DISC GUIDE

自由な気風のTOKYO HEALTH CLUB周辺や畑外へと目を向ける5lackなど、OTG'Sと同時代のムード纏うラップ・アクトたち

THE OTOGIBANASHI'S 『BUSINESS CLASS』 Pt.2

OTG'Sと同時代のムードを纏ったラップ・アクトたち

 ここではTHE OTOGIBANASHI'Sと並べて聴きたい近頃のラップ・アクトを紹介。まずは名前からしてスチャダラ・フォロワーな柏の2MC、GAMEBOYS。ゲームなどの身近なネタを肴に、(曲によっては)アンニュイなビート上を泳ぐ姿はかなり近いものが。

【参考動画】GAMEBOYSの2015年作『P.A.R.X.』収録曲“P.A.R.X.”

 

 また、ネット・レーベルのOMAKE CLUBからは、夜の街に溶けるメロウ・チューン“CITYGIRL”がSEX山口のミックスCDにも収録されたTOKYO HEALTH CLUBNXNGという所属クルーを通じてインディー・ポップ周辺とも繋がるJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBら、かつてのネイティヴ・タン一派にも通じる自由な気風の連中が登場。そのJDHFCのアルバムにも参加した森心言Alaska Jam)が非常勤メンバーに名を連ねるパブリック娘。、フリー音源が人気を集める神奈川のCBSなども、まだCDリリース前ながら注目だろう。

【参考動画】TOKYO HEALTH CLUBの2014年作『HEALTHY』収録曲“CITY GIRL”

【参考動画】JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBの2015年作『QUEST』収録曲
“Revenge For Summer Part.2”

【参考動画】2015年のコンピ『New Action! ~Compilation Vol.2~』収録曲のパブリック娘。“Summer City”

【参考動画】CBSの2014年作『TOWN』収録曲“テレパシー”

 

 さらに、Alfred Beach Sandalとのコラボ曲を制作した5lackなど、いわゆる畑の外への広がりに目を向けた動きもOTG'Sと同列で楽しめそう。その意味では、HyperJuiceの新作に抜擢されたJinmenusagiPARKGOLFらを迎えて新味を獲得したDAOKOなど、LOW HIGH WHO?やその縁の面々も引き続き気になるところだ。

Jinmenusagiの2014年作『LXVE -業放草-』収録曲“やれ”

募集