DISC GUIDE

Berryz工房の〈完熟〉ボックスやテンテンコの初ソロ作など、まだまだ膨大なZOKKONディスクたちを紹介!

【ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15】 Pt.20

I'S9 私がアイドルになった日 ITR/ソーホーズインク(2015)

福岡の現7人組が満を持して初のアルバムを完成。リリース間隔の長かったシングル3枚を軸にしつつ、桑原大輔×mocaのコンビでほぼ全曲を書いているからか、一貫したトーンとエモーショナルなストーリー性が伝わってくる内容です。Type-Bには昨夏の福岡市民会館ワンマンを収めたDVD付き!

 

 

Berryz工房 完熟Berryz工房 The Final Completion Box PICCOLO TOWN(2015)

 3月で無期限の活動停止に入る7人からの、(停止前の)最後のリリースとなるのはボックスセット。初回限定盤はシングルA面集となるCD3枚にMVを網羅したBD(もしくはDVD)2枚をセットにしたもので、11年前のデビュー曲から最終録音となる“Love together!”まで圧巻のラインナップ。〈ハロー!プロジェクトらしさ〉を濃縮したような数時間のジェットコースターに、つんく♂の比類なきアイデアと才気、〈個性的〉を絵に描いたようなメンバーたちのポテンシャルを改めて痛感させられまくり。なお、通常盤はカップリング集+蔵出しも含むレア・トラック集の付いた怒濤の6枚組!!仕様なので、音源派にはこちらを全力でオススメ。日本のポップ音楽史を語るうえでも欠いてはならない、一家に1~2箱クラスの記念碑ですので!

 

 

テンテンコ Good bye, Good girl. テンテンレコーズ(2015)

 BiS解散後はDJやジンの発行などインディーな動きを見せている彼女。その初ソロ・シングルがタワレコでも流通スタートです。表題曲は無邪気な歌い口を活かすテクノorホソノ歌謡で、PellyColoのリミックスもいい感じ。ジャケ違い盤ではNATURE DANGER GANGの関をリミキサーに起用って!!

 

 

みきちゅ 可愛い屋さん As-sound(2015)

 仙台で活動する〈アイドルシンガーソングライター〉として脚光を浴びた異才の、上京後初のシングルが登場! 詞曲はもちろん本人で、筑田浩志がカップリングの“正しさは君だ”ともども弾けるようにアレンジ。もねゆるめるモ!)とミズタマリプラニメ)がそれぞれ手掛けた振付けにも注目です。

 

 

BELLRING少女ハート UNDO THE UNION AqbiRec(2014)

 メンバー脱退も控えるベルハーから昨年末に届いていた2枚目のアルバム。EP3枚からの楽曲もほぼ丸ごとブチ込み、哀愁サイケな“Starlight Sorrow”や怪曲好き向けの“プリティ・シャロウ”、松隈ケンタによる乾いた音色が快い“UNDO”など新曲群も大充実。もう店頭在庫のみなのでニュッと立つ特殊パッケージが欲しい人はお急ぎを!

 

 

10COLOR'S フランソワ~届かない片思い~ SISTERMUSIC(2015)

九州シーンでも名を馳せる山口は下関の現8人組が、いよいよ初の全国流通シングルを発表! 青SHUN学園SHUNが全曲を手掛け、まだ拙さもある歌唱を持ち前の手腕でエモいノリへと昇華しているのは流石です。5種用意されたカップリングのなかには、地元の住宅展示場のCMソングも(これが良い!)。

 

 

KOBerrieS♪ 思い出エール フォーライフソングス(2015)

神戸から全国デビューして1年、活動4年目に入った彼女たちのニュー・シングルはガラリと様子を変え、同郷ガガガSP山本聡を迎えた直球の前向きソングに。ガガガのカヴァー“卒業”もカップリングされ、郁恵(美大の卒業制作でお休み中)の作となる6人の並んだジャケにはつい涙を誘われ……。

 

 

前田彩里 Twinkle Star Light/秘密 Aries(2015)

 2014年はティーンズ☆ヘブン加入もあって二刀流での活動に挑んだいろりん。およそ1年ぶりとなったソロでのセカンド・シングルは、趣の異なるアップの2曲入り。現場ノリの“Twinkle Star Light”も安定感抜群ですが、ハイエナジーの“秘密”が情感のある歌声を生々しく響かせていて良いですね!

 

※〈ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15〉の記事一覧はこちらから