Keith's Counterpoint

アラン・トゥーサン追悼―ニューオーリンズの偉大な音楽家が生み出した名曲群からのフェイヴァリット15選

ニューオーリンズ・ミュージックの偉人、アラン・トゥーサンが77歳で他界したニュースを最近読んだ人がおそらくいるかもしれない。ニューオーリンズ・ミュージックのファンであれば間違いなく、まずまずの成功を収めていた自身のソロ・キャリアに加え、彼が非常に卓越したソングライターであり、ピアノ・セッションに引っ張りだこな人物だったことを知っているはずだ。彼自身のヒット曲には恵まれなかったが、彼が手掛けた楽曲は遺産になりそうだ。実に多数のアーティストが長年に渡って彼の楽曲をレコーディングしてきた。アラン・トゥーサンは〈Naomi Neville〉といった別名義でも作曲していたので、彼による楽曲をすべて把握することはかなり難しい。さらに、チャート1位を獲得したパティ・ラベル“Lady Marmalade”、リー・ドーシー“Ya Ya”のように、彼が作曲したわけではないが演奏あるいはプロデュースを担当した楽曲も存在する。偉大な音楽家、アラン・トゥーサンについて深く知る手助けになればと願いながら、彼が作曲した曲でお気に入りを紹介していこう。

 

1. ローリング・ストーンズ “Fortune Teller”

私が最初に買ったアルバムは、ローリング・ストーンズのライヴ・アルバムだった。(後になって、実はスタジオ・レコーディングしたものに観客の声が加えられものだと知った)同曲はA面の最後に収録されており、ヒット曲ではないが、特にドラム・ブレイクがお気に入り。歌詞にユーモラスなストーリーが歌われているのが、アラン・トゥーサンの楽曲の特徴だ。61年にベニー・スペルマン唯一のヒット“Lipstick Traces (On a Cigarette)”のカップリング曲として最初にリリースされた。ザ・フーホリーズなどさまざまなアーティストもレコーディングしている。

 

 

2. リー・ドーシー “Get Out Of My Life Woman”

リー・ドーシーの66年の大ヒット曲。 他にはポール・バターフィールド・ブルース・バンドアイアン・バタフライフレディ・キングジェリー・ガルシアによる人気のヴァージョンも存在する。日本では、ザ・ゴールデン・カップスザ・ジャガーズのようなグループ・サウンズのバンドもレコーディングしている。シンプルながらソウルフルな失恋の曲だ。

 

 

3. リー・ドーシー “Everything I Do Gonna Be Funky (From Now On)”

リー・ドーシーのマイナーヒットに過ぎなかったが、ニューオーリンズ(・ミュージック)のスタンダード・ナンバーとなった一曲。ヒップホップで何度もサンプリングされてきて(デ・ラ・ソウル“Eye Patch”をチェックしてほしい)、ビースティ・ボーイズ“Sure Shot”の歌詞で言及されたことで、さらに人気が高まった。また、ルー・ドナルドソンによるファンキー&ジャジーなインスト・ヴァージョン(アス3など多数のアーティストがサンプリングしている)もチェックに値する。もしリー・ドーシーに馴染みがなければ、ぜひチェックしてみてほしい。トゥーサンが手掛けたも多く、ユルくて愉快でありながら、ソウルフルな歌唱スタイルとダイナミックなパフォーマンスが特徴だ。クラッシュがファンだったこともあり、80年のUS公演では彼をオープニング・アクトに選んでいる。おそらく、いつかアリスタがベスト・アルバム『Wheelin' And Dealin': The Definitive Collection』をリイシューするのでは……?

 

 

4. アーロン・ネヴィル “Hercules”

この曲はボズ・スキャッグスが歌っているヴァージョンを最初に聴いたと思うが、ボズが歌っているのも大好きだが、究極なのはやはり史上最高の声を持つ一人であるニューオーリンズのスーパースター、アーロン・ネヴィルによるヴァージョンだ。また、ポール・ウェラーミーターズもレコーディングしている。

 

 

5. リトル・フィート “On Your Way Down”

高校時代にフランク・ザッパの大ファンで、71年にザッパのギタリストとベーシスト(ローウェル・ジョージロイ・エストラダ)がリトル・フィートというバンドを結成してアルバムをリリースしたとき、すぐに買って愛聴した。73年になってサード・アルバム『Dixie Chicken』がヒットに結び付いたが、バンドのオリジナル曲と共に収録されていたのが、元はリー・ドーシーによってレコーディングされた“On Your Way Down”だった。それは楽曲のラインナップに変化をもたらし、そこからはバンドがブルース寄りの音よりも、ニューオーリンズのフレイヴァーを取り入れるようになった。その後も、エルヴィス・コステロ(アラン・トゥーサンと共演)、リンゴ・スタートロンボーン・ショーティによってカヴァーされてきた。

 

 

6. リー・ドーシー “Holy Cow”

リー・ドーシーによる66年のヒット曲だ。ザ・バンドが73年にリリースしたアルバム『Moondog Matinee』では彼らのスタイルで生まれ変わっている。〈ホーリー・カウ(Holy Cow)〉とはアメリカで使われる驚きを表すの表現だ(有名な野球実況アナウンサー、ハリー・ケリーによって広まった節がある)。ジュールズ・ホランドロッド・スチュワートキングフィッシュなど多数のアーティストによるヴァージョンが存在する。

 

 

7. オーティス・レディング “Pain in My Heart”

