INTERVIEW

Re:vale 『Re:al Axis』 保志総一朗と立花慎之介に訊く、ファースト・アルバムと〈アイドリッシュセブン〉の魅力

Re:vale 『Re:al Axis』 保志総一朗と立花慎之介に訊く、ファースト・アルバムと〈アイドリッシュセブン〉の魅力

魅力溢れる数多くのアイドルが活躍するスマホ向けゲーム〈アイドリッシュセブン〉。今年はアプリゲームのほかにもTVアニメ、ドーム会場での初ライヴなどが実現した。そんな〈アイナナ〉に登場する先輩アイドル、百(モモ)と千(ユキ)のグループ〈Re:vale〉がリリースする待望の1stアルバム『Re:al Axis』の魅力に迫る。

Re:vale Re:al Axis バンダイナムコアーツ(2018)

――Re:valeとして初のアルバムをリリースする今のお気持ちは?

保志総一朗(以下、保志)「ようやく〈アイドリッシュセブン〉の一員になれた気分です(笑)」

立花慎之介(以下、立花)「先輩だけど後発のグループですからね」

保志「僕はもともとずっと前から現場で〈アルバムを出したい!〉って言っていたんですよ。なので〈よしっ、ついに来たぞ!〉と」

――それだけに新曲含めて一枚になった手応えは大きそうですね。

保志「曲調やジャンルもそれぞれ全然違うし、それを改めて一枚のCDにしてとなるとまた感じ方も違いますよね」

立花「曲順もすごく練られているんですよね、すごくライブ的というか。勢いのある曲が続いて、中盤で落ち着いて、最後は作品内で最初に登場した“SILVER SKY”が来る。僕らとしてはパーフェクトなアルバムです」

――また新曲の、水野良樹さん(いきものがかり)が手がけた“激情”は、歌謡曲的なテイストがRe:valeにとっては新鮮でした。

保志「いきものがかり節というか水野節が感じられる、普遍的なカッコ良さというあらたな血をRe:valeに注入してくれました」

立花「これまでの楽曲とは違うメロディラインというか、アーティストの楽曲という感じがします。その難しさはありましたね」

――もう一曲の新曲はディスコ調の“星屑マジック”。

保志「これもまた今までとまた違うスタイリッシュさがある曲ですね。肩の力を抜いて大人の余裕を感じさせるオシャレさがある」

立花「リズムとしては縦ノリなんですけど、そういう意味でも新しい。また新しい視点をRe:valeに与えてくれる新曲だなと」

――改めて2018年はおふたりにとってどんな年でしたか?

保志「ゲームはもちろん、僕らはまだ声では登場してないんですけどTVアニメもあって、常に〈アイドリッシュセブン〉と共にRe:valeも現在進行形で活動しているなと。なかでもやっぱり夏のライブが強烈な印象ですよね」

立花「〈アイドリッシュセブン〉そのものが一気に飛躍した年で、ゲームやアニメ、声優のシーンを超えて認知を得た一年じゃないかなって感じますね。そうじゃなかったらライヴも、ライヴビューイング合わせて2日で12万人なんて人を集められないですよ」

――TVアニメ2期も予定されていますね。今後の展望は?

保志「TVアニメ2期では満を辞してのRe:valeの本格的な登場もあるだろうし、ゲームの第4部も控えてるし、もちろんまたライブもやりたいしね」

立花「Re:valeもアルバムのあともリリースを重ねられたらうれしいですし、来年もいろいろありますけどそれをしっかりやりつつ、1年後に今年の漢字が〈七〉とくれば完璧(笑)。そこまでの社会現象になれるように頑張りたいですね」

関連アーティスト
pagetop