INTERVIEW

柴田聡子が〈全員幸せになるぞ〉と決意した新作『がんばれ!メロディー』

歌の変化とバンド〈inFIRE〉のグルーヴを語る

柴田聡子が〈全員幸せになるぞ〉と決意した新作『がんばれ!メロディー』

柴田聡子のニュー・アルバム『がんばれ!メロディー』が素晴らしい。冒頭曲“結婚しました”やカラフルなミュージック・ビデオも話題を集めている“涙”を筆頭に、ポップにハジけた楽曲がズラリと全13曲。すべての楽曲に外向きのエネルギーが溢れるその内容は、化粧っ気のない初期作品を知る方には驚きを持って迎えられるだろう。また、文筆家としても精力的に活動するなど〈言葉の人〉というイメージの強かった彼女の、ヴォーカリスト/ソングライターとしての魅力も開花。しなやかな歌唱とグッドメロディーが全編に散りばめられている。

近年の柴田はイトケン(ドラムス)、かわいしのぶ(ベース) 、岡田拓郎(ギター)、ラミ子(コーラス)を中心とするバンド、柴田聡子inFIREとしてもライヴを重ねてきたが、今回のレコーディングにはそのメンバーも参加。アルバムに豊かなグルーヴをもたらすと同時に、彼らとの共演によって、リズムに対する柴田自身の意識も変わったという。

5作目のアルバムにして、シンガー・ソングライターとして一皮も二皮も剥けた柴田聡子。その変化をもたらしたものとはいったい何だったのか。イ・ランとのコラボレーション・アルバム『ランナウェイ』もリリースされるなど、一段と活動のギアを上げている柴田にじっくり話を伺った。

柴田聡子 がんばれ!メロディー Pヴァイン(2019)

投げっぱなしはやめて、コミュニケーションをしたい

――今回の新作『がんばれ!メロディー』は、いままでの柴田さんのアルバムのなかでもっともポップな作品になりましたが、そうした方向性の萌芽は前作『愛の休日』(2017年)からありましたよね。あのアルバムにもまた、すごく開かれた印象がありました。

「確かにそういう意識は前作から強くありましたね。思っていることを伝えようと思ったら、頑張って伝えていかないといけない。音楽だけじゃなくて、コミュニケーションについてもそういうことを考えるようになりました。〈伝わる人にだけ伝わればいい?〉みたいに言われることがよくあるんですけど、そんなことは全然なくて」

――〈伝えたいこと〉とは、例えばどういうことなんですか?

「どんなことでもいいんですよ。もちろんその内容を正確に理解してもらうのは無理だとしても、それを一度受け取ってもらって、それに対して反応してもらうというコミュニケーションをしたくて。投げっぱなしはやめにしたいんです。でも、前のアルバムでは、私の意識のあり方で、音楽的にそこまでいけなかった」

――前のアルバムには山本精一さんや岸田繁さんがプロデューサーとして参加されていましたが、山本さんと岸田さんから学んだことも多かったんじゃないですか。

「山本さんと岸田さんからはまったく別のことを教わった気がします。岸田さんからは曲をアレンジするということ、録音物として完成させていく、その過程がこんなにも楽しいことなんだ、ということを学びました」

2017年作『愛の休日』収録曲“ゆべし先輩”。プロデュースは岸田繁
 

――それまで曲のアレンジやレコーディングは楽しい作業ではなかった?

「追われる作業というか、〈とにかく終わらせないといけないもの〉という感覚でした。曲を仕上げていくという作業がこんなに豊かなものなんだということを教えてもらったんです。

山本さんは……なんて言えばいいんだろう、音楽って基本的に謎のものだと思うんですけど、謎を謎のままやっていく楽しさを教えていただいてる感じがあります。山本さんとは前の前のアルバム(2015年作『柴田聡子』)で一枚丸々ご一緒させていただいたのと、その曲でベースを弾いてくださった須藤俊明さんもずっと前から演奏してくださっていたので、それを踏まえておおらかにやれたと思います」

2015年作『柴田聡子』収録曲“ニューポニーテール”。プロデュースは山本精一

 

文筆業はしっちゃかめっちゃか、毎回傷だらけ

――2016年に詩集「さばーく」を発表以降、「文學界」で連載「きれぎれのハミング」を始められて、文筆家としても忙しくなってますよね。執筆活動についてはどういう意識でやってるんでしょうか。

「そうですね……崖っぷちみたいな感じというか(笑)。音楽もあいかわらずうまくならないけど、それ以上に文章は初心者なので、話をいただいたら一生懸命書くしかできなくて。そのなかで発見や実験はあるんですけどね」

――例えば?

「例えば、文章でなら自分はちょっとエモーショナルにいけるし、意外とそれがウケるなとか(笑)。あと、エッセイはちゃんと感情を書いたほうが伝わりやすい感じがします。音楽にしても文章にしても、コミュニケーションだと思いますしね」

――そういう意味では、音楽活動と執筆活動は繋がっているという感覚?

「うーん、どうだろう。書くことは音楽以上に〈どうしてこんなことになっているのかわからん〉みたいなところがあるので……小さい頃から作文がとにかく苦手で、恐怖すらあったんですよ。そんな私が文章を書くことになるとは思わなかった」

――執筆は辛い作業でもある?

「いや、もちろん楽しい作業ではありますよ。文章はいろんなリズムを試せるので楽しくて。けれど、登り方がわからないからしっちゃかめっちゃかで、毎回傷だらけって感じです(笑)。音楽についてはもう少しだけ登り方がわかってるので、傷少なめという」

――執筆活動をするようになってから、書く歌詞に変化はありました?

「自分としては意識してなかったんですけど、一曲の歌詞が長くなりましたね、そういえば。今までは2分半ぐらいの曲が多かったんですけど、今回は4分以上の曲も多くて。なぜだかわからないんですけど」

――伝えようと思ったら、それぐらいの曲の長さが必要だった?

「いやー、どうでしょう。時間の感覚が長くなってる感じがしますね。文章を書くときは毎回手書きで始めるんですけど、それをパソコンに起こすんです。そのほうがノリがよくて。エッセイにしても歌詞にしても、書いていて〈気持ちいい〉っていう感覚がないと、あんまり楽しくないんですよ。これからいろんな方法が出てくると思うんですけど、いまのところは手書きで始めるのがいちばん気持ちいい」

 

全員幸せになるぞ

――今回の新作についてなんですが、まず、『がんばれ!メロディー』というタイトルはどこからきたんでしょうか。

「前作を作り終えたあと、演奏してくれた方々やプロデュースのみなさんの仕事ぶりを見ていて、心底すごいことをやってもらったなと思う一方で、自分は頑張りきれなかったという感覚があったんですね。メロディーを作ることもそうだけど、歌うこと・メロディーを伝えることももう少し意識的に頑張れれば、もっといいアルバムができるんじゃないかって。今回のアルバムを作るうえで、『がんばれ!メロディー』という言葉をテーマとして考えていたんです」

――柴田さんはどちらかというと〈言葉の人〉というイメージがあったんですが、今回はよりメロディーに対して意識的になったわけですよね。このタイトルがそうした意識の変化を象徴している感じがします。

「言葉というより、気持ちを重視してきたという感じはありますね。でも、気持ちって伝わりにくいし、変わりやすいものでもある。それをそのまま吐き出すだけというよりは、物理的にメロディーや音のほうがよく伝わりやすいのではという思いもありました」

――今回のアルバムですごく感じたのは、柴田さんの声の強さだったんですよ。以前は独り言みたいな部分もあったけど、先ほどもお話されていたように、〈伝えたい〉という意識がよりはっきり伝わってくる声ですよね。

「最近、歌うのが楽しくて(笑)。一昨年ぐらいからデカ箱で立て続けに歌姫のライヴを観たんですよ。ローリン・ヒルに始まり、去年は安室(奈美恵)ちゃんと宇多田ヒカルを観て、〈歌ってこんなにもみんなで楽しめるものなんだ〉っていう驚きがあった。〈歌い手の端くれとして、私もやるぞ!〉という気持ちが湧き上がってきたんです。〈全員幸せになるぞ〉っていう」

――おおー。

「〈勝手に幸せになるぞ、私もみんなも勝手に幸せになるぞ〉って。それだけを旗印に頑張っていこうと思うようになりました」

――まさか柴田さんからそんな言葉が出てくるとは。

「私、年とったのかな(笑)。怖いものがどんどんなくなってきてるんですよ。たまに不安で泣いたりもするけど……あはは」

 

柴田聡子inFIREでやるべきこと

――〈inFIRE〉というバンドとの活動はどれぐらいやってるんですか。

「前作のレコ発が初めてのライヴだったので、3年ぐらいは一緒にやってますね。最初はどついたるねんの浜公氣さんとDaBassさんがリズム隊だったんですけど、いまはかわいしのぶさん(ベース)とイトケンさん(ドラム)にやってもらってます。

ファーストの頃からバンド編成ではやってきたし、周りに素晴らしいミュージシャンがたくさんいたんですけど、自分の意識が追いついてなかったんです。ここ最近でようやく自分も意識的になれて、自分が誰かと演奏するうえでやるべきことがわかってきたんでしょうね」

柴田聡子inFIREの2018年のライヴ映像
 

――今回のアレンジは具体的にどうやって進めていったんですか。

「レコーディング以前にライヴでやってた曲もあるんですけど、まずバンドでプリプロダクションに入って、曲を触ることから始めました。全曲バンドでやると決めていたわけでもなかったので、そのへんは柔軟に考えつつ、迷ったらメンバーに訊いてみる。とにかくみんな受け入れてくれるので、素直にそれに甘えつつ、嫌われるかもとひやひやしつつ、私はワガママに投げまくる感じでした」

――そういうやりとりもまさにコミュニケーションですよね。伝えるために、どういう言葉を選ぶか。冒頭で話した〈伝えること〉に通じる話というか。

「そうですね。以前はそういうコミュニケーションを避けてた部分もあったと思うんですよ。私自身が必死すぎて楽しむ余裕もなかったというか、音楽的な素養もないから発言する勇気もなかった。

今回はそういうやりとりも楽しみつつ、じっくり検討するところまでやれたと思います。思ったことを言っても大丈夫だし、頑張って伝えれば、自分の頭のなかにあったことも案外形になるんだなって。そこを諦めちゃいけないんだなと思いました」

 

『がんばれ!メロディー』のグルーヴの秘密

――“心の中の猫”や“佐野岬”などの楽曲では、バンドのグルーヴが軸になってますよね。いままでの柴田さんの音楽においてグルーヴはそれほど重視されてこなかった印象があるんですが、前作あたりから重要な要素になってきた感じがあります。

「うん、そうですね。“佐野岬”は〈歌詞の意味がわからない〉とメンバーから言われたんですけど、それを説明したら、イトケンさんとしのぶさんが〈へえ、そういうことだったんだ〉って理解してくれて、曲としてすごく好きになってくれたんです。少し恥ずかしい言葉ではあるけれど、改めて〈思い入れ〉を持ってくれるようになったんです」

――それによってこういうグルーヴが生み出された、と。

「そうそう。機械よりも人間のほうがグルーヴが生まれやすいと思うし、グルーヴって人間がいるだけで、その人がちょっとでも何かを思って演奏するだけで高まるものだと思うんです。“佐野岬”はそういうことが実際に起きた曲だと思います」

『がんばれ!メロディー』収録曲“涙”
 

――もともと柴田さんが曲の原型を作った段階で、こうしたグルーヴの要素はあったんですか。

「入れたいとは思ってました。今回のアルバムではすべての曲をエネルギッシュでグルーヴィーなものにしたくて、いくつかの曲では、メンバーには〈倍でリズムを感じてください〉ということを伝えていたんです。16(ビート)のグルーヴを8(ビート)で表現するのが大事だとも思ってました。ベーシックを演奏してくれたイトケンさんとしのぶさんと岡田さんはまさにその感覚を形にしてくれたと思います」

