TOPICS

USルーツ音楽を志向する東京の5人組、Wanna-Gonnaが旨味たっぷりの演奏&フレッシュな眩さ収めた新曲“Terminal Shore”を公開

東京を拠点に活動するWanna-Gonnaが、ライヴ会場で販売している新作EP『THREE』から“Terminal Shore”をSoundcloudに公開した。

Wanna-Gonnaはまだ全国流通作こそないものの、Turntable FilmsJappersらとも通じるアメリカン・ルーツ・ミュージックを志向したサウンドと、パワフルなライヴ・パフォーマンスで人気上昇中の5人組バンド。同曲でも、軽快なリズム・セクションとギターや鍵盤の色鮮やかなフレーズが混ざり合った、旨味たっぷりのロック・アンサンブルを聴かせてくれる。蒼さの残る歌声を筆頭に、フレッシュな眩さが溢れているのも魅力だ。さらに飛躍を遂げそうな彼ら、ライヴ映像も一緒にチェック!

2015年のライヴ映像。ゲスト・ヴォーカルはFar FarmAiko Kudo
関連アーティスト
pagetop