INTERVIEW

コートニー・バーネット初来日は大盛況! 快進撃続けるギター・ヒロインの飾らない魅力とオリジナリティーに迫る

コートニー・バーネット初来日は大盛況! 快進撃続けるギター・ヒロインの飾らない魅力とオリジナリティーに迫る

ナタリー・プラスソークフロー・モリッシー……と、才能豊かな女性シンガー・ソングライターが次々とデビューを飾った2015年だが、個人的に桁違いの衝撃だったのがコートニー・バーネットだ。彼女が今年3月にリリースしたファースト・アルバム『Sometimes I Sit And Think, And Sometimes I Just Sit』は、ローファイからアンタイ・フォーク、サイケ、パンク、はたまたグランジをも鮮やかに横断する骨太なサウンドのみならず、ストリーツことマイク・スキナーにも肉迫するウィットに富んだ言葉遊び――何より圧倒的なオリジナリティーに貫かれた歌詞で、世界中のリスナー/評論家を夢中にさせたものだ。

去る10月末、そんなコートニーの初来日公演が東京・大阪の2会場でついに実現した。それも、ブラーのオープニング・アクトとしてアメリカのハリウッド・ボウルと、NYの聖地マディソン・スクエア・ガーデン(以下MSG)という大舞台を踏んだ直後となる絶好のタイミング。旧知の仲であるリズム隊、ボーンズ・スローン(ベース)とデイヴ・マディー(ドラムス/パーカッション)を引き連れ、脂の乗り切ったパフォーマンスでフロアを沸かせまくった。代表曲“Avant Gardener”で幕開けした序盤こそスロースターター気味だったが、6曲目“Canned Tomatoes (Whole)”でブルーのテレキャスターをぐわんぐわん掻き鳴らしはじめてからはもう独壇場。シンガロングでオーディエンスをひとつにした“Elevator Operator”、シューゲイザー並みの轟音とストロボライトを浴びた“Kim's Caravan”、そして〈今年一番のロックソング〉と呼びたくなる“Pedestrian At Best”……と、彼女の立ち振る舞いに、リフに、言葉に、シビれっぱなしの90分だった。

開演前のSEではビートルズCCRジミ・ヘンドリックスローリング・ストーンズ、さらにニルヴァーナといったベタなヒット・ナンバーが多数流されていたが、大袈裟でもなんでもなく、コートニー・バーネットの奏でる音楽もそうした〈ロックの王道〉に位置付けられるポテンシャルを秘めていることは間違いない。終演後のフロアとSNSで飛び交った賞賛の嵐は、彼女が2010年代のリアルであることの証左だ。ジャパン・ツアーの後は地元のオーストラリアに戻って28歳の誕生日を迎えたそうで、今月末にはドイツ〜UKツアーも控えている多忙なコートニーをキャッチ。東京公演(10月30日)の翌日、ハロウィンの異常な熱気に包まれた渋谷にて行ったインタヴューでは、彼女の〈飾らない魅力〉に迫ってみることにした。

★bounce掲載のインタヴュー記事はこちら

COURTNEY BARNETT Sometimes I Sit And Think, And Sometimes I Just Sit Milk!/TRAFFIC(2015)

“Pedestrian At Best”のパフォーマンス映像 

 

――改めて、初めての日本、初めての東京はいかがですか?

「ずーっと来たいと思っていた国だったから、何もかもがエキサイティングだわ! 叔母が日本に住んでいたこともあって、彼女から日本の話を聞かされていたしね。いろんな場所を歩いて、ショッピングして、食事して……すごく漫喫している」


――ライヴで着ていた葛飾北斎のTシャツもナイスでしたね。あれは大阪で買われたのですか?
※「神奈川沖浪裏」のプリント。2013年作『The Double EP: A Sea Of Split Peas』のアートワークはこのパロディーと思われる

「ううん、誰かが楽屋に持ってきてくれたんだって。すごく素敵なギフトよね(笑)」

2013年作『The Double EP: A Sea of Split Peas』

 

――さて、来日の直前にはブラーのハリウッド・ボウル公演と、MSG公演をサポートしていましたね。フェスを除くとあれだけ大きなキャパの会場でプレイしたのは初めてだったかと思うのですが、最初にオファーをもらったときはどんな気持ちでしたか?

「最高の気分だった。出演が決まったのは数か月前だったんだけど、(会場の)巨大さを実感したのは初めて現地に訪れたときだったかな。去年ブルース・スプリングスティーンがオーストラリアでやった公演とか、他にもアリーナ公演はいくつか行ったことがあるけど、やっぱりその2つのヴェニューには圧倒されたわ」


――どちらもコンサートを行う場所として象徴的なヴェニューですが、2つの公演をやり遂げてどんな手応えを感じましたか。

「めちゃくちゃ緊張したけど、結果的には最高のショーだったと思う。オーディエンスも私たちのことを気に入ってくれたみたいだしね!」

2015年10月23日、MSGでのパフォーマンス映像

 


――その少し前、10月18日にはメルボルンでパティ・スミスの『Horses』(75年)をカヴァーするコンサートを行いましたね。この日のステージはどんな想いで臨みましたか?

「親しいミュージシャンたちと一緒にプレイしたんだけど、やっぱりいつものライヴとは全然違ったわね。ギターを持たずに歌うことってめったにないし、パティ・スミスの曲を演奏するという責任がある以上、それなりの心構えが必要でしょ? 自分にとってもすごく良い経験になった。残念ながらパティ本人の(『Horses』再現)ライヴはまだ見られてないのよね……」

――ちなみに、あなたにとってパティ・スミスはどんな存在なんでしょう?

「実は、彼女のことを知ったのは20代前半の頃だったの。音楽はもちろん『ジャスト・キッズ』(2010年に出版されたパティ・スミスの回想録)も素晴らしかったし、アーティストとして、いち個人として、ミュージシャンとして、そしてソングライターとしても共感を抱く人物で、私の人生に大きなインパクトを与えた人であることは間違いないわ。具体的にどんな部分が……というのは上手く言えないんだけど」

 

――なるほど。ライヴについても話を聞かせてください。〈グラストンベリー〉に2年連続で出演したり、長期間に渡ってツアーを続けていますが、3人とも本当に楽しそうに演奏しますよね。これだけ長い時間を共に過ごしているなかで、円満にツアーを続けるための秘訣があるのでしょうか?

「うーん……。秘訣なんて別になくって、たぶん恋愛とか結婚みたいなものだと思うのよね。これだけ長期間に及ぶツアーだと、〈このへんでオフを取ったほうが良いかも〉っていうのが感覚的にわかってくる。それに、〈この人はいま疲れているだろうから、話しかけるのはやめよう〉って相手を思いやることも必要になってくるのよ。ツアーは確かに疲れるし、過酷だし、毎日同じことの繰り返しのようにも思えるんだけど、やっぱりファンの前でプレイできるのが楽しいから、その瞬間に全部吹っ飛んじゃうわね」

――フル・セットのライヴは初めて観たのですが、ブルーのテレキャスターを弾き倒す“Canned Tomatoes (Whole)”から一気にフロアがヒートアップしていったのが印象的でした。あなた自身もオーディエンスからの反応が楽しみな曲なのでは?

「もちろん! (日本は)初めての土地だし、言葉の壁だってあるけれど、オーディエンスが一緒にシンガロングしたり、手拍子したり、飛び跳ねながら楽しんでいる姿を見るとこっちまで嬉しくなるもの」

シアトルのラジオ局、KEXPのスタジオ・セッション映像。収録日がちょうど1年前のハロウィンで、コートニーは映画「エルム街の悪夢」のフレディに扮している

 

――あなたの独創的なフィンガー・ピッキングはどのようにして生まれたのですか?

「昔からこのスタイルだったし、私にとってはこれが自然なのよね。あと、昔バンドにいたときとは違って1人でギターを弾きながら作曲したり、歌ったりもするから、曲全体のリズムを感じやすいというのが理由かしら」

――右手のネイルにだけ黒いマニキュアを塗っているのは、フレットが押さえやすいなどの意味があったり?

「ノー。これといってストーリーはないわ(笑)。それこそ『Horses』のライヴで周りがドレスアップしていたときに、私はやることがなくてヒマだったから何となく塗ってみたの」

――今回のライヴで最大のハイライトは、やはり“Depreston”と“Pedestrian at Best”の2曲だったように思いました。世界中のオーディエンスがあなたの書いた歌詞を合唱する――という光景をどんなふうに受け止めていますか?

「やっぱり嬉しいことよね。私がおもしろいと思うのは、場所や地域によって盛り上がる曲が違ったり、フェイヴァリットに挙げる曲が全然違うことかしら。シングル以外の曲が一番好きだって言ってくれる人たちもすごく多いし。もちろんどの曲もベストをめざしてプレイするんだけど、オーディエンスの反応がバラバラだから新しい発見も多いわね」

〈A Take Away Show〉での“Depreston”のパフォーマンス映像

 

――個人的に、“Depreston”はウィルコジェフ・トゥイーディにカヴァーしてほしい曲なんですよね。あなたもさまざまなアーティストの楽曲をカヴァーしていますけど、逆に〈この人が自分の曲をカヴァーしてくれたら最高!〉と思うアーティストっています?

