点ヴォーカル・kiilaのエモーショナルな歌声で、1曲目の“パラレルワ”からオーディエンスを惹き付ける。MCではキーボードのrioが「ヤバイ、すごい熱気だねー! こんなところでできるなんて、感謝ノリノリー!」とオネエっぽい(?)独特のキャラを見せ、killaは待望の全国流通アルバムを作成中だと明かす。ステージは後半に向けてより熱気を帯び、ストレートかつポップな歌詞でポジティヴなオーラを放つ“Rainbow”、切々と語りかけるように歌い上げるラストの“Yours”と、強い印象を残してステージを去って行った。

 

 
 
 
 

 

続いて登場したのは大阪からきたスリーピース・バンド、BURNOUT SYNDROMES。訥々と誠実に歌い上げるヴォーカルがじわじわと熱を帯びて迫ってくる1曲目“墜落/上昇”、アグレッシヴな演奏でありつつ暖かみのある“LOSTTIME”で会場を一気に自分たちの色に染め上げ、MCでは大阪のバンドらしい(?)軽妙なトークを展開。勢いと疾走感に満ちた芯の強いロック・サウンドに加え、ここぞという場面でコーラスが入ったときに立ち上がる柔らかなニュアンスも印象的だ。彼らは、痛快なギター・ソロも炸裂する3人ならではの間を活かしたミディアム“100万回のアイ・ラヴ・ユー”、都会への憧れをテーマに叫ぶような熱唱を聴かせる “セツナヒコウキ”と、この日のライヴ後にレコーディングが始まるというニュー・アルバム『文學少女』への期待も高まる新曲を続けて演奏。ラストには力強いビートのなか会場全体に呼びかけるように歌う“ラブレター。”を披露し、スケール感溢れるパフォーマンスで最後までフロアを湧かせ続けた。

 

 
 
 
 

 

十二分に暖まった会場は、或る感覚の4人が姿を現すとさらにヒートアップ。最初の一音を出す瞬間から大歓声を浴びた彼らは、抜群のコンビネーションでド迫力の低音を響かせるベースとドラム、高速カッティングやサビでの泣きのメロディー、そしてキレッキレのソロと暴れまくるギター、そして自信に満ちた歌声で魅せるヴォーカルで圧巻の存在感を示す。骨太なサウンドのなか愁いを帯びた歌詞とメロディーを聴かせる人気曲“赤い春”や、4人の音が塊となって迫りくる“初夏のピラニア”など、強度の高いパフォーマンスで観衆をノックアウト。ヘヴィーなリズムと激しいシャウトが印象的な“ファイトクラブ”の最中にはヴォーカル&ギターのロンが「本日唯一のロック・バンド、或る感覚と申します!」と叫び、MCでは「今日は30分しかもらってないんですけど、歌うたいの寿命は30分だと思って死ぬ気で歌います」と宣言するなど、随所で飛び出した強い覚悟を思わせる発言に恥じない白熱のステージだった。

 

 
 
 
 

 

そしていよいよこの日のトリ、タワレコタオルを掲げつつ彼女 in the displayの面々が登場すると、満員の会場で歓声を上げるファンたちの顔が笑顔と期待感で満たされていく。押し引き抜群で各楽器に見せ場を作り、ここぞという所でヴォーカルをしっかりと前面に出す卓越したアレンジが見事! キャッチーかつポップであることと真摯に対峙する姿勢は、間奏でドラム以外の全員がファンと共に垂直に飛び跳ねる2曲目“Black hawk down act.3”や会場全体が両手を挙げつつ雄叫びを上げる“CRAZY DIAMOND”など、全力で楽しみ楽しませようとするステージングからも存分に伝わる。ヴォーカルの稲木亮介が「自己紹介がてら、今日は喋らずに、いっぱい曲やっちゃっていいですか!」と叫ぶと大歓声で応えるオーディエンス。“Paradise Lost”などブレイクを多用するメリハリの効いたナンバーでさらに盛り上げると、7曲目の“ECOHES”とアンコールでの“GOLD EXPERIENCE”では派手な煽りや演奏中のジャンプを封印、一心に声を張り上げ楽器をかき鳴らす姿と力強いサウンドで観る者の胸を打つ。トリを飾るにふさわしい堂々たるパフォーマンスを見せつけ、熱気溢れる一夜を締めくくった。

 

〈NEW TOWER GENERATION 2015〉
@東京・タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉
2015年2月11日 セットリスト

【vivid undress】
1. パラレルワ
2. Bring me a light
3. Rainbow
4. Yours

【BURNOUT SYNDROMES】
1. 墜落/上昇
2. LOSTTIME
3. 100万回のアイ・ラブ・ユー(新曲)
4. セツナヒコウキ(新曲)
5. ラブレター。

【或る感覚】
1. カウンター
2. 赤い春
3. 初夏のピラニア
4. ファイトクラブ
5. スローウェイヴ
6. CITY STYLE ALTERNATIVE BLUES

【彼女 in the display】
1. PLATINUM
2. Black hawk down act.3
3. Unlomited
4. Blaze up!
5. Paradise Lost
6. Crazy Diamond
7. ECHOES
En. GOLD EXPERIENCE

タグ
美しい星