COLUMN

ハイスタ盟友やBRAHMANからSpecialThanks、LEXTまで―横山健と時代を歩んだ仲間たちと影響下にある多種多様な後輩たち

【PEOPLE TREE】横山健 Pt.5

WHAT A WONDERFUL CHAIN!!
横山健と同時代を歩んできた仲間たちと、彼らの影響を受けた多種多様な後輩たち

 横山健と同時代を過ごした面々と言えば、まずはHi-STANDARDとして活動を共にした2人――難波章浩恒岡章。難波はハイスタの休止後、TYUNKULTRA BRAiNなど横山以上の多名義で作品を発表。本人としての初作『THE WORLD iS YOURS!』(2010年)には横山と恒岡も参加しており、現在はNAMBA69をメインにメロコア界を牽引している。また、恒岡はCUBISMO GRAFICO FIVEのメンバーにも名を連ねつつ、多くのサポート仕事にも参画。直近ではチャットモンチーの新作『共鳴』が記憶に新しいところだ。また、同世代/シーンの結束の強さも彼らの特徴の一つではないかと思うが、比較的に人脈を辿りやすいのは〈AIR JAM〉の出演陣。例えば、現在はKen Bandの一員として活動するMinamiが過去に在籍したKEMURIKen Yokoyamaがトリビュート盤に参加しているLOW IQ 01HUSKING BEEなど直接的な〈線〉が見えるアーティストたちに加え、〈3.11〉を境に〈発信〉に対する意識を変え、音楽以外の復興活動にも近い意志を感じられるBRAHMANTOSHI-LOWは、横山個人に重なる存在として想起される。

【参考動画】NAMBA69の2015年作『LET IT ROCK』収録曲“LET IT ROCK”

【参考動画】CUBISMO GRAFICO FIVEの2010年作『DOUBLE DOZEN』収録曲“Chukit”

 

  また、後進に関しては影響力が強すぎるため、一部となるが……横山がスプリット盤『The Best New-Comer Of The Year』にフックアップすることで世に出るきっかけを得たSpecialThanksや新作でハイスタのカヴァーを披露したLEXTらメロディック界に直結するアクトや、〈AIR JAM〉直撃世代だと公言している9mm Parabellum Bulletavengers in sci-fi、バンド結成の契機となった初回の〈AIR JAM〉に端を発する楽曲“1997”も発表しているMAN WITH A MISSIONなど〈ラウド〉な輩はもちろん、影響はそれ以外にも。NakajinSEKAI NO OWARI)はかつて横山やthe band apartのギターをコピーしていたというが、そのthe band apartも初期にハイスタを通過しており、グルーヴィーなロック繋がりなら、次第にソウル~ディスコ色を強めているUNCHAINも原点にあるのは同種のパンク・スピリット。その枝葉は多彩な音楽性へと伸び続けている。

【参考動画】SpecialThanksの2015年作『missa』収録曲“Love begets love”

【参考動画】LEXTの2015年作『Another Night EP』収録曲“Summer Night”

 

※【PEOPLE TREE:横山健】の記事一覧はこちら

タワーアカデミー
pagetop