2018.04.27

ソングライターでプロデューサーのゴンドラ。サイケデリック・ロック、フォークやアンビエント・ミュージックなどで活動してきた傍らで続けていたというエレクトロニック・ミュージックでついにデビュー・アルバムをリリース。さまざまな音楽を追及してきた中で溢れ出していたであろうゴンドラのエレクトロミュージックは、うしろをのぞきこむと生音の感触がパーっと広がっているような解放的な印象を残す。人懐こい声と都会的なサウンド、ボサノヴァに似たさわやかな余韻。机のラップトップ・コンピュータで人知れず仕上げられた音楽は決して独りよがりではなく、音に、ソングライターたるストーリー性を感じる。本格派のゲスト陣にも注目。

関連アーティスト
GR'18