COLUMN

米津玄師 『BOOTLEG』 菅田将暉、池田エライザとのコラボ曲や〈ハチ〉名義曲のセルフカバーなど含む4作目

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.11.01
米津玄師 『BOOTLEG』 菅田将暉、池田エライザとのコラボ曲や〈ハチ〉名義曲のセルフカバーなど含む4作目

米津玄師、待望の4thアルバムをリリース! 菅田将暉・池田エライザなど人気俳優とのコラボも実現!

 

 2009年、〈ハチ〉名義でニコニコ動画へオリジナル曲を投稿し始めたのをキッカケに人気ボカロPとなり、2012年には本名の〈米津玄師〉名義で活動をスタート。作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックス、さらには動画・アートワークまで自ら手掛けるという驚異の才能を発揮し、唯一無二の存在感を放つ、米津玄師。彼の4枚目となるアルバム『BOOTLEG』が、11月1日にリリースされる。

 本作のリードを飾るのは、米津自ら共演を熱望したという、人気俳優・菅田将暉とのコラボ曲“灰色と青(+菅田将暉)”(M14)。〈幼少時代を共にした友人同士が、大人になりすれ違う日々の中で、奇跡的に重なる瞬間を描いた〉同曲を、同じ時代に輝く若き2人が色鮮やかに歌い上げている。また、モデル・女優の池田エライザのウィスパーボイスがアンニュイなサウンドにマッチした“fogbound(+池田エライザ)”(M9)や、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」のテーマソングとして、〈ハチ〉名義で書き下ろした楽曲のセルフカバー“砂の惑星(+初音ミク)”(M4)といった豪華コラボ曲も収録。DAOKOとのコラボで今夏の話題をさらった映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の主題歌“打上花火”(M13)も、セルフカバーVer.が収録されており、オリジナルとはまた違った空気感が新鮮だ。

 なお、MVでしなやかなダンスを初披露し、さらなる可能性を見せつけた“LOSER”(M2)や、TVアニメ「3月のライオン」第2クールEDテーマ“orion”(M5)などのヒット曲はもちろん、リリースに先駆けてライブで披露された“春雷”(M8)を始めとする新曲も多数収録。アルバムの発売日からスタートする全国ツアー〈米津玄師2017 TOUR / Fogbound〉、そして来年行われる日本武道館公演への期待を高める1枚となっている。

関連アーティスト