INTERVIEW

SAKEROCKの歴代メンバーが全員集合して完成した、ドラマティックなラスト作にして〈ファースト・アルバム〉―『SAYONARA』

SAKEROCK『SAYONARA』 Pt.1

自分たちなりのパーティーを続けることで、多くの人に愛された彼ら。ここでSAYONARAだからこそ完成したのは、5人らしいドラマを湛えた〈ファースト・アルバム〉!!

 

 

それぞれの戦う場所

 サヨナラだけが人生だ――なんてことを言った映画監督がいたけれど、これほど素敵なサヨナラが言えるなら、それは最高の人生かもしれない。2015年2月28日、SAKEROCKが解散を発表した。ロック、ジャズ、ラウンジ、プログレ……どんなジャンルにも囚われない、何にも似ていないから〈ホニャララ〉としか言いようがないインスト・サウンドで孤高の道を歩き続けて15年。初CDのリリース直前に野村卓史(キーボード)が、2011年に田中馨(ベース)が脱退し、SAKEROCKは星野源(ギター/マリンバ)、浜野健太(トロンボーン)、伊藤大地(ドラムス)の3人になった。そこから4年間、オリジナル・アルバムは発表されず、それぞれのソロ・ワークが加速。その最中に星野が病に倒れたりと、バンド活動が途絶えてはいたが、個々の活躍がSAKEROCKを生かし続けているようにも思えた。そんななかでの解散宣言。バンドを代表して、リーダーの星野が解散を決断するまでの経緯を説明してくれた。

 「バンドとして活動していくなら、常に戦っていかなければいけないと思うんです。〈戦う〉っていうのは、新しい音楽を生み出したり、お客さんを増やしたり、いろんな戦い方があると思うんですけど、ここ数年、SAKEROCKとして戦うべき場所が見えなくなっていたんです。なぜかというと、3人編成になって動けずにいる間に、みんな個人で戦う場所ができてしまったから。それでずっと悩んでたんです」。

 星野は前作以降、2枚のソロ・アルバムを発表。役者として映画にも2本出演するなど多方面で活躍していて、彼はそんなソロ活動を「(SAKEROCKとは別に)戦う場所が生まれて、戦わざるをえなくなってきた」と振り返る。そして、それは在日ファンクを本格的に始動させた浜野や、ドラマーとして引っ張りだこになった伊藤とて同じこと。そんななかで、「ベスト(2014年に発表した『SAKEROCKの季節』)に新録曲“Emerald Music”を入れた時に、大地君とハマケン(浜野)に〈(SAKEROCKを)またやりたいんだ〉って言ったら、ハマケンに〈いまはやりたいことがあるから、ちょっと厳しいかもしれない〉って伝えられて。それがひとつの気持ちの区切りにもなりました。〈是が非でもSAKEROCK!〉ってことにはもうならないよな、でも仕方がないよなって」。

【参考動画】SAKEROCKの2014年のベスト盤『SAKEROCKの季節』収録曲“Emerald Music”

 

やっぱり5人でやりたい

 SAKEROCKという季節が終わり、それぞれが新しい戦地へ向かう。それもまた人生だ。しかし、ここからの展開がSAKEROCKというバンドのオモロイところ。「解散は嫌だから、その考えは頭の隅にやっていた」という星野だが、ふと「解散するとしたら何ができるだろう?」と考えた時、とんでもないことを思い付く。

 「脱退した2人を迎えて、もう一回、5人でやりたいと思ったんです。これまで後ろを振り向くのはイヤだったんですけど、解散を前提にしたらできるかもと思って。そして、これまでやったことがなかったこと、何かに挑戦するとかじゃなくて、ただニコニコ音楽を楽しんで演奏するということができると思ったら超おもしろそうで(笑)。〈やった! SAKEROCKで新しいことができる!〉って思ったんです」。

SAKEROCK SAYONARA KAKUBARHYTHM(2015)

 ラスト・アルバムに脱退したメンバーを呼んで、思い切り楽しむ。そんな前代未聞の〈解散大作戦〉がスタート。星野は浜野と伊藤に解散とアルバム制作を打診し、二人は「ちょっと〈しょんぼり〉しつつ、でもおもしろそうだね」と受け入れた。一方、野村と田中については「快諾してくれました。断られるってことは考えてなかったです。きっと向き合ってくれるんじゃないかと」という星野。脱退したメンバーとそういう関係を続けられているのも、SAKEROCKならではかもしれない。そして、言い出しっぺとして、リーダーとして、星野はすべてを投げ打ってアルバムに挑んだ。

