2018.02.05

スクリーモの元祖的な存在が15年ぶりにアルバムを発表。これが重低音のリフ、イビツな不協和音、ウネリのあるグルーヴ……と、どこを取っても〈らしさ〉が炸裂したカオティックなヘヴィー・ロック作品に。グロウルとクリーン・トーンを巧みに使い分けるヴォーカルには色気さえ漂い、聴く者をグイグイ惹き付ける。パーカッションを用いたトライバルな“Bastille Day”などはデフトーンズ好きもぜひ!

関連アーティスト