Keith's Counterpoint

ビートルズ、ボウイ、ジミー・ペイジ…音楽に溺れたチャールズ・マンソン、血みどろの事実

殺人などで知られるカルト・リーダー、チャールズ・マンソンが83歳で死亡した。彼は69年に投獄されたが、テート・ラビアンカ殺人事件で逮捕される以前も合わせると、人生の半分以上を矯正施設や刑務所で過ごしていた事になる。全米を恐怖に陥れたマンソン・ファミリー・カルトによる恐るべき殺人事件は、多くの人々からヒッピー・ムーヴメントによる愛と平和のメッセージを歪ませる醜い一打として受け取られた。その後、マンソンについて多くの書物が書かれ、彼の不気味な眼差しは鉤十字や悪魔の数字〈666〉のように悪の象徴となった。音楽の世界においても、数多くのアーティストがマンソンを悪のシンボル、または失われた理想のシンボルとして作品化する方法を模索している。

※2017年11月に死去

マンソンは、軽犯罪者のシングルマザーに育てられ、非常に厳しい幼年期を過ごした。少年の内から矯正施設で過ごしていたが、そこでは矯正されるよりも、だましや悪の手口を学び、制度の穴をつく方法を覚えたようだ。67年に刑務所から釈放されると、彼は自分のおかしな思想の中にヒッピー文化を取り込み、自然愛護などについてうそぶくようになるが、その頃にはすでに彼の道は決まっていたように思われる。

18歳の頃には、熟練の車泥棒かつ武装強盗犯で、少年院では受刑者の男子を強姦していた。成人すると、彼は10代の少女達の売春斡旋や小切手詐欺、他あらゆる窃盗に手を染める。また、刑務所では心理学、聖書、サイエントロジー、催眠術なども学んだ。同じ頃、音楽にも興味を持ち、〈社会の敵1号〉として知られる犯罪者のアルヴィン”クリーピー”カーピス(強盗の際に無差別に殺人を犯すことで有名だった)にギターを習っている。マンソンは67年に連邦刑務所から釈放されたが、その後さらなる破壊行為、殺人や音楽への関わりを深めていった。マンソンの人生についての細かな事実は曖昧であるが、それは彼や彼の信者達が数々の嘘をつき、またドラッグを多用していたので、彼らの言葉のどこに真実があるかわかりにくいためだ。

以下にはその曖昧な中から、血みどろの事実を述べていく。

 


ゲイリー・ヒンマン

さまざまな楽器に熟達したミュージシャンで、当時博士号取得のために勉強もしていた。

彼は3日間に渡り拷問を受け、金品を奪われ、体を切断され、殺された。理由はマンソンのバンドに参加するのを断ったため。また、マンソンはヒンマンが遺産を相続したとも思っていたようだ。ヒンマンは創価学会に所属していて、その年の夏に日本に行く予定にしていた。死ぬ間際、彼は念仏を唱えていたという。

マンソンがヒンマン殺害に関して語っている映像

 

フィル・カウフマン

ロック業界の伝説的な人物で、バンドのツアー・マネージャーとして有名。ローリング・ストーンズやエミルー・ハリス、フランク・ザッパらとも仕事をしている。彼は歌手のグラム・パーソンズの遺体を盗み、ジョシュア・ツリー国立公園の砂漠で荼毘(火葬)に付した(これはパーソンズがジョシュア・ツリーを愛していてそこに埋葬されたかったと希望していたため)ことで非常に有名だ。パーソンズには生前そうして欲しいと依頼されていたという。

そのカウフマンは、若い頃マリファナの密輸で逮捕され、ターミナル・アイランド刑務所で服役中にチャールズ・マンソンと出会う。マンソンのことをギタリストとしては下手だが、ソングライターとしては才能があると感じたカウフマンは、マンソンを音楽業界の知人達に紹介したが、彼らはマンソンに興味を持たなかった。釈放後、カウフマンは短期間マンソンのカルトに身を寄せている。カルトはほぼ女性で構成されていて、(カウフマンは)マンソンや他のカルトメンバー、またはマンソンが進めた人物とのセックスに抵抗がなかった。後に、カウフマンは自分を〈音楽業界の誰よりも多くの連続殺人犯とセックスした〉と自慢している。マンソンが逮捕された後、マンソンの音楽を集めてアルバムを作成、タイトルを『Lie: The Love And Terror Cult』(70年)とした。このアルバムにはマンソンの顔写真を表紙としたLIFE誌の写真を使い、雑誌のロゴがLIFEではなくLIEとなるように編集した。

『Lie: The Love And Terror Cult』収録曲“Look At Your Game Girl”

 

ビートルズ

チャールズ・マンソンは、ビートルズに強く執着していた。彼は、ビートルズが68年12月にリリースした、通称〈ホワイト・アルバム〉を通じて自分にメッセージを送っていると信じていて、このアルバムの収録曲を彼が作り上げた世紀末のシナリオに組み込んでいった。“Revolution”“Helter Skelter”“Blackbird”“Rocky Raccoon”(黒人のことを古いスラングでRaccoonの短縮版、coonと呼んでいた)“Piggies”(この曲の中でナイフとフォークについて歌っているが、ラビアンカ夫妻はナイフとフォークで60回も刺されていた。また、犯行現場の壁には血で〈Piggies〉と書かれていた)や“Sexy Sadie”(元トップレス・ダンサーだったカルト一味のスーザン・アトキンスのあだ名。彼女は8人を殺害したとして有罪判決を受けた)など。

マンソンは、このアルバムはビートルズがマンソンのために作り、マンソンについて語ったものだと信じていた。彼は、黒人達はこの地上を奪うためにいずれ暴動を起こす、それが起こった時には彼とカルト信者達は砂上バギーにマシンガンを積み込んで砂漠の〈底なしの穴〉に入り、魔法の金縄で戻ってくれば、世界を支配する方法を知らない黒人達(マンソンは彼らを愚かで劣った人種と考えていた)はマンソンをイエス・キリストのように思い、彼らの代わりにこの世界を支配してほしいと頼んでくると思っていた。この暴力的な革命を起こすきっかけを作る為に、マンソンの信者達は殺人の後、壁に血で動物の足跡を描き、黒人による急進的解放組織ブラック・パンサー党がやったように見せかけ、革命を始めさせようと画策した。マンソンのカルトはビートルズにコンタクトを取ろうと多くの手紙、電報や電話での連絡を試みたがすべて失敗している。

Dune Buggy。海辺の砂丘を走るための自動車

ビートルズ68年作『The Beatles』収録曲“Sexy Sadie”

 

ビーチ・ボーイズ

メンバーのデニス・ウィルソンが、ヒッチハイクをしていたカルト信者のパトリシア・クレンウィンケルとエラ・ジョー・ベイリーを車に乗せたことからチャールズ・マンソンと知り合う。ウィルソンはフリー・ラヴを提唱するこのグループに興味を持ち、彼らと過ごすようになった。その内、彼(デニス)の家にはカルトの信者達がたむろするようになり、彼の食料を食べ、彼の服を着て、彼の車や金を使い、性感染症を広めた。(ビーチ・ボーイズの)ブライアン・ウィルソンとカール・ウィルソンはブライアンの家のスタジオでマンソンと作曲もしている。ビーチ・ボーイズはマンソンの“Cease To Exist”という曲を、歌詞や曲も大幅に変えて“Never Learn Not To Love”とタイトルを変更しレコーディングもしたが、曲のクレジットは100パーセント、デニス・ウィルソンとした。マンソンはこれに腹を立て、デニスを殺すと脅迫。デニスはこれに対して皆の前でマンソンを泣き出すまで殴るという形で報復し、マンソンと信者から距離を置くために自分の家から出て行く羽目になった。

マンソンの『Lie: The Love And Terror Cult』収録曲“Cease To Exist”
 
ビーチ・ボーイズの69年作『20/20』収録曲“Never Learn Not To Love”

 

テリー・メルチャー

アメリカの当時もっとも有名な歌手のひとり、ドリス・デイの息子。エンターテイメント業界に育ち、コロムビア・レコードのプロデューサーとして活動した。バーズ、ポール・リヴィア&ザ・レイダーズ、ビーチ・ボーイズなど、大成功を納めた歌手を手がけている。デニス・ウィルソンがマンソンをメルチャーに紹介し、一時期はメルチャーもマンソンの曲をレコーディングすることや、カルトについてのドキュメンタリーを作ることについて前向きだったが、マンソン・ファミリーが当時住んでいたスパーン牧場で酔っ払って喧嘩をしているところを目撃後、マンソンへの興味を失った。

テリー・メルチャーはシエロ・ドライヴ10050番地にガールフレンドと、歌手のマーク・リンジーと住んでいた。69年8月9日、マンソンの4人の信者達(テックス・ワトソン、スーザン・アトキンス、リンダ・カサビアンとパトリシア・クレンウィンケル)がこの住所に行き、そこにいた6人全員を殺害したが、この家は事件の少し前から映画プロデューサーのロマン・ポランスキーが借りていて、ポランスキーの妻で女優、そして当時妊娠8か月だったシャロン・テートが16回も刺され殺されている。マンソンがこの家にメルチャーが既に住んでいないことを知っていたという証拠があるため、なぜ彼がこの襲撃を指示したのかは未だ議論を呼んでいる。メルチャーはこの殺人事件の後、身を隠した。

ママス&パパスのリーダーだったジョン・フィリップスは自伝で、この日は彼もテートのパーティーに呼ばれていたが行けなかったと書いている。ロマン・ポランスキーは、フィリップスが、ポランスキーとフィリップスの妻ミシェルが短い不倫関係にあった事に対する復讐のためこの殺人事件に関与したのではないかと疑い、ジョンの喉元にナイフを突きつけて事実関係を白状するよう迫ったという話もある。

メルチャーがプロデュースした、バーズの69年作『Mr. Tambourine Man』タイトル・トラック(作詞作曲はボブ・ディラン)
 
次ページデヴィッド・ボウイ、ニール・ヤング、ジミー・ペイジ……まだまだいるマンソン関連の音楽家たち
関連アーティスト
pagetop