2017.02.07

渋谷のクラブを拠点に、みずからイヴェントも主催するトラックメイカーの初作は、不穏なウワモノが蠢くダーク系テクノ“Nerenai”やダビーな重低音の揺らめく“Echo Patrol”など、ディープ・ハウスやヒップホップなどを横断した深遠なサウンドの繰り広げられる内容。この雑多さとスモーキーな音像は、まさにテーマである東京地下シーンの混沌とした一夜を表現するかのよう。ヒリヒリ焼き付くリアルな都会の姿がここに。

 

[English Translation]
TONBO - "Tokyo Mad Cave"
Based in nightclubs in Shibuya where he hosts events, Japanese trackmaker Tonbo makes a debut with nine tracks that unfold a cavernous sound traversing many styles like deep house and hip-hop. “Nerenai (meaning Insomnia)” is shadowy techno with gloomy, thunderous atmospherics while “Echo Patrol” offers a shuddering, dubby sub-bass. The omnivorous approach and smoldering soundscape of the aptly-named album seem to embody a chaotic night in Tokyo’s mesmerizing underground club scene, demonstrating a searing reality of the city.

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop