インタビュー

解散発表したHauptharmonieが史上最高の愉快なポップネスへ!/NEVE SLIDE DOWNや寺嶋由芙など春のアイドル注目盤

【ZOKKON -candy floss pop suite-】 第64回

Page 2 / 3 1ページ目から読む

NEVE SLIDE DOWNが豪快に全国デビュー!

 大阪のwe-B studiosがPassCodeに続いて送り出す第2弾アクトとして、昨年9月にお目見えしたALISA、Mizuhi、Laynaの3人組、NEVE SLIDE DOWN。同年11月のデビューEP『That's Not My Real Name』(配信/ライヴ会場限定CDのみ)では、PassCodeと同じく平地孝次がプロデュースを手掛けつつ、姉貴分とはまた異なるソリッドなバンド・サウンドを力強く披露して注目を集めていました。

NEVE SLIDE DOWN Mellow dawn ユニバーサル(2017)

 そして、今回のニュー・シングル“Mellow dawn”は待望の全国流通盤! アコースティック・パートから一気に発火する表題曲は、日本語詞にも重きを置いた骨太なナンバーに。一方、カップリングの“live fast die young”は刹那的な美メロでラウドに駆け抜ける佳曲。4月に届くPassCodeの新曲に先駆け、こちらにも大注目ですよ! *出嶌孝次

 

いろんな表情が楽しめる寺嶋由芙のニュー・シングル

寺嶋由芙 天使のテレパシー インペリアル(2017)

 ゆっふぃーこと寺嶋由芙の2017年第1弾シングルが到着しました! まず、表題曲“天使のテレパシー”は、スネアの音色やリズム・パターンからしてオジサンたちはニヤニヤせずにはいられない、80年代清純派アイドル風情の可愛らしくてちょっぴり切なさ交じりのナンバー。作者こそ違えど、以前の“ふへへへへへへへ大作戦”の延長線上にあるような路線で、〈古き良きアイドル〉をキャッチフレーズとするゆっふぃーのこの感じ……好き!

 そしてカップリングと言いつつ、思いっきり初回限定盤Bのジャケになってるのが“終点、ワ・タ・シ。”。歌謡曲にお熱なシンガー・ソングライター、町あかりの作詞/作曲によるこの曲は、ズバリ〈演歌〉。〈キラキラシャミセニスト〉こと川嶋志乃舞の三味線と、ゆっふぃーの慣れないこぶし回しも聴きどころ! 歌詞のテーマは、愛しい人を待ちわびるおんなの心情を歌った正統派演歌と思わせつつ、アイドルとヲタクの関係がテーマというのも頓知が利いてます。そしてもう1曲は、スタジオぴえろ風とでも言えそうなアニソン・テイストをほんのりと窺わせるラヴリーなエレポップ歌謡“みどりの黒髪”。そのタイトルからしてゆっふぃーの新しいテーマ曲ってことになりますかね? *ピ~ス!久保田

 

TOWER DOORS