INTERVIEW

稲葉浩志 『Singing Bird』(1)

何気ない日常から溢れ出た言葉たちを、鳥のように自由に歌として紡いでいく——ナチュラルな姿勢でいま感じることを汲み上げた4年ぶりのソロ作!

稲葉浩志 『Singing Bird』(1)

稲葉浩志が『Hadou』(2010年)以来、約4年ぶりとなるソロ・アルバム『Singing Bird』をリリースした。フォーク・ロックのスタイルを採り入れた“ジミーの朝”、ブルース・ロック系の濃密なグルーヴが印象的な“oh my love”、豪快にドライヴしていくロックンロール・ナンバー“Cross Creek”など、稲葉のルーツでもある7080年代のロックからの影響を反映した本作。その中心は、彼自身が紡ぎ出した〈言葉〉にある。日常生活のなかで生まれる何気ない感情、社会に対する疑問や葛藤、そして、みずからの人生観、恋愛観の変化——つまりこのアルバムには、稲葉浩志という人間がありのままに刻み込まれているのだ。B'zのヴォーカリストとして日本を代表する存在でもある彼の、その生身の姿をしっかりと感じられる作品だと思う。

稲葉浩志 Singing Bird Being(2014)


 

少しずつ自然な気持ちに

——4年ぶりのソロ作『Singing Bird』、稲葉さん自身の生々しい感情をダイレクトに感じられる作品だと思います。制作はどういうスタイルで進められたんですか?
「何気なく始めたんですよね、最初は。3〜4年くらい前から、メモというか、まずは言葉だけをバーッと書いて、それにメロディーをつけるという作業を日常的にやっていたんです。アルバムをリリースするということが決まってから、それを楽曲としてまとめた感じですね」

——どうして言葉を書くことから始めてみようと思ったんでしょうか?
「理由がわからないんですよね、自分でも。最初にそういうふうに始めて、ずっとそのやり方を続けたっていう。やりやすかったんじゃないかと思うんですけどね、それが。そのときに思いついたことを殴り書きのように書いていた言葉ばっかりだから、そういう意味ではリアルというか、出所がハッキリしてる感じもあるし」

——言葉にメロディーをつけていく作業はどうでした?
「同じ言葉であっても、人によってつけたいメロディーは変わってくるだろうし、そこには自分のクセというものが出てるとは思いますけどね。言葉を見ながら、ああでもない、こうでもないっていう感じで……まあ、非常にお遊戯的な作業ですよね。〈○○ちゃん、これを歌にしてみて〉っていうか(笑)、子供にでもできるような」

——(笑)その時点ではアレンジ、サウンドのことは考えてなかった?
「うん、何も考えてなかったですね。レコーディングに関しても、その時々で思いついたメンバーといっしょにいろんな場所でやってたんですよ。LAで録った曲もあれば、東京で録ったものもあるっていう感じで。だいぶ前に作った曲もあるから、〈そろそろ手放したい〉という感じもあったんだけど」

——自由度の高い作り方ですね、本当に。ソロに対する取り組み方、表現方法も当然、時期によって変化してると思うんですが。
「変わってるんじゃないですかね、それは。最初の頃はバンド(B'z)があるぶん、それとの違いというか、対比というものを強く出したいという気持ちが必要以上にあったかもしれないし。まあ、最初のソロから17年経ってますからね。ずっとやっていくなかで、少しずつ自然な気持ちになっていって、そのまま今日に至ってるという感じがしますけど」

——意識してB'zとの違いを出さなくてもいい、と。でも、あきらかに作風は違いますよね。
「そうですね。言葉として書いたものにメロディーをつけて、それに肉付けして曲を完成させるというやり方が、すごく自然だったんですよ。そういう意味では非常にナチュラルな作品になったと感じてますけどね、自分では」

 

 

まだ歌うことは全然ある

——なるほど。『Singing Bird』というタイトルにはどんな意味があるんですか?
「タイトルを考えたのはわりと後のほうというか、アルバムにするっていうのが決まってからなんです。作業をしてる時間帯は午前中が多かったから、単純に〈そういえば、いつも鳥が鳴いてたな〉と思って(笑)。散歩してるときもそうだし、海に行ってるときもそうなんですけど、そういう時間に思いついた言葉を書きとめていたんですよね」

——1曲目の“ジミーの朝”も、まさに〈朝一番に浜にやってきて〉という言葉で始まります。この曲の〈下手くそな鼻歌でもいい/俺の減らず口にあきれて/あいかわらずだと笑ってほしいんだよ〉というフレーズには、稲葉さんの歌に対するスタンスも込められているような……。
「〈日常の場面に出てくる歌〉っていう意味なんですけどね、それは。自分は〈ジミーさん〉になって歌ってるんですよ。ジミーさんが〈ひとりになるのが怖い〉と言ったのが印象に残っていて、それが歌になってるので……」

——ジミーさんというのは……?
「そうか、これは説明が必要ですね(笑)。ジミーさんという人がいるんですよ、知り合いに。サーフィンをいっしょにやってたんですけど、手術して、心臓にペースメーカーを入れたんですよね。最近も普通にサーフィンをやってるんだけど、みんなが海から上がったらいっしょに上がるし、みんなが入らなかったら自分も入らないという感じになって。要は〈ひとりになるのが怖い〉っていうことですよね……というのを本人に無断で歌詞にしたっていう」

——“ルート53”についても聞かせてください。このタイトルは稲葉さんの出身地・岡山県津山市を通ってる国道のことだと思いますが、故郷の思い出を歌にしてみようと思ったのはどうしてですか?
「あるとき、言葉にしてみようと思ったんじゃないですかね。字面にするとかなり長くなっちゃったんですけど、でも、曲にしておきたいと思って」

——曲のなかで起きる話も実話なんですか?
「〈おじいちゃんが骨折した〉とかは、そうですね。〈そんな歌詞、ねえだろう〉って思いますけど(笑)。おもしろいと思えるようになったんじゃないですか、そういうことを歌うのが。幅が広がったというか」

——もっと自由にいろんなことを歌いたいという気持ちもある?
「昔は思ってましたけど、いまはそのことをあまり重要と考えてないというか、それはあえて意識してないんですよね。〈どこまでやったら自由なのか?〉というのもよくわからないし、幅を広げることが必ずしも良いことではないという人もいると思うし。結局はメロディーと相まって、曲として完成したときにどうなのか?ということですからね」

——〈ひとりで考えて、決断しろ〉というメッセージが伝わってくる“孤独のススメ”から、たまたますれ違った女子高生への思いを描いた“Bicycle Girl”まで、テーマも本当に幅広くて。歌に対するスタンスは確実に変化していると思うのですが。
「大なり小なり変化はあると思いますけど、それも何かを変えてやろうと思っているわけではないというか……。ただ、このアルバムを作って〈まだ歌うことは全然あるな〉とは思いました。歌詞を書いて歌うってことを20年以上やってると、〈もう歌うことないな〉と感じることもあるんですよね。〈これは以前の曲を言い換えてるだけだな〉とか。でも、ただそのときに思ったことを書いて、それにメロディーをつけていく作業をやってみて〈これだったら、いくらでも出てくるな〉と思えたというか」

——大きな発見ですね、それは。今後の活動にも影響があるんじゃないですか?
「良い作用はあると思いますけどね。思いついて書き殴った言葉を作品として外に出すことで、一段落がつくというか。〈浄化〉みたいなカッコイイものではないけど、ひとつ形にすることによって、自分が次に進めるというのはあるでしょうね。〈次〉という気持ちにもなれるし、そういう意味ではわかりやすいポイントになったと思います」

関連アーティスト
pagetop