2015.03.20

電子音楽家、清水良行のソロ・プロジェクトによる2枚目のミニ・アルバム。80年代のエレクトロインダストリアル・ミュージック、ブリープ・テクノを噛み砕き、マシナリーな美学に貫かれたダンス・ミュージックを展開しているのだが、随所で立ち現われるロボ声の歌が作品に親しみやすい質感を与えている。特にFLOPPY小林写楽との共作曲ではフォーキーとも言えそうな人懐っこいメロディーを聴かせるのがおもしろい。

※試聴はこちら

関連アーティスト