オーティス・レディングのデビュー・アルバム『Pain In My Heart』(64年)のタイトル曲で、ローリング・ストーンズが後にカヴァーした。もともとはアーマ・トーマスが“Ruler of My Heart”という曲名で若干異なる歌をレコーディングしていた。彼女のヴァージョンは、リンダ・ロンシュタットノラ・ジョーンズダーティ・ダズン・ブラス・バンドと共演)によって、どちらも良い感じでカヴァーされている。ニナ・ ハーゲンでさえカヴァーしている。しかし、個人的にはいつもオーティス・レディングのヴァージョンに落ち着いている。

 

 

8. リー・ドーシー “Working In A Coal Mine”

66年にチャート8位を記録したリー・ドーシーのヒット曲。強力なグルーヴが流れる、すごくファンキーな曲だ。幾度もカヴァーされてきているが、もっとも有名なのは81年にディーヴォが奇抜な解釈を加えてリメイクしたものだろう。

 

 

9. リー・ドーシー “Sneakin’ Sally Through The Alley”

またまたリー・ドーシーによって最初にレコーディングされた曲。74年にはロバート・パーマーのソロ・デビュー・アルバム『Sneakin’ Sally Through The Alley』のタイトル曲となり、こちらのヴァージョンがより有名だ。同作にはアラン・トゥーサン、ミーターズ、ローウェル・ジョージがゲスト参加している。

 

 

10. アラン・トゥーサン “Southern Nights”

アラン・トゥーサンのアルバム『Southern Nights』におけるタイトル曲だが、77年にはグレン・キャンベルが歌ってチャート1位に輝いた。トゥーサンがチェット・アトキンスと共演してレコーディングしたヴァージョンもかなり良い感じだ。

 

 

11. ハーブ・アルパート “Whipped Cream”

このインスト・ナンバーを日本の音楽ファンがどの程度は知っているかはわからないが、知っていたとしてもアラン・トゥーサンが作曲したことは知らないかもしれない。USで600万枚の売り上げを記録した、ハーブ・アルパートの65年の大ヒット・アルバム『Whipped Cream & Other Delights』に収録されている。さらに、65年から99年にかけて放送されたTVショウ「The Dating Game(原題)」のオープニングテーマに使用されていたこともあり、特定の年齢のアメリカ人ならほぼ知っている曲だ。

 

 

12. トゥーサン “Java”

この曲も、別のアーティストによって大ヒットしたインスト・ナンバーというストーリーが少々似ている。アラン・トゥーサンが〈トゥーサン(TOUSAN)〉名義でリリースして不発に終わったアルバムに収録されていたが、同曲を耳にしたトランペット奏者のアル・ハートがかろうじて2分以内の曲に収めたヴァージョンにして発表。この曲がチャート4位を記録し、グラミー賞を受賞、100万枚以上の売り上げを達成した。この売上の収益を利用し、アル・ハートはナイトクラブの経営をはじめ、フットボール・チーム〈ニューオーリンズ・セインツ〉の株式を購入し、少数株主となることができた。

 

 

13. アーニー・K・ドー “Mother-In-Law”

家族の関係をテーマにしたユーモラスな曲だ。61年にアーニー・K・ドーによってチャート1位を記録する大ヒットとなったが、彼にとって唯一のメジャーなヒットである。私が最初に聴いたのは〈ブリティッシュ・インヴェイジョン〉バンドであるハーマンズ・ハーミッツがカヴァーしたヴァージョンだった。同曲はニューオーリンズのスタンダード・ナンバーとなり、オハイオ・プレイヤーズジェロ・ビアフラといった多様なアーティストによってレコーディングされてきた。アーニー・K・ドーもまた、このヒット曲を活かし、ニューオーリンズでナイトクラブ・Mother-in-Law Loungeの経営を始めた。彼は2001年に亡くなったが、現在も妻が同店を経営し続けている。

 

 

14. ボズ・スキャッグス“What Do You Want The Girl To Do”

ボズ・スキャッグスによるヴァージョンがお気に入りだ。同曲は彼の名盤『Silk Degrees』(76年)に収録されている。しかし、ローウェル・ジョージやボニー・レイット(こちらは性別をBoyに変えて“What Do You Want The Boy To Do”として歌っている)によるものも良い。

 

 

15. リー・ドーシー “Yes We Can”

おそらくアラン・トゥーサンの傑作となるだろう。力強くて希望に溢れたメッセージが流れており、2008年の大統領選挙キャンペーンでバラク・オバマ大統領がテーマ曲として使用した。70年にリー・ドーシーが歌ってチャート46位と控えめにしかヒットしなかったが、73年にポインター・シスターズのデビュー・シングルとしてチャート11位を記録したヴァージョンが決定打といえるだろう。スライ&ロビー、日本のsugar soulなどによってカヴァーされ続けてきている。

 

アラン・トゥーサンが逝去し、世界に悲しみが広がっている。しかし、徹底的にファンキーで愉快でありながらソウルフルで、ニューオーリンズ・フレイヴァーが漂う彼の曲が残っている限り、われわれが彼の音楽を忘れることはないだろう。 

P.S. トップ10を選ぶつもりが12曲になり、15曲になったところで留めたものの、“A Certain Girl”“Ride Your Pony”“Occapella”“Freedom For The Stallion”“Blinded By Love”“Night People”“Play Something Sweet”“I Like It Like That”などを紹介できなかったことを後悔している……。

 

次ページ[English] Allen Toussaint Tribute
ポール・マッカートニー