COLUMN

シャムキャッツが突如リリースした新曲“このままがいいね”を世界最速クロス・レヴュー!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.12.13

シャムキャッツが本日12月13日(水)0時、予告なしで新曲“このままがいいね”を発表した。同楽曲は、Apple MusicとSpotifyでの配信と、iTunes storeでのダウンロード販売となっており、現在のところパッケージでのリリースは未定。最新アルバム『Friends Again』(2017年)の作風ともまた異なり、バンドが新たな表情を見せている同曲について、Mikiki編集部の天野龍太郎と田中亮太がレヴューした。

シャムキャッツ このままがいいね TETRA(2017)

 

 

日常のなかから永遠の一瞬を掬い上げること

〈焼尽した少女/彼女がつくった計画から/彼女の願望を知っていた/君の輝きのなかにぼくを沈めてよ/そう約束した/これがそうなんだ/たったひとつの/そう、まさにこれが/ああ、そうだ、これこそが/彼女が、ぼくがずっと待ち望んでいたもの〉
ストーン・ローゼス“This Is The One”

シャムキャッツの新曲、“このままがいいね”を聴いて、ストーン・ローゼズの “This Is The One”をふと思い出した。シンプルなラヴソングの前者と、破滅願望に満ちた後者。対照的とも言えるが、その陶酔の感覚はどこか似通っている。もっと同時代的な音楽で言えば、リアル・エステイトの奇妙な質感を持つ緻密なアンサンブルやウォー・オン・ドラッグスの反復するモータリックなビートも “このままがいいね”とは無関係じゃないはず。いずれのバンドも、サイケデリアを現代的に再定義することの答えとなるサウンドを探っている。

でも、シャムキャッツの音楽がサイケデリックな、現実逃避的なものではないことは、あの素晴らしい“マイガール”や『Friends Again』を聴いたあなたは知っているはずだ。シャムキャッツは日常や現実に寄り添うような音楽をやろうとしているし、それについて歌おうとしている。“このままがいいね”のコーラスで夏目知幸は歌う。〈このままずっと/二人でずっと/一緒にいれたらいいね〉。その陶酔を、次のヴァースの〈繰り返すいつもの日曜〉というフレーズで断ち切ってみせ、〈止まらないキスで埋めようよ〉と続ける。その〈キス〉とは、よどみなく続く日常のなかから永遠を感じさせる一瞬を掬い上げる行為だ。“このままがいいね”には〈このままではいられない〉という影が差し込んでいる。だからこそかけがえなく響くのだろう。

世界の終わりを待ち望んだり、なにかを〈取り戻そう〉〈再び偉大にしよう〉と息巻いたりするのでもない。音楽の世界では特に忌み嫌われる停滞や保守を想起させるような〈このままがいい〉というフレーズを、シャムキャッツはあえて挑戦的に歌っている。 *天野龍太郎

 

“渚”以来の突破口となりえるビッグ・ソング

誤解を恐れずに言えば、シャムキャッツにとって“渚”以来のアンセムではないか。昨晩、突如リリースされた新曲“このままがいいね”は、それほどまでにフレッシュで、前のみを見据え、力強い。“MODELS”は痛快だった。“GIRL AT BUS STOP”は夢みたいだった。そして、“マイガール”は頼もしかった。だが、バンドの立つ風景が、この地点から刷新される予感を音の隅々に宿しているという点で、やはりこの曲は彼らが“渚”を発表したときのことを思い出してしまう。

タム回しからスタートするリニアなドラム・ビートはニュー・オーダー的。いや、甘やかなギター・リフをふまえると、ロマンのありようとしてはLCDサウンドシステム風と言うべきか。そして、『Friends Again』から地続きのアコギ・ストロークと、アンサンブルのしなやかな躍動感は、『More Songs About Buildings And Food』期のトーキング・ヘッズを想起させる。それでいて、若干プラスティックな衣装を纏ったプロダクションには、シャムキャッツ初のスタジアム・ロックとでも言えそうなスケール感が備わっており、その80年代的でてらいのないキャッチーさと思わず拳を上げたくなる勇猛さは、ナショナルやニュー・ポルノグラファーズ、アレックス・キャメロンらの作品群とも並べて聴きたくなる。

彼らが、なぜ新曲のリリース方法として配信を、しかもサプライズでの発表を選んだのか、その理由はまだ定かではない。だが、かなりの自信作であることは間違いないだろう。ともあれ、“このままがいいね”はシャムキャッツ史きってのビッグ・ソングであり、〈何をしようが勝手だろう〉と歌った“渚”が、楽曲に込めた反抗とは裏腹に新たなファンを獲得していったのと同様に、まだ見ぬリスナーへとバンドを気付かせる1曲になるはずだ。その結果が〈このままではいられなく〉なることだったとしても、数々の苦境を乗り越えてきたこのファヴ・フォーは、何も変わらず飄々と、4人で音を鳴らし続けるのだろう。 *田中亮太

関連アーティスト
読者アンケート