2015.03.16

NYでもっとも危険なシューゲイザー・バンドの3年ぶりとなる新作。前作でモノにしたクラウトロックポスト・ロックの要素を忍ばせながらも、今回は本来の持ち味である激烈にノイジーな演奏をトコトン追求しています。マイブラ愛をモロ出しした陰鬱ソングで幕を開け、ソリッドでカオティックな締めのパンク曲まで、まったく緩むことのない凶暴なサウンドがギッシリ! 耳がキーンとするけど、こういうの大好きです。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop