INTERVIEW

カフカが語る、〈東京〉で生きていく覚悟をバンド史上最高にポップなサウンドで綴った新作『Tokyo 9 Stories』

カフカが語る、〈東京〉で生きていく覚悟をバンド史上最高にポップなサウンドで綴った新作『Tokyo 9 Stories』

〈東京〉への憧れと挫折、改めてそこで生きていく覚悟の気持ちを バンド史上最高にポップなサウンドで綴った、9篇(+1)の物語集!

 2013年にミウラウチュウ(ギター)が加入、2014年にはエレクトロニクスを導入した快作『Rebirth』を完成させた4人組ロック・バンドのカフカ。しかしながら、新章モードの彼らに人知れず激震が走っていた。

 「自分でもびっくりで、『Rebirth』のツアー後に何も出てこなくなっちゃったんですよ。気付いたらキャパオーヴァーで、音楽を楽しむ余裕もなく、人間関係もゴタつくし、メンバーにも〈バンド辞める〉と伝えて。そんななかで事務所の社長が〈曲作りはいいから、生活をしてほしい〉って言ってくれて、少し救われたんですよね。僕の価値は曲を作ることだと思ってたんで」(カネココウタ、ヴォーカル/ギター:以下同)。

 その生活で思うこと、見えてきたものがふたたび創作意欲を呼び起こし、結果的にニュー・アルバム『Tokyo 9 Stories』へと繋がった。今作のテーマは〈東京〉。

 「例えば、自動販売機でジュースが当たったみたいな。曲のテーマと歌詞はそういう些細なことでいいって思いました。それがいまの自分にとって大切だから。“サンカショウ”なんてまさにそんな感じ。以前は崇高さや幻想、理想に重点を置いてたんですけど、1回壊したくなった。あと、90年代のキラキラしたイメージが好きで、歌詞に(当時の)TVゲームとかドラマのネタとかを入れて、東京への憧れと挫折に織り交ぜてますね。カフカなりのアーバン感です(笑)」。

カフカ Tokyo 9 Stories UKプロジェクト(2015)

 這い上がった彼が「次へ向かうために必要な出来事だったのかも」と笑う通り、本作はカフカ史上最高にポップな仕上がりとなった。

 「“She's like Sofia Coppola”なんかは、8ビートやギターを弾くことの楽しさが思い出せて一気に出来た。そこを大事にしたくて、今作は基本バンド・サウンド。そのうえで曲ごとの最良な形を探しました。初期衝動と音楽的な知識がうまく混ざってる。“ニンゲンフシン”は4つ打ちでファンキーな色も入ったし、“月の裏側”も冷たいテイストが合うからギリギリで打ち込みに変えたんです。“Night Circus”は自分が抱える闇を許して一緒に踊れるものが作りたくて、ダンサブルなエレクトロ(調の曲)になりましたね」。

 アルバムを締め括るのは、エピローグと位置付けられた“東京”だ。

 「そこまでの9曲を受けた僕なりの結論ですね、本のあとがき的な。東京が居場所と言えるようになって、ここで生きていく覚悟が見えました。自分を許してあげられる人って少ないけど、生きてることが素晴らしいんだから、〈それでいいんだよ〉って伝えたいです」。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop