2014.05.16

ニコ動のトップランナーの位置から飛び出し、生バンドとのコラボを追求したメジャー・デビュー後の歩みが実を結んだアルバムと言っていいだろう。彼の特徴であるシャープなギターのカッティングを軸としたグルーヴィーな楽曲に肉体性が加わって、作品全体の躍動感が倍増。抜群のソングライティングはそのままに、歌詞にも強いコミュニケーション欲求が表れるなど、広く外側に開かれた作風に変化している。さらに、蔦谷好位置を共同アレンジャーとして迎え、ドラマティックな曲展開を構築した“アイネクライネ”や、米津のプログラミングのみで作られた唯一の曲で、インディーR&Bに接近したような“KARMA CITY”など、すでにネクスト・ステージへ向けた可能性が提示されていることも頼もしい。

 

[English Translation]
Kenshi Yonezu "YANKEE"

Springing out from the top ranking leading pack of Niconico douga (, the popular video-sharing site in Japan), this album can be said to be the fructification of his post-major-debut efforts of pursuing collaborations with live bands. The dynamism throughout the album is multiplied by adding flesh to the groovy tunes centered around his distinguished sharp rhythm guitar. With his outstanding songwriting unchanged, there are stronger gestures of desire for communication in his lyrics this time, giving the album a new touch of outward openness. "Eine Kleine" welcomed Japanese producer and musician, Koichi Tsutaya as the co-arranger, unfolding dramatically and beautifully, while "KARMA CITY" is the one and only track created solely by Yonezu's programming, showing an approach to indie R&B. A delight to already see the reflection of his immense potential towards the 'next stage'. 

関連アーティスト