DISC GUIDE

多方面にラヴ・コネクション繋ぐレーベル、PUMP!からリリースされたORLANDやgive me wallets、仮谷せいらの作品を紹介

"いまからでもまだ追いつけるよ! 多方面にラヴ・コネクションを繋いでいく注目すべきレーベル、PUMP!のコレクションを紹介

★ORLANDのインタヴューはこちら
★give me walletsのインタヴューはこちら

 

ORLAND Because Of You PUMP!(2013)

 話題になった前年のアナログに続く本EPが、PUMP!の第1弾作品にもなった。タイトなダンス・トラック“Manhattan In Love”や黄昏クルージングな“Dead End”にはクローメオPPPらの影響も窺わせつつ、堂に入ったニュー・ジャック作法の表題曲ではすでに人懐っこいORLAND節が手招きしている。

 

 

ORLAND Fragment Of Romance PUMP!(2014)

確信犯的なジャケの装いもシティーボーイ流行りにマッチした快作。デバージも忍ばせつつ得意のNJSでパーカッシヴに迫る“Love's On The Way”、ジュリアナ+PWL的な“Outside, Inside”には前作以上の遊び心が覗けて実に楽しい。前作タイトル曲のgive me walletsによるリミックスも強力。

 

 

give me wallets In My Dreams PUMP!(2014)

過去2作品の高い評価を受け、PUMP!入りしてリリースした通算3枚目のEP。そこまでのインディー・ダンス流儀を継続しながら持ち前のキャッチーさに磨きをかけ、Boys Get Hurtをリミキサーに迎えた印象ゆえか、往時のキツネっぽいエッジーな洒脱さも感じられる。ORLANDのお返しリミックスも収録。

 

 

give me wallets Looking For The Special PUMP!(2014)

冒頭から煌びやかな開放感を伝えるタイトル・トラックの、ちょうどいいハメの外し方が好ましい一作。同曲と続くアーバン・ミッド“Yes, I Do”には仮谷せいらを迎え、華のあるメロで若々しい輝きをひけらかす。鍵盤の快いグルーヴィーな“Weekend”もギター・ポップの“Anytime”もフレッシュだ。

 

 

仮谷せいら Nobi Nobi No Style PUMP!(2015 )

配信デビューから期待を集めて久しかった彼女の、初CDとなるファーストEP。LUCKY TAPESKai Takahashiをアレンジャーに招き、Faint★Starなどを手掛けるKOMODAらFOURseam組の面々も上質な仕事ぶり。本人の詞曲による“そばにいる”の素朴な伸びやかさが心地良い。そして次号へ続きます!

関連アーティスト
ポール・マッカートニー