2018.05.21

ブルーヴァレンタインズの活動休止を経て久々のソロ名義作は初のカヴァー・アルバムに。ハグトーンズの面々が手掛けたニューウェイヴ調の疑似80sノリはジャケが示す通りです。アーバンギャルドの松永天馬が怪演する“さいざんすマンボ”をはじめ、“空洞です”“ROBOT”などの選曲でそっち系の人たちに秋波を送りつつ、EPO“エンドレス・バレンタイン”あたりが普通にハマる感じ。設定ほどにはクセのない一枚です。

関連アーティスト