2015.09.07

日本の“SF御三家”と呼ばれる作家の星新一筒井康隆小松左京が1978年にサウンド・ノヴェルと称したシリーズのLPとカセットをそれぞれリリースした。今回その3タイトルが復刻CD化。中でも星新一の作品は、彼の代名詞でもあるショートショートを落語と掛け合わせ、読み物を“音”に仕上げている。演じるのは当時の若手落語界の実力派、古今亭志ん朝柳家小三治。若かりし2人のキレのいい声が音となり、例のスマートな星新一の世界を耳から感じ取れる。70年代、新しいことを試みることをやめなかったということと、それが形になった伝説の1枚かと思う。丁寧な復刻に当時の愛情を感じる。

※試聴はこちら

関連アーティスト
ポール・マッカートニー