COLUMN

佐野元春とのレターズ―『MANIJU』リリース記念、若き音楽家と綴った往復書簡シリーズ:夏目知幸(シャムキャッツ)編

佐野元春とのレターズ:第3通

佐野元春とのレターズ―『MANIJU』リリース記念、若き音楽家と綴った往復書簡シリーズ:夏目知幸(シャムキャッツ)編

佐野元春が〈佐野元春 & The Coyote Band〉名義での新作『MANIJU』をリリースした。現代の不穏なムードを重たいロック・アンサンブルに映し出した2015年の前作『BLOOD MOON』とは打って変わって、今作のムードは実に軽やかで開放的――フィリー・ソウル的なストリングス・アレンジを配したダンス・チューンや柔らかなサイケデリアを醸すフォーキーなナンバーなど12曲を収録し、40年近いキャリアを持つヴェテランとは思えないほどの瑞々しさが全編に溢れるアルバムになった。

路地裏をスキップしながら歩んでいくようなリズムと、体温のほのかな暖かさを感じさせるメロディーに乗せ、佐野が綴ったのは〈若い都市生活者たちの憂い〉。そこには彼が2017年の日本に見る、ヤング・ブラッズの姿、孤独でありながらも澄んだ蒼さを失うことのない魂の震えが息づいている。そんな視線で貫かれた今作だからこそ、このタイミングで若いリスナーと佐野元春との出会いが生まれることを願い、Mikikiではシリーズ企画として、佐野と若手ミュージシャンたちとの往復書簡を実施した。

その第3回となる今稿では、ceroやミツメらと同時期――2010年代の序盤にシーンへと登場し、日本のインディー・カルチャーにおける新時代を共に築き上げていった4人組のロック・バンド、シャムキャッツのフロントマンである夏目知幸が登場。ありふれた生活のなかに煌めく風景を切り取るリリック・センスと、グルーヴィーかつマジカルなバンド・アンサンブルで熱い支持を集める彼に筆をとってもらった。夏目が佐野元春への第一印象や『MANIJU』を聴いた感想、〈いまの時代に必要とされる音楽はどんなものか?〉といった疑問などを書いたレターをもとに、佐野がリプライ。そのやりとりを以下に掲載する。 *Mikiki編集部

★〈佐野元春とのレターズ〉書簡一覧はこちら

佐野元春 & THE COYOTE BAND MANIJU DaisyMusic(2017)

 

佐野元春⇔夏目知幸

ー夏目 はじめまして、夏目知幸といいます。シャムキャッツというバンドでヴォーカルとギターをやっています。僕らは同じ地元の4人で組んだバンドで、活動を始めて10年くらい経ちました。メンバーが変わったら、終わりというルールでやっています。

 今回のお手紙のやり取り、貴重な機会をいただいてとても嬉しいです。かなり緊張しています。何を書いたらいいのかまだつかめていないのでゆっくりいきます。ちなみに今僕はアイホンのメモ機能を使ってこれを書いています。

ー佐野 夏目さん、手紙をありがとう。今、シャムキャッツの曲を聴きながら書いています。“洗濯物を取り込まなくちゃ”。この曲を聴いて、自分がニューヨークにいた1983年、ダウンタウンのライブハウスで観たトーキングヘッズの演奏を思い出しました。まだ夏目さんが生まれていない頃だと思う。なつかしいけれど不思議な感じです。

シャムキャッツの2016年のEP『君の町にも雨はふるのかい?』収録曲“洗濯物をとりこまなくちゃ

 

ー夏目 佐野さんのライブを高校一年生の時に見ました。2000年代前半です。1曲目、ポエトリーリーディングで始まったんです。びっくりしました。〈何これ!?〉という感じで。

 ライブを見るまでの僕の当時の佐野さんの印象は、〈とんねるずの生ダラに出演していたユニークなおじさん〉というのが正直なところで、そんな人がサングラスをかけて、バンドを従えて、詩を読んでいる。

 不思議な光景でした。当時POPSしか聞いていなかったので、面食らってしまい、最初は訳がわからなかったんですが、聴いているうちに〈かっこいいぞ〉と気持ちが変わっていったこと、今も強く覚えています。

ー佐野 ありがとう、ユニークなおじさんのまま終わらなくてよかったよ。そのライブはたぶん、2001年にやった〈Rock & Soul Review〉のことだと思います。バッキングがザ・ホーボーキング・バンドの時代でした。いろいろなジャンルのサウンドを融合したジャム・バンドを志向していた頃。ポエトリーリーディングが一曲目だったことは忘れていました。びっくりさせるつもりはなかったです。

佐野元春がTHE HOBO KING BANDを従えた2005年のライヴ映像。80年作『BACK TO THE STREET』収録曲“Please Don't Tell Me A Lie”を演奏

 

ー夏目 新しいアルバム『MANIJU』、聴きました。最初に他のアーティストの名前を出すのはいい感想じゃない気がしますが、聴いた第一印象は〈The War on Drugs(ウォー・オン・ドラッグス)というフィラデルフィアのバンドの感触に似ているな〉でした。彼らの楽曲を聴いていて感じる、〈希望〉と〈疲れ〉をアレンジや歌詞から感じたからです。War on Drugs、ご存知ですか? よかったら、↓の動画を観てみてください。

ウォー・オン・ドラッグスの2017年作『A Deeper Understanding』収録曲“Holding On”のライヴ映像
 

ー佐野 紹介をありがとう。この動画は〈Saturday Night Live〉ですね。大好きなTVショーで、この回も見ていました。〈The War on Drugs〉はいいバンドです。

 

ー夏目 アルバム全体を包むようにスウィートなラブソングが配置され歌われていますが、間を縫うように存在する“詩人を撃つな”や“蒼い鳥”の持つ〈疲れ〉がすっごく美味しいスパイスになってるように感じました。また、面白いなあと思ったのは、ラブソング一曲に目を向けるとその中にも同じスパイスが仕込まれていて、旨味の二重構造みたいなことになっている感じがしました。それを味わっているうちに、僕としては、佐野さんは〈今の世の中が解体して行く感覚〉を持ってらっしゃるのかなと思えました。

 

ー佐野 僕の音楽を深く聴いてくれて光栄です。夏目さんが〈美味しいスパイス〉といってくれた、曲が持つ〈疲れ〉は、僕なりに音楽語に変換すると〈メロウ=mellow〉になります。確かに僕の曲にでてくる恋人たちはメロウな気分で過ごしている。そして〈落ちてゆく天使をただ見ているだけの野蛮な今〉を見ている。

※『MANIJU』の1曲目“白夜飛行”の歌詞から引用

 気の利いたラブソングを書くのはむずかしいですが、そこに真実味を持たせるには、この〈メロウ=mellow〉という感覚が役にたつこともあるかなと、思っています。

 

ー夏目 一曲目“白夜飛行”でなんとか踊り出すことができた二人を待っている次の曲が“現実は見た目とは違う”というのは祝福のようにも思えますし、辛辣なパンチのようにも思えます。二人が嬉々として踊るのか、はたまた足を止めて途方にくれるのか、僕にはどちらの風景も浮かびます。

ー佐野 作者としては、この二人には、現実にあるどんなフェイクも見透かして、うろたえずにダンスしてほしいと願っています。

ー夏目 佐野さんは、踊りたくないときってありますか? 僕はあります。ただじーっと時間が流れて行くのを感じているときに安心したりします。たまに、そういう音楽を作れないものかなと思ったりもしています。

ー佐野 僕も踊りたくないときがある。むしろそんなときのほうが多い。静かで心地いい音楽もたまに作ることがあります。ただ公に発表するものはビートが効いた音楽が多い。現代のポップ音楽で〈ダンス〉は欠かせない要素のひとつ。そこでどんな音楽を作りたいかと言われれば、僕は〈享楽のダンス〉よりも〈考えるダンス〉を作りたい。

 

ー夏目 また、生きるってやっぱり色気がいることだと思うんですけど、生きたいけど色気から離れたい時の音楽ってどういうものだと思いますか? 僕はいまそんなものを探しています。

ー佐野 生きるには色気がいる、確かにそうだ。でも色気は自己顕示欲の一種。その自意識が過剰になるとやっかいなことになる。そこに自己憐憫が足されるとさらに手に負えなくなる。そんな音楽があちこちから溢れてきてうんざりしているひともいるだろう。生きたいけれど色気から離れたい時の音楽は、だれかを眠らせるための音楽。空気のような音楽。踊りたくないときの音楽。そしてすべてをゼロにする音楽。たとえば米国のインディーバンド〈Beach House(ビーチ・ハウス)〉の音楽はどうだろう。夏目君が探している音楽だったら幸いです。

“Sparks”“Zebra”“Days Of Candy”“Wildfiower” by Beach House
選曲:佐野元春

『MANIJU』収録曲“天空バイク”

 


■佐野元春

〈佐野元春 and The Hobo King Band Billboard Live ‘Smoke & Blue 2017’〉
2017年11月1日(水)、11月8日(水)~9日(木)Billboard Live OSAKA
1stステージ:開場17:30/開演18:30
2ndステージ:開場20:30/開演21:30
サービスエリア 9,300円/カジュアルエリア 8,300円
★詳細はこちら

2017年11月14日(火)~15日(水)名古屋ブルーノート
1stステージ:開場17:30/開演18:30
2ndステージ:開場20:30/開演21:15
ミュージックチャージ 9,800円
★詳細はこちら

2017年11月21日(火)~22日(水)、11月29日(水)Billboard Live TOKYO
1stステージ:開場17:30/開演18:30
2ndステージ:開場20:30/開演21:30
サービスエリア 9,300円/カジュアルエリア 7,800円
★詳細はこちら

〈佐野元春 & THE COYOTE BAND 全国ツアー2018〉
2018年2月上旬からスタート。詳細は追ってアーティストHPで発表。

 

■シャムキャッツ
〈tour “Friends Again”〉
2017年9月22日(金)石川・金沢vanvan V4 
2017年9月23日(土)岡山YEBISU YA PRO 
2017年9月24日(日)香川・高松TOONICE 
2017年9月30日(土)北海道・札幌COLONY 
2017年10月6日(金)新潟CLUB RIVERST
2017年10月7日(土)宮城・仙台CLUB JUNK BOX 
2017年10月8日(日)秋田matou
2017年10月13日(金)福岡graf 
2017年10月14日(土)鹿児島SR HALL
2017年10月15日(日)大分AT HALL
2017年10月21日(土)東京SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
★詳細やその他のライヴ情報はこちら