EVENT & LIVE REPORT

リリスクガールズ(仮)も登場! アプガ×リリスクの愛溢れる初イヴェントをレポ

リリスクガールズ(仮)も登場! アプガ×リリスクの愛溢れる初イヴェントをレポ

2015年2月23日
TOWER RECORDS presents 6MIC 7SOUL ∞
@ 東京・新宿BLAZE

 

 

タワーレコードのアイドル専門レーベル、T-Palette Records所属のアップアップガールズ(仮)lyrical schoolによる対バン企画〈TOWER RECORDS presents 6MIC 7SOUL ∞〉が東京・新宿BLAZEにて2月23日に開催。この日のイヴェントは、普段からアイドル好きを公言しているリリスクのayakaが、自身の推しメンであるアプガの関根梓にブログやSNSで熱烈なアプローチをかけ、それに応える形で実現したという驚きの経緯を持った夢の企画。レーベルメイトの彼女たちだが、2組がメインを務める対バンはこの日が初ということもあり、フロアには満員となるオーディエンスが詰め掛けた。

 

 

 

そんな熱気のなかオープニング・アクトとして登場したのは、昨年末のイヴェント〈T-Palette Records 感謝祭2014〉にてTパレへの所属が発表されたフレッシュな7人組、アイドルネッサンス。白いお揃いのジャンパースカートに身を包んだ彼女たちは、3月24日リリースのTパレ第1弾シングルの表題曲で、初々しくもキレのあるダンスで魅せる“YOU”でライヴをスタート。爽やかな自己紹介を挟み、甘酸っぱいメロディーのアップ“恋する感覚”、ハイテンションなロック・チューン“ドカン行進曲(己編)”という同シングルの収録曲や、こちらも弾けるようにロッキンな“ガリレオのショーケース”でぐんぐんと会場をヒートアップさせていく。あっと言う間のラストは、アイドル以外の音楽ファンにも知られるきっかけのひとつとなったBase Ball Bear“17才”のカヴァー。溌剌としたダンス・パフォーマンスや華のある厚いコーラス・ワークで魅了し、短い時間ながら客席との見事な一体感を生んだステージだった。

 

 

 

ここでイヴェントの発起人となるayaka関根が登場し、改めて開催に至る経緯を説明。ayakaの顔がプリントされたTシャツを着た関根に対し、ayakaは自ら作成したという世界で1枚しかない〈関根梓Tシャツ〉で対抗するなど、負けじとばかりに溢れんばかりの愛をアピール。関根もそんなayakaのリクエストを汲み、この日のアプガのセットリストに希望の楽曲を反映させたことを告白する。さらに「6つのマイクと7つのソウルでガツンぶつかっていくので、みなさんもドーンと来てください!」との熱い言葉で次のlyrical schoolのステージへと繋いだ。

 

 

 

そんな待ったナシの舞台に飛び出してきたリリスクは、2012年のシングル“リボンをきゅっと”で勢いよくライヴの幕を切ると、“PARADE”そしてtengal6時代の“プチャヘンザ!”という攻めのシングル曲を惜しみなくノンストップで繰り出していく。関根が楽しみにしていたという盤石のマイク捌きで聴かせる最新シングル“PRIDE”まで、アクセル全開で6曲を披露した。ようやく辿り着いた最初のMCで「めっちゃ楽しい!」と口々に語るなど、リリスクならではのワイワイ感で会場を癒しつつ、「私たちにしか出せないグルーヴを楽しんでほしい!」との頼もしい言葉も飛び出す。

 

 

 

後半戦は、アーバンかつメロウな“抜け駆け”でガラッと会場の雰囲気を変えると、次の“おいでよ”ではクラップ&ジャンプ&コールでグッとオーディエンスに接近し、硬軟織り交ぜた多彩なステージ運びで魅了していく。イルリメ制作の2013年の両A面シングル“わらって.net”と“Myかわいい日常たち”をセットで見舞えば、初期からファンに愛されてきた“photograph”(イントロから大歓声!)、そしてお馴染みのtofubeatsによるキュートなサマー・アンセム“FRESH!!!”で盛り上がりは最高潮に。「もう最後の曲?」という声も聞こえるなか、ラストはこの夜が初披露となったALI-KICKROMANCREW)製のパーティー・チューンで、3月10日リリースのニュー・アルバム『SPOT』の冒頭を飾る“I.D.O.L.R.A.P”。堂に入ったマイクリレーとファンキーなビートで最高のショウを結んでくれた。

 

 

 

リリスクの熱演によって完全に出来上がったフロアに降臨したアップアップガールズ(仮)は、火に油を注ぐような“バレバレ I LOVE YOU ”でド派手なスタートを切り、ayakaが愛してやまない“チェリーとミルク”、情熱的な“Beautiful Dreamer”と冒頭から畳み掛ける。MCで「ラップって最強だよね~」とリリスク談議に花が咲いた次の瞬間、メンバーが嬉しさのあまり号泣するayakaの姿を客席の最前列に発見する一幕もあった。

 

 

 

そのayakaに捧げるようにパフォーマンスした“ナチュラルボーン・アイドル”、「かわいい曲はここまで! みんな付いて来れますか?」と煽る“イチバンガールズ!”“UPPER ROCK”のコンボ、3月17日発売の新アルバム『サードアルバム(仮)』より、メロコア調でとにかくアガる新曲“キラキラミライ”など、一瞬も攻め手を緩めることなく突き進んでいく。追い打ちをかけるように「もっと盛り上がれー!」と“全力!Pump Up!!”でコールや挙手のアクションを先導すると、観客も一体となったジャンプに文字通りフロアが揺れた“ジャンパー!”、早くて強いダンス・ビートの“アッパーカット!”と息もつかせぬような展開でラストスパートをかける。最後は、「みなさんの魂と私たちの魂……ひとつになりましょう!」と全員でペンライトを振り合った“Party! Party!”で、天井知らずの盛り上がりを見せた本編の幕を閉じた。

 

 

 

自然と「アプガ!」「リリスク!」のコールが交互に飛び交うフロアに、両グループが仲良くこの日のイヴェントの限定Tシャツに着替えて再登場し、大きな歓声で迎えられる。関根にイヴェントの感想を聞かれたayakaは「すっごい楽しめました!」と満面の笑み。ここから、両者が合体したリリスクガールズ(仮)としてのスペシャル・コラボに突入し、関根がこの日のためにPandaBoYに直接依頼していた2グループのマッシュアップが披露されることに。アプガの“アップアップタイフーン”“サマービーム!”と、リリスクの“FRESH!!!”“そりゃ夏だ!”を取り入れた〈サマーミックス〉、前者の“SAKURA DRIVE”“チョッパー☆チョッパー”、後者の“PARADE”“brand new day”を混ぜながらお互いのグループ名を呼び合った〈パーティーミックス〉をパフォーマンスし、これ以上ないハッピーエンド感で会場を包む。「無限大(∞)だから、Vol.2もやりたい!」と企画続行への希望も訴えつつ、最後は「以上、リリスクガールズ(仮)でした!」という結びの一言でイヴェントは大団円を迎えた。

 

【SET LIST】

★アイドルネッサンス(オープニング・アクト)
1. YOU
2. 恋する感覚
3. ドカン行進曲(己編)
4. ガリレオのショーケース
5. 17才

★lyrical school
1. リボンをきゅっと
2. PARADE
3. プチャヘンザ!
4. brand new day
5. S.T.A.G.E
6. PRIDE
7. 抜け駆け
8. おいでよ
9. わらって.net
10. Myかわいい日常たち
11. photograph
12. FRESH!!!
13. I.D.O.L.R.A.P

★アップアップガールズ(仮)
1. バレバレI LOVE YOU
2. チェリーとミルク
3. Beautiful Dreamer
4. ナチュラルボーン・アイドル
5. イチバンガールズ!~UPPER ROCK
6. キラキラミライ
7. 全力!Pump Up!!
8. ジャンパー!
9. アッパーカット!
10. Party! Party!

★リリスクガールズ(仮)
1. サマーミックス
“アップアップタイフーン”“サマービーム!”(アップアップガールズ(仮))
“FRESH!!!”“そりゃ夏だ!”(lyrical school)
2. パーティーミックス
“SAKURA DRIVE”“チョッパー☆チョッパー”(アップアップガールズ(仮))
“PARADE”“brand new day”(lyrical school)

募集