INTERVIEW

黒田卓也、馬場智章(J-Squad)『J-Squad』 全曲メンバーが書き下ろした新曲で臨むセカンド・アルバム

左から小川慶太、中村恭士、大林武司、馬場智章、黒田卓也

全曲メンバーが書き下ろした新曲で臨むセカンド・アルバム

 ニューヨークで活躍する日本人ジャズ・ミュージシャンによるJ-Squadの黒田卓也(tp)と馬場智章(ts)に話を訊いた。前作『J-Squad』が出た2016年は、ちょうど黒田のソロ『ジグザガー』がリリースされた年であり、馬場がニューヨークに渡った年でもある。

 「それぞれ忙しくて殆ど集まれないんで、『J-Squad』は如何に短時間で仕上げるかが勝負でした。プロダクションやアレンジに時間もかけられないので、個人の演奏能力、作曲能力に頼る形でしたね。往年のジャズの録音スタイルだと思います」(黒田)

 結果、『J-Squad』はストレートにジャズを演奏するアルバムに仕上がった。それに対して『J-Squad II』はかなり楽曲のヴァリエーションが豊富だ。

J-Squad J-squad II ユニバーサル(2018)

 「前はTV番組のテーマ・ソングありきだったので、似た感じの曲でまとまってもいたんですが、今回はそれぞれがやりたい曲を持ち寄って作ったんです」(馬場)

 黒田は現在自分の新しいソロの制作を進めている。『ジグザガー』では参加したプレイヤーの解釈に委ねず、デモの再現を徹底させて制作した。

 「そこから、いまは自分だけでどこまでできるかをやっているんです。スネアを自分で叩いたり。エンジニアと二人だけで一日過ごしてます。自分でどこまで出来るか、挑戦したいんです」(黒田)

 『ジグザガー』の時は参加ミュージシャンがデモをリクリエイトしてライヴ感を生んでいたが、より自分のプロデュースを徹底させたいようだ。

 「バンドで作り込んでからツアーに出て、そしてスタジオに入る時にはもう出来上がっている。それが昔のジャズですけど、いまはマーケットのせいで全部逆になって、アルバムがまずないとツアーに行けない。スタジオで録音してからツアーに出るので、ツアー終わる頃には内容も変わっているんです」(黒田)

 ツアーが終わった時にバンドが一番良い状態になる、その状況に抗うために、まず自分の納得のいくものを最初に作る。それが自分一人で制作することに拘った理由なのだという。J-Squadはそれとは対照的に作られたが、その良さももちろんある。

 「J-Squadではそれぞれの違いを分かった上で自分たちで解釈してベストを出す、ある意味訓練の場所でもあるんです。うまくいっていたり、いかなかったり、そこも含めてJ-Squadだと思うし、楽しんでもらえるところだとも思うんです」(黒田)

 「今回はみんなの良さを引き出すように自分は作曲しました。誰にでもできる曲じゃなく、このメンバーでやるからこそなので、そこをぜひ聴いてほしいです」(馬場)

 


LIVE INFORMATION

“J-SquadⅡ” Release Tour 2018

○11/29 (木)札幌 Zepp Sapporo
○11/30 (金)Billboard Live OSAKA
○12/1   (土)名古屋 ウインクあいち 大ホール
○12/2   (日)仙台 LIVE DOME Star Dust
○12/3   (月)福島・いわき club SONIC iwaki
○12/5   (水)東京 ブルーノート東京
○12/6   (木)長野 バックドロップ
○12/7   (金)群馬 高崎シティギャラリー コアホール
○12/8   (土)茨城・ひたちなか BRICKS HALL
○12/9   (日)広島 広島国際会議場 フェニックスホール
○12/11 (火)岡山 Cafe SOHO
○12/13 (木)佐賀 LIVEHOUSE SAGA RAG-GL
○12/14 (金)佐世保 アルカスSASEBO イベントホール
○12/15 (土)熊本 Navaro
○12/16 (日)福岡ROOMS

www.universal-music.co.jp/j-squad

pagetop