2018.10.02

トリオ名義では6枚目となる4年ぶりのアルバムが到着。大きな変化は作曲過程でラップトップを導入した点で、バンドにモダンな感覚がプラスされている。壮大&派手だったり、緻密だったりするエレクトロニックなアレンジも要所で挿みつつ、全体的にはラップやギター・ソロを抑えて歌に重きを置き、アルバム・タイトルの通りに郷愁感を煽ってくるという、従来の魅力と新機軸が違和感なく溶け込んだ出来映えだ。

関連アーティスト