「いや~、それはちょっと恐れ多くて答えられないな……(苦笑)。でも、ジェフ・トゥイーディは確かに魅力的なオプションね!」


同郷のユー・アム・アイ“Heavy Heart”のカヴァー。コートニーは過去に、ブリーダーズやレモンヘッズ、カニエ・ウェストなどのカヴァーを披露している

 

――ちなみに、ライヴ中に投影されていたアニメーション映像が可愛かったんですが、あれは“Dead Fox”のビデオと同じイート・ザ・デンジャー(Eat The Danger)が作られたのですか?

「あれは、いろんなアーティストの素材をミックスしたものね。特に貢献してくれたのがセレステ・ポッター(Celeste Potter、映像作家/イラストレーター)っていう友達で、彼女もメルボルンに住んでいるの。以前“Anonymous Club”のビデオを作ってもらったこともあって、とても才能のあるアーティストよ」 

2013年作『How To Carve A Carrot Into A Rose』収録曲“Anonymous Club”

 

――“An Illustration Of Loneliness (Sleepless In New York)”は、NYで歌詞を書いたのですか? もしくはNYでの実体験をもとに書かれたのでしょうか?

「ええ、そうね。私の曲はほとんどが私自身の実体験から生まれているの。この曲に関しては、数年前に初めてNYに訪れたときの気持ちを歌っているの。あれだけ長い時間オーストラリアを離れるのは初めてだったし、ジェットラグもひどかったし、新しい国、新しい人々との仕事でナーヴァスになっていたときの心情が綴られているわ」

――じゃあ、大阪や東京での体験から何らかの曲のヒントは得られましたか。

「間違いないわね(笑)! きっとすごく興味深いストーリーになると思う」

 

――最近は、あなたにとってヒーローとも言える人たちと次々コラボを実現していますね。ポール・ケリー(オーストラリアのボブ・ディランとも形容される男性SSWの大御所)と初めて会ったときの印象や、エピソードを教えてもらえませんか。

「第一印象はちょっと怖かったかな……(笑)。でも、彼と一緒にアーチー・ローチ(オーストラリアの先住民アボリジニのSSW。ポール・ケリーとは共作・共演多数)の楽曲をカヴァーできたのは、私にとっても忘れられない思い出になったわ」


――次に、ジャック・ホワイトのプロデュースで7インチ・シングル『Blue Series』をリリースしています。彼もあなたと同様に素晴らしいミュージシャンであり、レーベル・オーナーでもありますが、ジャックとはどんなことを話したのですか?

「私のレーベル(ミルク!)は(ジャック・ホワイトの)サード・マンとは比べ物にならないくらい小さいけど、彼がどうやってレーベルを運営しているのかを間近で見られてすごく刺激になった。同じように自主レーベルをやってる人はたくさんいると思うんだけど、ジャックがどうやって優れたアーティストを発掘し、スタッフを育てているのか……っていうのは、誰もが気になっていることなんじゃないかしら」

――あなたのセカンド・アルバムは、ジャックがプロデュースするんじゃないか……なんて噂もありますが?

「ハハハ! 私はそんな話聞いてないわよ(笑)」

2015年作のシングル『Blue Series』。“Boxing Day Blues (Revisited)”と“Shivers”の2曲を収録。後者は同郷のニック・ケイヴが最初期に組んでいたバンド、ボーイズ・ネクスト・ドアのカヴァー

 

――ちなみに、先ほどネイルやドレスアップの話が出ましたけど、ノーメイクで普段着のままステージに立つことって、何かしらのポリシーがあるんでしょうか? 

「んー、特に意識しているわけではないし、確固たるステートメントがあるわけでもないわ。こう見えても昔はお洒落したこともあったし、たまにはメイクに挑戦することもあったのよ(笑)。ただ、〈ありのまま〉の自分で満たされていることは大事だなと思ってる」

――そういう自分にどうやって辿り着いたのですか?

「私だって昔は人の目を気にして過ごすときがあったわ。でも、それって10代の頃なら誰もが通る道よね。〈みんなが私の着ている服をどう思っているんだろうか?〉とか、〈私の音楽がどう受け止められているんだろうか?〉って考え出したらキリがないもの。アーティストによっては、それがファッションやミュージック・ビデオに反映されるんでしょうね。自然体のままハッピーなら、きっとそれが一番よ(笑)!」

タグ
関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop