COLUMN

ポルノグラフィティ 『BUTTERFLY EFFECT』 次世代への一助となるべく名付けられた11枚目のオリジナル作

ポルノグラフィティ 『BUTTERFLY EFFECT』 次世代への一助となるべく名付けられた11枚目のオリジナル作

メジャーデビューから19年目を迎え、夏フェスにて若い世代との交流を経験したポルノグラフィティが〈蝶の羽ばたきが、巡り巡ってまた違う場所で嵐を引きおこす〉という効果になぞらえて『BUTTERFLY EFFECT』と名付けた11枚目のオリジナルアルバムを2年2カ月ぶりにリリースする。

 

 11枚目のオリジナルアルバムのリリースにあたり、前作『RHINOCEROS』から今作『BUTTERFLY EFFECT』につながる動きを振り返ってみよう。

 2015年8月に『RHINOCEROS』リリース後、9月より12月までホールツアー「14thライヴサーキット“The dice are cast”」で全国を精力的に飛び回った。2016年に入り、MBS・TBS系列テレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして起用された43rdシングル『THE DAY』を5月にリリース。9作連続でのオリコン週間シングルランキングTOP5入りとなるヒットとなった。9月には、約6万人を動員した横浜スタジアムでのライヴ〈横浜ロマンスポルノ'16~THE WAY~〉を開催。11月には44thシングル『LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ』をリリース。日本テレビ系番組「スッキリ!!」などのタイアップで約11年ぶりの両A面となった。またこの年、メンバーがファンを公言しているプロ野球の広島東洋カープがリーグ優勝を飾り、それを記念して行われた広島東洋カープファンのアーティストが集結したライヴ「VIVA!真赤激!」に出演し大きな話題となった。

 2017年に入ってからは更に精力的なライヴ活動が続く。3月には、台湾で初のワンマンライヴ「PORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Live in Taiwan」を開催。7月以降は本格的に夏フェスへ参戦。初出演となった「ROCK IN JAPANFESTIVAL 2017」や「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER2017」、「MONSTER baSH 2017」へは約3年ぶりに出演となった。9月には新藤晴一が2作目となる〈ロックバンドがメジャーデビューを目指し、夢を追う男たちの奮闘〉を描いた小説「ルールズ」を発表し、6日には、45thシングル『キング&クイーン/Montage』をリリース。日本テレビ系列「ワールドグランドチャンピオンズカップ2017(グラチャンバレー2017)」テーマ曲などのタイアップがついて、2作連続、通算4度目の両A面シングルをリリースとなった。

 そして10月25日、満を持して11枚目のアルバムをリリースする。アルバムタイトルは、夏フェスにて若い世代との交流を経験したポルノグラフィティが「海から雲が生まれ雨になり、その雨粒が集まって川になりまた海に流れる。自分たちは音楽という大きな海に影響を受けて楽曲を作ってきて、自分たちの楽曲は小さな1粒の雨でしかないかもしれないが、それを絶えず生み出し降らせることで、また次の世代の楽曲の一助となってほしい…」と期待を込め、〈蝶の羽ばたきが、巡り巡ってまた違う場所で嵐を引きおこす〉という効果になぞらえて『BUTTERFLY EFFECT』となった。

 内容は、初回生産限定盤(2CD+DVD)と通常盤(CD)の2形態でのリリースとなっており、この2年間にリリースしてきたシングルを中心に全14曲が収録されたアルバムとなっている。ポルノグラフィティの王道ともいえる、切なさの余韻を引きずるポップソングやアップテンポで飛び上がりたくなるようなロックソングに加え、バラード、クリスマスソング、デジタルロックに、カントリーの要素まで取り入れた、バラエティ豊かな内容だ。それでも、どの曲、どこを切り取ってもポルノグラフィティだとわかる。19年のキャリアを存分に発揮した〈ポルノグラフィティ印〉が際立つ、まさに王道かつ極上のロック&ポップアルバムだ。

 また、岡野昭仁が過去に作詞した曲の中に、敬愛する洋楽の大物ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼスの曲名が隠れている曲がある。“東京ランドスケープ”の歌詞には、〈It's so easy!!〉、“Let's go to the answer”の歌詞には〈Welcome to the jungle〉などになるが、今作収録の“Montage”には〈Don't cry〉が隠れている。近年の精力的なライヴ活動での新しいファンばかりに目を向けるのではなく、このような古くからのファンでないとわからないような遊び心も今作でも取り入れているからこそ、新旧両方のファンに楽しんでもらおうという今作への意気込みを感じるとともに、「横浜ロマンスポルノ'16 ~THE WAY~ Live in YOKOHAMA STADIUM」のMCで「新たな道を照らしてくれるのは、ここにいるみんなです!」と語った、〈ファンを大切にしたい〉という気持ちを体現している。

 初回生産限定盤に収録のDisc2(CD)には3月に行われた、台湾でのライヴから「SPECIAL LIVE IN TAIWAN 2017/03/26(at LegacyTaipei)」を収録。“サウダージ”、“アポロ”などの代表曲はもちろんのこと、ここ2年内にリリースされたシングルを含むライヴテイクが大ボリュームの17曲収録。更にDVDには、この台湾でのライヴドキュメンタリーとシングルリリースされた、“LiAR”、“真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ”、“Montage”のビデオクリップを収録したファンにはたまらない内容となっている。

 11月17日からは、約2年ぶりとなるホールツアー「15thライヴサーキット“BUTTERFLY EFFECT”」を2018年3月20日まで開催と、今作を充分に聞き込んで、ライヴバンドとして走り続けるポルノグラフィティをおもいっきり楽しんでもらいたい。

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop