INTERVIEW

ジョルジャ・スミス『Lost & Found』 サマソニでの初来日を控えるUKの新星が語った現在の心情

ジョルジャ・スミス『Lost & Found』 サマソニでの初来日を控えるUKの新星が語った現在の心情

その存在を知らしめるのに時間など必要ない。一瞬にして世界をブルーに染める歌声、虚ろな目の奥で光る 確かなソウル──過去と未来を彷徨う新たなスターが、いまここで大きな一歩を踏み出す

すべてがすごいスピードだった

 「これ、日本のインタヴューなのよね? 初めてだから嬉しい!」。

 デビュー・アルバムの発表を目前に控え、取材を受ける彼女の声は弾んでいた。97年生まれ。本国でのアルバム・リリースとほぼ同時に誕生日を迎えたジョルジャ・スミス。エイミー・ワインハウスやアデル、ロードやアルーナジョージ、そしてアップカミングなエラ・マイら、ここ10年のアーバン&ポップ・ミュージック・シーンにおいて、UK出身のディーヴァたちの存在感はこれまでにない勢いで増すばかりだ。

 「イギリスのウェストミッドランズに位置するウォルソールというところで育ったの。そんなに人も多くないし、やることが限られていたのね。でも、私の両親は二人ともクリエイティヴな仕事をしていて、母親はジュエリー・デザイナー、父親はソウル・バンドのメンバーとして活動していたのよ」。

 ジョルジャの父親はセカンド・ネイチャー(Second Naicha)というネオ・ソウルを軸としたバンドのメンバーであり、その影響もあってジョルジャは11歳くらいの頃からソングライティングを行っていたよう。

 「わりとすべての面において、父の影響を受けていると思うわ。曲が書けたら、父の前で曲を聴いてもらって、修正してもらうこともあったし」。

 そしてジョルジャは、歌手としてよりプロフェッショナルなキャリアを積もうと、ロンドンに引っ越すことを決めた。最初、YouTubeなどに自身の楽曲をアップするなどして作品を発信していたジョルジャだったが、ブレイクに向けて大きなチャンスとなったのが、2016年にSoundCloud上で発表した“Blue Lights”だ。UKシーンにおいて絶大な人気を誇るスターMC、ディジー・ラスカルの楽曲“Sirens”をサンプリングし、警察による暴行や人種問題といったトピックをジョルジャらしく歌い上げたこの楽曲は、瞬く間に多くの人々の心を掴み、ジョルジャの名前はUKを中心とする音楽リスナーの間で広まることとなった。「“Blue Lights”を出してすべてが変わったわ。そのあとは、すべてがすごいスピードでやってきた、という感じ」と語るほどに目まぐるしいキャリアがスタートすることとなった。

 また、彼女の運命を変えたもう一つの出来事が、ドレイクとの出会いである。ドレイクのプレイリスト『More Life』(2017年)に収録された“Get It Togather”は、南アフリカのDJ、ブラックコーヒーによるアフロ・ハウス調のトラックが美しい佳曲であるが、同曲のフィーチャリング・アーティストとして大抜擢されたのがジョルジャ・スミスだったのだ。このコラボに関しては、「まず、ドレイクがDMをくれたの。そして、〈君に聴いてほしい曲がある〉と言って送ってくれたのが“Get It Together”だった。曲をレコーディングしている間、ドレイクとは会う機会はなかったんだけど、彼とヴァースを送り合って、完成させていった曲よ。ツアーの場でドレイクに会ったとき、彼が周りのみんなに〈俺が話してたのはこの子だよ!〉って言ってくれたのが印象的。信じられなかったけど、とても楽しかった!」と説明してくれた。

 

正直な感情

 そして、ようやく完成したデビュー・アルバムが、この『Lost & Found』。ジョルジャ自身に作品のコンセプトを尋ねたところ、こう答えてくれた。

JORJA SMITH Lost & Found FAMM/The Orchard/HOSTESS(2018)

 「自分が書いた曲、自分に起こったことを書いた曲を集めた作品よ。私はいつも、実際に自分に起きたことしか曲にしない。去年、自分のマネージャーに〈アルバムを作りたいから、古い曲や新しい曲も含めて、収録したい曲のリストを作って〉と頼まれてリストを作ったんだけど、その作業こそ、自分の過去の体験の中で『Lost & Found』したような気分だったの。学生時代のことなども思い出して、思い出の中で迷子になった気分(Lost)、でも歌うことでいまの自分を見つける(Found)ことができた。そんなアルバムよ」。

 本作には、彼女の名前を一躍知らしめた“Blue Lights”はもちろん、“Teenage Fantasy”や“Where Did I Go?”など、すでにこれまでジョルジャの活動を追ってきたリスナーにはお馴染みの楽曲も収録されているほか、まさに〈いま〉の彼女の気持ちを映し出したような表題曲の“Lost & Found”や、ライヴなどでも披露してきた“Don't Watch Me Cry”“The One”といった楽曲が並ぶ。どの曲も、ジョルジャの歌詞と歌声はどこかブルージーでペシミスティックな部分もありながら、ノスタルジックな雰囲気に包まれてもいる。「いつも、ピアノやギターでメロディーを作りながら、同時にどんどん声に出していきながら曲を作っている。私の頭の中は常にいっぱいだから、それを適当に言葉に乗せていく。それが、だんだん明確なものになっていって、〈歌〉になっていく感じ。リリックに関してはあまり考えすぎないようにしていて、まずは考えず(Think)に、歌う(Sing)の。そうすると、自然に正直な感情が言葉に出てくるのよ」と、あくまでナチュラルな制作プロセスを明かしてくれた。

 今年、ジョルジャはケンドリック・ラマーがプロデュースを務めた『Black Panther The Album』にも“I Am”という楽曲で参加した。彗星の如きスピードと輝きでもってシーンでのキャリアを積み上げているジョルジャだが、「何かに急かされて活動してきたという感じはないし、こんなふうに物事が進むって、自分ではまったく期待していなかった。この2年間、自分が試されたというか、とにかく集中することが大事だと学んだわ」とのこと。

 8月には〈サマーソニック〉にて待望の初来日ステージも控えており、「お気に入りの映画の一つが、日本が舞台になっている『ロスト・イン・トランスレーション』なの。だから、日本に行ったらあの映画みたいなことをやってみたいわ」とキュートな願望も教えてくれた。彼女の登場が今後の音楽シーンにどんな影響をもたらすのか。ジョルジャのさらなる活躍が、いまから楽しみでしょうがない。

関連アーティスト