音追い人:タワレコ・オリジナル企画盤のススメ

初期シングル・ベストに続き、早瀬優香子の『薔薇のしっぽ』と『水と土』が最新リマスタリング&タワレコ限定でCD復刻

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.01.05

1979年から子役としてTVドラマなどで活躍後、映画「早春物語」助演、「キスより簡単」主演など女優としての活動でも知られ、秋元康のプロデュースで歌手デビュー、デカダンなウィスパリング・ヴォイスとフレンチ・ポップ/ネオアコ/ポスト・モダンの音楽スタイルを意識したサウンドによって現在でも評価著しい早瀬優香子カヒミ・カリィUAが彼女へのリスペクトを公言し、2011年には安藤裕子が自身の『大人のまじめなカバーシリーズ』で早瀬優香子の“セシルはセシル”をカヴァーしたことで彼女の名を知った若い音楽ファンもいたが、90年代前半から芸能界/音楽界での表立った活動が減少、2001年にはファンが中心となって早瀬優香子の復活アルバムが企画・発売されたもの、彼女の継続的な活動には至らず、と同時に彼女の残した作品のCDやレコードの稀少性も高まっていった。

 

■早瀬優香子 『薔薇のしっぽ(+1)(RM)』(タワーレコード限定販売/WQCQ-592)

早瀬優香子 薔薇のしっぽ Tower To The People(2016)

 1989年発表の 5thアルバム(オリジナル・リリースはSIXTY RECORDS)。キャシー・クラレ“Porque, Poeque”のカヴァー〝IL(ベッドの中では)”(2)、ヴァネッサ・パラディの初期作品のカヴァー“マリリン&ジョンの微笑”(4)など、彼女の代表的人気曲を収録。加えて、ボーナス・トラックとしてドラマで共演した渡辺裕之とのデュエットした“マリリン&ジョンの微笑”のシングル・ヴァージョン(10)を追加収録。カルロス菅野プロデュースのもと、和田アキラ(g)、木村万作(ds)、前嶋康明(key/森高千里バンドのリーダーとしても有名)、津垣博通(key)など松岡直也グループPRISMオルケスタ・デ・ラ・ルスと言った名門グループでも活躍した一流ミュージシャンたちが参加。作詞6曲、作曲2曲を早瀬優香子本人が手掛けている。2016年最新デジタル・リマスター。

 

■早瀬優香子 『水と土(RM)』(タワーレコード限定販売/WQCQ-591)

早瀬優香子 水と土 Tower To The People(2016)

 1988年発表の4thアルバムを最新リマスタリングにてCD復刻(オリジナル・リリースはSIXTY RECORDS)。PONTA BOXなどでの活躍でも知られる日本を代表するベーシスト/プロデューサー、水野正敏と早瀬優香子本人による共同プロデュース。全ての作詞と5曲の作曲を早瀬優香子自身が手掛けている。 水野とのPONTA BOXでの活躍でも知られる村上秀一(ds)やカルロス菅野(perc)、菅沼孝三(ds)、辻邦博(g)、大徳俊幸(key)など一流ミュージシャンたちが参加。アーバン・ファンク人気曲“lobbyの生活”(2)、フェイクなボサ・ノヴァ“水の生活”(3)、スクリッティ・ポリッティあたりのニューウェイヴ・サウンドとも共通する“光合成 cock-a-doodle-doo”(7)、琉球音階の“土地、愛すべきもの -沖縄-”(4)など人気曲を収録。ジャズやボサノヴァ、ラテンが程良くミックスされ、洗練度が増したニューウェイヴ通過のワールド・ミュージック。2016年最新デジタル・リマスター。

★TOWER RECORDS ONLINEの早瀬優香子『薔薇のしっぽ』『水と土』特集ページはこちら

 

■早瀬優香子 『yes we're SINGLES(RM)』(タワーレコード限定販売/WQCQ-590)

早瀬優香子 yes we're SINGLES Tower To The People(2015)

 正に待望! 早瀬優香子の初期の貴重なシングル・ベストを最新リマスタリングにてCD復刻(オリジナル・リリースはSIXTY RECORDS)。1986年のデビュー・シングル“サルトルで眠れない”(1)から1987年の5thシングル“椿姫の夏”(9)までの5枚のシングルのAB面を完全収録。プロデューサーやアレンジャーとして製作陣には当時SHI-SHONENで活動していた戸田誠司や、日向敏文沢田研二のバック・バンドでも活躍した西平彰らが参加。作詞・作曲などの作家陣には秋元康森雪之丞細野晴臣矢野顕子大村憲司井上大輔も名を連ねている。作詞の〈CECILE〉は早瀬優香子のペンネーム。“セシルはセシル”(4)は2008年に安藤裕子がカヴァー。 “椿姫の夏”(9)(作詞:森雪之丞/作曲:細野晴臣)は資生堂夏キャンペーンCMソング。“硝子のレプリカント”(3)は大塚製薬〈ポカリスエット〉CMソング。作曲:矢野顕子の“私は女”(5)はフジテレビ系木曜劇場「わたしの可愛いひと」主題歌。作曲・編曲:日向敏文の“2/3 amino co de ji”(7)は東洋水産〈2/3ヌードル〉CMソング。 ジャケット写真はアルバム『水と土』時の別カット。ブックレットには5枚全てのシングルのジャケットをフル・カラー/CDサイズで掲載。

★TOWER RECORDS ONLINEの早瀬優香子『yes we're SINGLES』特集ページはこちら

【プロフィール】
タワレコ商品本部

タワレコ商品本部

タワーレコードの〈音楽発信基地〉である商品本部が提供するブログ。注目アーティストや期待の新人の新録音源を世に送り出し、未CD化アイテムやマーケットから姿を消して久しい隠れ名盤を復刻、また、タワレコ目線ならではの選曲によるオリジナル・コンピも創出し、音楽シーンを活性化させてゆきます。皆様にとって音楽とのいい出会いの場になりますように!

関連アーティスト
Mikiki2017