2015.10.02

2年ぶりの新作。シュワシュワしたエレクトロニックな音飾こそ従来通り寝室ポップのお手本といった冷めた質感だが、ドラムスが良い意味で荒っぽく、新たに導入されたストリングスやホーンにも抑揚があって、グッとエモーショナルな仕上がりだ。この変化には、友人の死をきっかけに故郷へ戻ったことも影響しているのだろう。込み上げ系の歌唱スタイルを含め、こっちのほうが生身の人間っぽくて僕は好感が持てる。
 

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop