DISC GUIDE

ペトロールズやSANABAGUN、平戸祐介ら、ジャズにも軸足を置きながらカテゴリを越境する都市音楽鳴らすアクトたち

【特集:都市インディーの源流】 Pt.11

Love City 2015
[ 特集 ]都市インディーの源流

音楽の聴かれ方、表現の仕方が大きく変化した90年代。その幸福な時代を起点に、多様化する〈街の音楽〉など現在の日本のインディー界隈の源流を紐解いてみよう

 


 

JAZZ
日本語の歌を媒介にクラブ・ジャズとネオ・ソウルを一枚に収めたJiLL-Decoy associationの最新作や、黒田卓也が関与したNiaやHanah Spring、あるいは〈フリー・ソウル〉シリーズで登場したNujabesの2作品も……ここでは、ジャズにも軸足を置きながらカテゴリを越境する都市音楽を。

 

瘋癲 MUSIC IS EXPRESSION NEXT LEVEL(2003)

関西を拠点とするハイブリッドなバンドの比類なき叙情。無骨なMILIと詩的なB-BANDJという2MCの織り成すグルーヴがブルージーでジャジーなビートと会話して骨太な音像へ変容する様は表題通りだ。トラックメイクも行うドラマーのM.FUJITANIが主導した唯一のアルバムで、いつ聴いてもグッとくるよ。 *出嶌

 

 

小松秀行 Breezin' コロムビア(2015)

ダンディーなベーシストが、プロ歴20余年にして発表した初のリーダー作。〈シティー・ポップ〉〈ライト・メロウ〉といった昨今のモードに導かれたかのように、とろけそうなグルーヴに満ちた本作には、キャリアの出発点となったオリジナル・ラブアシッド・ジャズなど、90年代的なキーワードも随所に。 *久保田

 

 

平戸祐介 Speak Own Words ユニバーサル(2012)

ピアノ・トリオ録音とビートメイカーとの制作という、グラスパーで言うところの〈Double-Booked〉式で作られた意欲作。畠山美由紀birdの出番、mabanuaと組んだロイ・エアーズ曲などは本特集と言語を同じくするもの。quasimode休止後のソロ・ピアノ作も出したばかりだが、こうした試みもまた聴きたい。 *出嶌

 

 

ペトロールズ Problems enndisc(2012)

2005年よりライヴハウスを沸かせてきた元・東京事変長岡亮介らによる3人組の初の全国流通盤。ジャズやソウルなどのグルーヴとスウィートネスにどっぷり浸かったアンサンブルを軸にしながら、サイケやニューウェイヴ経由のファンクといった要素も貪欲に呑み込み、多面的にも程がある世界を確立した。 *澤田

 

 

SANABAGUN Son of a Gun Pヴァイン(2014)

生演奏によるジャズとヒップホップのクロスオーヴァーを通じ、渋谷のストリートでタイト&ブルージーなグルーヴを磨き上げてきた8人編成の若きクルー。ベースとなる音楽性は彼らと近いところにありながら、よりAOR色を強めたメロウネスを放出する一部メンバー参加のスケーター4人衆、Suchmosにも注目だ。 *土田

 

 

今年再結成を果たしたジャジーなヒップホップ・バンド、Loop Junktionを前身に、生演奏によるダンス・ミュージックを展開してきた3人組。本作は、七尾旅人土岐麻子PUNPEE5lackロイ・エアーズらをフィーチャーしたコラボ盤で、ジャズやソウル、ヒップホップをベースとした歌モノに彼らのルーツが滲む。 *小野田

※【特集:都市インディーの源流】記事一覧はこちら

40周年プレイリスト
pagetop