――いくつかのリズムや拍子の感覚が共存する、立体的なリズムの捉え方ということですよね。トラップだったら、BPM 60~80のビートのなかにその倍であるBPM 120以上のビート感覚が入ってるみたいに。

「そうですそうです。何年か前、とあるレゲエのミュージシャンから〈ひとつのリズムを倍で取る練習をしたほうがいい〉と言われたことがあったんですけど、そのときは意味がわからなかったんですよ。いまだったら意味がわかるんです。倍で取ることによって、2段階、3段階上のグルーヴが生まれるという」

――そうなると、自然に歌も変わってきますよね。

「そうですね。歌によって自由にリズムを刻めるんだなということがわかりました。あるリズムに対して前めに歌っていくか、後ろめに歌っていくか決める際、以前だったら歌も他の楽器と一緒にいることが大事だと思ってたんですよ。

でも、私はそんなに歌がうまくないので、実際に歌ってみると私だけ取り残されることがあって。しのぶさんは〈それがバタヤン(柴田)のおもしろいところなんだよ〉と言ってくれたんですけど、そうやって人それぞれのグルーヴがあって、それでこそ成立するものがあるんですよね。歌うことに気後れしなくなりました」

『がんばれ!メロディー』収録曲“結婚しました”
 

――それにしても、本当に絶妙なバンドですよね。かわいさんのよく動くベースとイトケンさんのどっしりしたリズムが中心にあって、岡田さんのギターとラミ子さんのコーラスが色合いを加えていくという。

「ねえ、本当に。自分でもそう思います(笑)」

 

むっちゃ楽しいロック・ショウをやりたい

――2月頭にはイ・ランとのアルバム『ランナウェイ』もリリースされましたね。レコーディング自体は2016年12月に終わっていたそうですが、新作とほぼ同タイミングでリリースされることになったのはたまたま?

「そう、たまたまなんですよ。ずっと出したかったんだけど、なんとなくこのタイミングで出ました。お互い〈早く出そう!〉っていう気持ちもあったけど、忘れられないうちに出そうという」

――イ・ランも柴田さんと同じように〈言葉の人〉っていうイメージを持たれがちですけど、このアルバムを聴いていると魅力的な声の持ち主であり、優れたメロディー・メイカーなんだなということを再認識させられました。

「うん、私もそう思いますね。イ・ランとはもうバディって感じ(笑)。彼女は良い・悪いの判断がはっきりしてるんです。私がコード進行を考えていって、ちょっとこしゃくなことをしたら、〈もうちょっと違うの、ない?〉ってはっきり言ってくれる。でも、〈これはいいね〉というポイントが一緒で、そういう部分でも気が合うんだと思います」

イ・ランと柴田聡子の2019年作『ランナウェイ』収録曲“Run Away”
 

――ちなみに、こちらのアルバムに入ってる“おなかいっぱ~いです”ってパンソリ(韓国の伝統的な語りもの芸能)の歌唱法を意識してるんですよね?

「……パンソリ?」

――イ・ランはパンソリを勉強していて、いずれ自分の歌にもパンソリのスタイルを持ち込みたいと話していたので、〈本当にやってる!〉と興奮したんですよ。

「全然知らなかった。知らないうちに乗せられていたのかも(笑)。ツアー中に美味しいものを食べたので、それについて歌ったものをボーナス・トラックみたいに収録しようということになったんですよ。このリズムなんかはイ・ランが考えたので、もしかしたらパンソリを取り入れようとしていたのかもしれないです。イ・ランはそうやって巻き込んでいくのが上手なんですよ」

――このあとバンドでの初ツアーが控えているわけですが、ツアーに向けてはいかがですか。

「グルーヴを上げて、むっちゃ楽しいロック・ショウをやりたい……という気持ちを持ってます(笑)」

――でも、気持ちが大事ですよね。

「そうそう、気持ちが大事。以前からバンド編成で大きな場所でライヴをやるときはDUB MASTER Xさんに(PAを)やってもらっているんですが、今回もやってもらいます。あとは……告知を頑張ります(笑)」

 

次ページ柴田聡子が考える〈未来ノ和モノ〉とは?
関連アーティスト
pagetop