 「みんなまったく時間がないところで集まってくれるので、そこは責任持とうと。作曲は自分で全部して、ミックス作業もいつも一人で。あ、一瞬だけ大地君が来てくれたかな(笑)。おかげでスケジュール的には超キツかった(笑)。でも、一緒にリハーサルを重ねたり録音していくのはすごく楽しかったから、淋しくはなかったです。おもしろかったのは、みんなの間に壁がなかったこと。バンドを維持するためには言わないでおくことが生まれてくる。でも、今回は〈維持〉ってことを気にしなくていいから思ったことが言えるし、自由に音楽が楽しめる。それって解散を前提にしているからこその特権なんだなって」。

 曲作りにあたって星野は、なるべくライヴでそのままできるようなアレンジを意識。あとで楽器を重ねることはせず、「素直な音というか、ギミックがなくて演奏してて楽しい音」をめざして曲を作っていくうちに、気持ちは少しずつ変化していった。

 「最初は3人だけでやる曲があってもいいかな、と思っていたんですけど、途中からやっぱり全部5人でやりたいと思うようになっていったんです」。

 

オセロが全部ひっくり返った

 アルバムは「5人で録り直したかった」という“Emerald Music”で幕を開けるが、全体を聴いて感じるのは突き抜けた清々しさだ。とにかく一曲一曲が歯切れ良く、メロディーやビートが真っ直ぐ胸に飛び込んでくる。ノリが良い曲、スーダラな曲、イイ気持ちで〈SAKE(酒)〉が進む。ちょっと一人になって外で煙草を吸ってるようなメロウな曲も挿みつつ、そこに湿っぽさはない。引っ越し作業が済んでスッキリした部屋に、春の温かい陽射しが差し込んで、思い出や希望がほこりのように舞っているようなアルバムだ。なかでもハイライトと言えるのが、本作のために星野が最初に作った“SAYONARA”。前のめりの曲だけど、コーラスが入ってきた途端に無性に泣けてくる。背中でサヨナラを言っているようなこの曲は、星野がアルバムを作るにあたって最初に書いた曲であり、ここにはSAKEROCKの歴史が詰まっているのだ。

 「この曲はギターとピアノから始まってバンド・サウンドになっていくんですけど、SAKEROCKは俺がバンドをやりたくて卓史君に声をかけたところから始まったんです。で、二人でメンバー探しをした。だからこの曲は僕と卓史君の音から始まって、最後は全員同時の音で終わらせたかった。この曲が出来たことで、アルバム全体のイメージがなんとなく掴めました。そして、“SAYONARA”っていうタイトルを思い付いて〈あ、もう大丈夫だ〉って。マーティン・デニーの曲から名前を取ったバンドが、マーティン・デニーの曲のタイトルで終わる。〈完成した!〉って思いました」。

 曲は出来たものの感傷的になるのが嫌で、メンバーには〈S〉という仮タイトルを伝えてレコーディングした、なんてエピソードがまた星野らしい。ともあれ、バンドの歴史を集約させてキレイなオチまでつけた本作は、〈SAKEROCKであること〉を最後まで貫いた傑作だ。特に脱退したメンバーをラスト・アルバムにゲストとして呼ぶという趣向には驚かされたが、完成したアルバムを彼はこんなふうに振り返る。

 「今回、バンドを辞めてたメンバーもバンドの物語を作り続けているんだなって思いました。2人が戻ってくるってドラマティックじゃないですか。それは2人の優しさがあってこそで、そうやって腹を据えて解散に向き合えるとドラマティックなコンセプトが実現できるんだなあって。オリジナル・メンバーのみでの録音作品がなかったことで、ずっとファースト・アルバムを作ってない気がしていたんです。ファーストってバンドの原点じゃないですか。それがないなと思っていたんですけど、今回ようやく〈ファースト・アルバム〉を作れた気がするんです」。

 では、バンドを結成した時に星野がめざしていた音とはどんなものだったのか?

 「シンプルな編成で変なことをして、かつポップで日本的な情緒があって……みたいなものをめざしていたんです。でも、当時は技術がなくて〈無理無理〉って方向を変えた(笑)。それが今回のアルバムは、その時に思い描いていた音に近いんですよ。だから遠回りしてやっと辿り着いた。最後の最後にオセロが全部ひっくり返ったみたいな感じですね」。

 そして、「ほんと、自信作なんです」と星野は満面の笑みを浮かべた。落ち着いた口調で、時にはにこやかに笑い、時にはバナナを頬張りながら、解散のこと、新作のことを語ってくれた彼。そんななかで、「SAKEROCKは語られにくいバンドだったから」という言葉が印象に残った。フォロワーもムーヴメントも生み出さず、自分たちのパーティーを続けて、きれいに後始末をしてシーンから去っていくSAKEROCK。きっと彼らが語られ、語り継がれるのはこれからだ。サヨナラの向こうに新しい物語が待っている。

タワーアカデミー
pagetop