SERIES

どのステージも個性的! 〈BEACH〉〈GARDEN〉〈PARK〉〈ISLAND〉の出演アクトを一気にチェック【サマソニをMikikiしよう2015】第8回

サクッと視聴して〈SUMMER SONIC 2015〉をガッツリ予習!

 

日本を代表する都市型の音楽フェスティヴァル〈SUMMER SONIC〉が、今年は8月15日(土)と16日(日)の2日間、千葉・QVCマリンフィールドおよび幕張メッセと、大阪・舞洲サマーソニック大阪特設会場で同時開催。Mikikiでは、昨年に続きサマソニの主要ステージに出演する全アーティストと注目アクトを、視聴/試聴コンテンツと共に紹介していく連載を展開! 

開催前最後の更新となる第8回は、それぞれのラインナップが個性的を放つ〈BEACH STAGE〉〈GARDEN STAGE〉〈PARK STAGE〉〈ISLAND STAGE〉をまとめて一気にご案内。サマソニを隅々まで楽しみたいアナタのために、Mikikiならではの視点で各ステージの見どころをピックアップしてみました。ちなみにメインステージ以外にも、お笑い芸人からアイドルなどが多数出演し、深夜には稲川淳二が怪談も披露する〈SIDE-SHOW〉やキッズエリアに誕生するクラブ〈KIDS CLUB〉など、気になるステージ/アトラクション/企画がいっぱい。詳しくはオフィシャルサイトでぜひチェックをどうぞ!

★〈SUMMER SONIC 2015〉タイムテーブルはこちら

★第1回〈クリエイティブマン清水直樹社長インタヴュー編〉はこちら
★第2回〈ヘッドライナー&注目アクト編〉はこちら
★第3回〈MARINE STAGE編〉はこちら
★第4回〈MOUNTAIN STAGE編〉はこちら
★第5回〈HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER編〉はこちら
★第6回〈SONICMANIA編〉はこちら
★第7回〈RAINBOW STAGE編〉はこちら
★Mikikiの〈SUMMER SONIC〉関連記事の一覧はこちら
 


 

【BEACH STAGE】

タキシード
(c)SUMMER SONIC All Rights Reserved.

 

THE King ALL STARS
(c)SUMMER SONIC All Rights Reserved.

 

サマソニで唯一砂浜に立つ〈BEACH STAGE〉。注目は、昨年に続いて〈Billboard Live〉のプロデュースによる〈Billboard JAPAN party〉の名のもとに登場する3組だ。モダンで色気のあるファンク~ディスコ~ブギーをバンド・セットで聴かせてくれるメイヤー・ホーソーン&ジェイク・ワンによるタキシード、故ロジャー・トラウトマンの遺志を継ぐ熱狂のステージに期待したい80年代を沸かせたファンク・レジェンドのザップ、そしてヴォーカルのルーズベルト・ジョンソンをはじめ、ジェイムズ・ブラウンと共にステージを彩ったメンバーが大集合してJBのソウルをいまに届けるオリジナル・ジェームス・ブラウン・バンド。ファンクをキーワードに時代を超えたアクトが揃う怒涛の3連発はどれも見逃せない!

そして、海と言えば!な若大将こと加山雄三佐藤タイジウエノコウジら後輩ミュージシャンを従えて熱いロックンロールを鳴らすTHE King ALL STARS、ソウル~ジャズ~ヒップホップ~ロックを横断するニューオーリンズ発のミクスチャー・ブラス・バンド、ソウル・レベルズの豪快なショウも見ものだろう。また、日本のフェスには初登場となる韓国の人気ヒップホップ・ユニット、EPIK HIGHも気になるところ。BIGBANGら擁するYGに所属して以来いっそう話題を集める彼らのパフォーマンスが楽しみだ。一方、日本のヒップホップ・スター、AK-69もサマソニ初参戦。今年は〈ROCK IN JAPAN〉にも参戦し、より幅広い音楽ファンにアプローチしている彼がどのようなステージングで魅せてくれるのかに注目したい!

 

 【GARDEN STAGE】

ザ・ドー
(c)SUMMER SONIC All Rights Reserved.

 

ネイザン・イースト
(c)SUMMER SONIC All Rights Reserved.

 

QVCマリンフィールドから少し歩いたキャンプエリアに隣接する〈GARDEN STAGE〉は、歌心に富んだアクトが多く登場し、熱狂とは少し距離を置いた真夏のオアシス的なスポットとして例年愛されている。初日・2日目とラインナップを見渡してみても、斉藤和義スガシカオTHE BACK HORN菅波栄純との共演)、真心ブラザーズなどの男性陣も、BOMI中納良恵EGO-WRAPPIN')NAO YOSHIOKAといった女性陣も、ヴォーカリストとしての表現力に定評のあるアクトが揃っていることに気づくだろう。スイス出身のバスティアン・ベイカーや、USインディーとも共振する穏やかなアコースティック・サウンドを奏でるROTH BART BARONによるパフォーマンスも同様に、〈うた〉と言葉の力に心揺さぶられるはずだ。

そのなかで個人的なイチオシは、フランスの野外フェス〈ユーロックエーヌ〉の推薦で日本にやってくるザ・ドー。〈フェニックスのグルーヴとジョルジオ・モロダーが出会ったような神々しいサウンド〉と評された2014年発表の最新アルバム『Shake Shook Shaken』や、ナカコーiLL)も絶賛していた2011年作『Both Ways Open Jaws』で知られるエレクトロ・ポップ・デュオは、新鮮な驚きを与えてくれるだろう。さらに初日は、さかいゆうに台湾のクラウド・ルーといった魅力的なシンガー・ソングライターも登場(ルックスもそっくり!?)。2日目は孤高のギタリストCharダフト・パンク“Get Lucky”でベースを弾いていたのも記憶に新しいネイザン・イーストと伝説級のプレイヤーたちも控えている。

次ページ〈PARK STAGE〉〈ISLAND STAGE〉出演アクトをまとめてチェック!
プレイリスト
pagetop