INTERVIEW

羊文学『若者たちへ』インタヴュー―青春時代が終わる。その瞬間、鳴らされる音

羊文学『若者たちへ』インタヴュー―青春時代が終わる。その瞬間、鳴らされる音

羊文学のファースト・アルバム『若者たちへ』がリリースされた。バンドの中心を担うヴォーカル/ギターの塩塚モエカ、ドラムスのフクダヒロアとベースのゆりかは、3人とも現在大学生。いわば本作はモラトリアムの只中にいる彼女らの揺らぐ内面を綴った、あまりにも赤裸々なデビュー作であり、まさにいまこのタイミングにしか作りえなかった一枚といえる。

思春期の葛藤と、不完全な青春。悔やみきれない失敗、眩しい夏の記憶。そして、漠然とした未来への不安。そんなごちゃ混ぜの感情を塩塚は歌に込め、ファズ・ギターの甘美な轟音とともに鳴らしてみせる。オルタナ/シューゲイザーを雛型とした、この極めて繊細なバンド・アンサンブルに、もしかするとあなたはしばらく忘れていた10代のほろ苦い記憶を呼び戻されるのかもしれない。

そして、いままさに思春期という病を引きずる者からすれば、これほど自分に寄り添ってくれる音楽はまず他にないはずだ。そんな眩いファースト・アルバム『若者たちへ』を完成させたばかりの塩塚モエカに、ここまでの歩みと本作に込めた思いを語ってもらった。

羊文学 若者たちへ felicity(2018)

 

 

自分でギターも弾きながら歌えるって、めっちゃいいじゃん!って

――2012年にこのバンドを結成した当時、塩塚さんは高校生だったそうですね。

「はい。その頃からバンド名を変えてないというだけで、メンバーもやってることも、当時といまとではぜんぜん違うんですけど(笑)」

――つまり、初めて組んだバンドが羊文学ということ?

「そうですね。でも、その前にもバンドをやろうと思ったことは2回くらいあったし、私は幼稚園の頃からずっと歌手になりたかったんです。昔から歌うのが大好きで、小学生の頃にはYUIさんと、『NANA』(2005年)という映画を観たのがきっかけで中島美嘉さんが好きになって。シンガー・ソングライターというものがあると知ってからは、私もそれになりたいなってずっと思ってました」

『若者たちへ』収録曲“ドラマ”
 

――例えば、そのYUIと中島美嘉から受けた影響で、現在の音楽活動に息づいているものは何かありますか?

「あると思います。ギターのコードなんかもYUIさんの曲を練習するところから覚えたし、いまこうしてギター主体の曲作りをしているのも、その影響かなって。まあ、自分で〈パソコンとか使えよ〉って思うこともあるんですけどね(笑)」

――PC上での制作にも関心があるんですか?

「あります。電子音が入ってるバンドはすごく好きだし、本当はエレクトロニカみたいなことをやりたいなって気持ちもずっとあって」

――へえ! それはどんなバンドの影響で?

「中2くらいのときにテレビで観たサカナクションとか。あとは高校生の頃にXXが好きになって、いまでもSEでは彼らの“VCR”という曲を流しているんです。結果的にはこうして3ピースという形に落ち着きましたけど、〈いつかは機材を揃えてああいうのもやろうかな〉って、特に高校生の頃はよく思ってました」

XXの2010年作『xx』収録曲“VCR”
 

――羊文学はメンバー・チェンジがありながらもずっと3人編成を保っていますよね。そこにも何かしらのこだわりがあるのでは?

「中学生のときに初めてライヴハウスで観たバンドが3ピースだったんですよ。それがもうかっこよすぎて、私もバンドやるならこういう編成がいいなって。私、けっこう目立ちたがりで、演劇でも主役をやりたがるようなタイプだったんです。だから、〈自分でギターも弾きながら歌えるって、めっちゃいいじゃん!〉って(笑)」

――目立ちたがりだったというのはちょっと意外ですね(笑)。実際に高校でバンドを結成してから、音楽性としてはどんな変遷をたどっていったのでしょうか?

「最初は周りのみんなが聴いているような音楽を私も聴いてたし、私もそういうのが好きだったんです。でも、自分でバンドをやるならそれとは違うものがやりたいなと思って。というか、単に変なことがしたかったんですよね。そういうの、思春期にはよくあるじゃないですか」

――わかります(笑)。

「あと、高校の頃は洋楽を聴き始めた時期でもあって。〈こういう、いま日本で流行っているポップスとは違うことをやってる人たちがいるんだな〉って。だったら、みんなが好きじゃなくても自分がいいと思えるものをやろうと思って。それでプログレが好きになったり」

――プログレですか!

「お父さんがキング・クリムゾンとかイエスのCDを私の部屋にかけにきてたので(笑)。もちろん最初は〈長いし、ぜんぜん意味わかんないな〉と思ってたんですけど、聴いていくうちに、一曲のなかでいろんなことが起きるところが、ちょっといいなと思って。そういうのもあって、高校の頃につくってた曲は途中で拍子が変わったり、ゆっくりした曲のBPMがいきなり上がったりするのがけっこう多いんです」

――それはまた意外なルーツですね。

「大学に入ったばかりの頃までは、けっこうそんな感じだったかな。それが軽音サークルでみんなからいろんな音楽を教わっていくなかで、〈別に奇を衒う必要はないんだな。というか、逆にそういうのダサいから、もうちょっと大人になろう〉と思って(笑)。もちろんプログレは好きですよ。でも、表面的なところにこだわるのは違うかなって」

――奇抜なことをやるのが目的化するのも、ちょっと違うなと。

「そうですね。でも、大学に入ってからも〈音は大きいほうがいいな〉とは思ってて」

――なぜそう考えるようになったんですか?

「高校生の頃にきのこ帝国に衝撃を受けたのと、イギリスのヤックというバンドがずっと好きだったんです。あとは高3の頃に受験でしんどいときにスマパン(スマッシング・パンプキンズ)をよく聴いてたりとか。『トンネルを抜けたら』(2017年)という最初のEPを出す頃までは、特にそういう影響が大きかったかな」

ヤックの2010年作『Yuck』収録曲“Get Away”

 

大人から〈いつかハッピーになるから大丈夫〉と言われても、私にはぜんぜん響かなかった

――『トンネルを抜けたら』に収録されている“Blue.2”という曲が、いまでもいちばん大事な曲だとTwitterに書かれていました

「あの曲は、中学生の女の子2人が部活動の帰りに人身事故を起こした事件があって、テレビでそれを知ったときに書いた曲なんです」

――そのニュースは僕も覚えています。確か、いまから2年ほど前でしたね。

「私も中学生の頃は、いまならぜんぜん気にしないようなことがすごく気になってたし、〈明日がくるの、イヤだな。死にたい〉と思ってたときもあって。というか、けっこうみんなそうだと思うんですよ。実際、私のまわりにも学校に行かなくなった子がいたし。そんなときに大人から〈いつかハッピーになるから大丈夫〉とか言われても、私にはぜんぜん響かなかった。むしろ、私とあなたは違うと思ってて」

――わかります。

「でも、こうして大人になっていくと、自分がそういう気持ちだったことを忘れちゃうじゃないですか。それで〈昔はイタかったな〉みたいに振り返ったり、いまそのことで悩んでいる人たちを〈メンヘラ〉とか言ったりする人もいる。でも、実際にはそれで命を落としている人がいるんですよね。

だから、私はいまつらいと感じている人が〈自分もここにいていいんだ〉と思えるような曲、〈一緒に泣いてもいいんだ〉と思ってもらえるような曲を作りたかった。その気持ちをこれからも忘れたくないんです。だから、あの曲はすごく大好きなんです」

――音楽を作り続ける理由のひとつを、あらためて確認させてくれる曲?

「もちろんそれがすべてじゃないですけど、そういうことも羊文学を始めた頃から思ってきたことではあります。すごく大切なことだなって」

2017年作『トンネルを抜けたら』トレーラー

 

羊文学はもっと泥臭かったし、もっと必死だったんじゃないかって

――では、2枚目のEP『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』(2018年)を出す頃には、どんなことを考えていましたか。

「まず、その頃までの私は怒りを音楽にぶつけまくってたんですよね。怒りやつらさを爆音で発散している感じだった。でも、そういう題材もいつかは尽きるんだろうなって。それこそ思春期にいつか終わりがくるのはわかってたし、私は長く音楽をやっていきたいと思っていたから、もっと視点を広げたかったんです。それで作ったのが、『トンネルを抜けたら』に入ってる“Step”や『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』の曲たちで」

2017年作『トンネルを抜けたら』収録曲“Step”
 

――なるほど。

「あと、それまでの曲では自分がなにを叫ぶかってことを重視してきたけど、Tempalayやドミコのライヴを観たときに、私たちも演奏面でもっといろんなことをやりたいなと思うようになって。で、いまはまた初心に戻ってる時期で……。すみません、なんか話に全然まとまりがないですね」

――いや、すごく興味深いです。ぜひ続けてください。

「今回のアルバム作っていたときに思っていたのが、〈最近はちょっとかっこつけすぎてたな〉ってことで(笑)。もっと羊文学は泥臭かったし、もっと必死だったんじゃないかって。そんなことを思っていた時に、モーンというバンドと出会ったんです」

モーンの2018年作『Sorpresa Familia』収録曲“Fun At The Geysers”
 

――スペインのガレージ・ロック・バンドですね。

「モーンは私たちと同い年くらいなんですけど、彼女たちの音楽を聴いた時に〈もともと私たちもこれくらいにストレートな音楽をやってたはずなのに、最近はちょっと気取りすぎてたな〉と思って。それで作った曲が“ドラマ”なんです。だから、今回はけっこうパンク精神というか、そういう気持ちで選曲していく感じでしたね。

あとはもう、一枚を通してしっかり聴いてもらえるものにしたいなって。こうして自分の作品を作るときは、何かひとつ大きなテーマがあって、通して聴いたときに大きな物語が伝わるようにしたいな、みたいなことをいつも考えてるんです」

 

学生時代がもうすぐ終わるということを強く意識してました

――では、今作『若者たちへ』ではどんなテーマを設けたんですか。

「テーマは〈夏〉ということ。あと、学生時代がもうすぐ終わるということを強く意識してました。自分の若者時代をちゃんと記録しておきたいし、聴いてくれた人にもその人が若者だった頃を思い出したりしてもらえたらなって」

――〈若者〉という言葉はアルバム・タイトルにも使われていますよね。より具体的にいうと、塩塚さんはどんな人たちのことを〈若者〉と呼んでいるのでしょうか。

「どうなんだろう。個人的には大学生くらいの人を若者と呼ぶのかなと思っていて。そういう年頃の人たちって、まだ青さが残っているというか、いろいろ考えてるし、たくさん失敗もするじゃないですか。

だから、私はいまそういう時期を生きている身として、そういう誰にでもある青春みたいなものを、缶詰にしておけたらなって。それが年下の子たちがこれから迷ったときの支えになったりしたら嬉しいし、年上の人たちにもそういう時期の気持ちを思い出してもらえたらなって」

――そのアルバムの1曲目が“エンディング”というのも、とても示唆的に感じました。

「“エンディング”はライヴでもよく1曲目でやってるし、ドラムの音からアルバムが始まるのもいいんじゃないかなって。単純に〈エンディングで始まる〉というのもいいなと思ったし、自分が生きてきた時間を一度ストップさせて、ここからアルバムの世界に入ってもらえたらいいな、みたいなことも考えてましたね。“エンディング”ですけど、ちょっとプロローグみたいな意味合いというか」

――テーマに沿って選曲したということは、すでに曲のストックがあったということなのでしょうか?

「そうですね。私たちはいつもアルバムのためというよりは、〈次のライヴではどんな曲やろうか?〉みたいなところから曲を作っていて。そこでストックされた曲から、今回の〈夏〉というテーマに合うものを選んだ感じです」

――ということは、曲を書いた時期もけっこうバラバラ?

「そうですね。“天国”と“絵日記”は大学1年生のときにつくった曲で、“ドラマ”と“天気予報”は今年。“RED”は去年の夏ですね。“若者たち”と“エンディング”は2年前かな」

 

その時々でいろんな声が作品に入ってるのも大事かなって

――今作はプロダクションもおもしろいですよね。“天国”では電話の着信音が鳴ってたり。

「“天国”はけっこう遊びどころだと思っていて、自主制作盤に入れた時も、新宿駅の改札前でサンプリングした音を使ってたんです。たとえば高木正勝さんみたいな、いろんな音を重ねた音楽も私は大好きなので、そういう録音でしかできないこともやりたいなって」

――“ドラマ”のデス・ヴォイスにもびっくりしました。

「あはは(笑)。羊文学の曲にデス・ヴォイスが出てくるとは、きっと誰も思わないだろうなって。あとはミツキさんの曲にもああいう声が入ってたから、それもちょっと頭にありましたね。“ドラマ”は曲調も激しいから、もがき苦しんで〈わー!〉ってなってる感じを出したいなって」

――あの声は誰なんですか?

「BOYという古着屋のトミーさん(奥冨直人)にお願いしました。作品にはそのときに仲がいい人たちの声を入れておくのもいいなと思っていて。それこそバンド・メンバーも変わったりしてるし、その時々でいろんな声が作品に入ってるのも大事かなって」

――その時々のバンドを取り巻く状況を作品にも刻んでおこうと。

「そうですね。今回はCDのボーナス・トラックにも、私の友達でいま女優を目指している子の声が入ってて。彼女は、私が〈バンド、もう無理かも〉みたいになってた時期にいちばん励ましてくれた、本当に大切な友達なんです。

だから、これはもう完全に私事なんですけど、このアルバムで歌っていることはすべて自分が生きてきたなかで感じたことだし、ここは気を張らずにその時々の自分を刻んでいけたらなって」

 

間口の広さと過剰さを合わせていくのが羊文学だと思ってます

――歌詞の一人称が曲によってけっこう変わりますよね。ここにもなにか意識していることがあるのでしょうか?

「単純に〈僕(ぼく)〉は2文字で発音もいい感じだから、〈私〉よりも入れやすいっていうのはあるかも。でも、やっぱり私自身の一人称は〈私〉だから、ちゃんとそういう曲も書きたいと思って。“涙の行方”とかはそうですね。それに私、男の子に負けたくないと思ったところからバンドを始めたようなところもあるので」

――なにかそういう気持ちにさせられる出来事があったのですか?

「中学生の頃、地元のバンプ・オブ・チキンが好きな男の子たちとバンドをやろうとなったときに、〈お前は女だからダメ〉と言われたんですよ。そのときに〈いつか絶対にこいつら見返してやる!〉と思ったんです(笑)。私にも男の子がやってるような音楽はやれるし、女とか男とか、関係ないじゃんって。

なので、私にはそういう男勝りなところもあるんですけど、一昨年くらいにCHARAさんの音楽を聴き始めて、〈こんなふうに女性らしさを前面にだせる人もいるんだな〉と思って。それで私もその時々で女らしさを出せるようにはなったのかな。でも、中学生の頃はなにも知らなかったから、〈そんなのぶち壊してやる!〉と思ってました(笑)」

――これからファースト・アルバムをリリースして、もうすぐ大学の卒業も控えている。きっといまの塩塚さんはいろんな節目を感じている時期だと思うんですが、これから自分の音楽はどんなふうに変わっていくと思いますか。

「具体的なことはまだ何もわからないけど、楽しんでいくことを忘れずにやっていきたいですね。今回だったらモーンとか、前作はペイヴメントとか、その時々の自分がハマってる音楽を受け止めながら、自分がやりたいことを正直にやっていきたいです。それこそ音楽は世界中にたくさんあるから、幅広くいろんなものを聴いていきたいし」

――プログレの複雑さに惹かれたり、大きな音を重んじていたり、塩塚さんにはどこかで音楽に過剰さを求めているところがありますよね。一方で、羊文学の楽曲にはポップスとしての間口の広さもある。そのバランスについては、どう考えていますか。

「その間口の広さと過剰さを合わせていくのが、羊文学だと思ってます。私個人としては、もっと変なことをやる局面があってもいいと思っていますけど、羊文学の曲に関しては、とにかくいろんな人に聴いてもらいたい。

それが〈こういう音楽があるんだ〉みたいな気づきになってくれたら嬉しいし、私が普段聴いているような国内外のおもしろいバンドに興味を持つきっかけになれたらいいなって。いまはそんなことを思いながらやってますね」

 


Live Information
〈1stアルバム『若者たちへ』リリース記念ワンマンライブ『“わたしたち”へ』〉

8月20日(月) 東京・代官山UNIT
開場/開演:18:00/19:00
前売り:2,800円(ドリンク代別)
ぴあ(P:118-606)、ローソン(L:76257)、e+
※小学生以下のご入場不可
(SMASH) 03-3444-6751 smash-jpn.com

関連アーティスト