TOPICS

英訳レヴューが好評得た人間椅子が首位、トリプルファイヤーや溺れたエビも元気! Mikikiレヴュー週間アクセス・ランキング

Mikikiに掲載しているレヴュー記事の、10月19日~10月25日の週間アクセス・ランキングを発表します!

 

 

今週は、80年代後半から活動するハード・ロック・バンド、人間椅子の結成25周年記念ツアーの千秋楽を収めた映像パッケージが首位に。渋谷公会堂を舞台に、〈おどろ〉なプレイ(と表情)でソロもブレイクもキメまくる3人を捉えた同作のレヴューは7月に公開されましたが、先日新たに公開した英訳ヴァージョンに、海外の好事家たちが反応してくれたようです。

トップ10内でも、日本ならではのアングラなムードを持った東西2組に注目。東京を拠点に活動するトリプルファイヤーの3作目は2位にランクイン。音数を絞ったアンサンブルや男の言い訳がましさを描いた独自のリリックはそのままに、初期ヴァンパイア・ウィークエンドを思わせるトロピカルな雰囲気の楽曲など新機軸も見せ、これまでになくポップに開けた印象です。そして、10位に入った溺れたエビの検死報告書は、京都で結成され〈フジロック〉への2年連続出演で名を馳せたバンド。neco眠るOORUTAICHI好きにも◎なファニーでファンキーな魅力を持った、ローファイ・ダンス・ミュージック作に熱視線が集まっています!

また5位には、ギター奏者としてアリエル・ピンク作品などに参加してきたLAのシンガー・ソングライター、マイルド・ハイ・クラブストーンズ・スロウのサブ・レーベルから発表した初作がランクイン。アナログ感溢れるチープでローファイでソフト・サイケな演奏と抜群にメロウな歌声には、思わず繰り返し聴いてしまう中毒性があります。

40周年プレイリスト
pagetop