INTERVIEW

TWICE 『#TWICE2』 セカンド・ベストについてメンバー・コメント到着!

TWICE 『#TWICE2』 セカンド・ベストについてメンバー・コメント到着!

TWICEのセカンド・ベスト・アルバム『#TWICE2』のリリースを記念して、タワーレコードではフリーマガジン〈TOWER PLUS+〉の臨時増刊号 〈別冊TOWER PLUS+〉を発行! その中面に掲載されたメンバー・コメントを特別掲載いたします。別冊TOWER PLUS+は、タワーレコード全店にて3月6日(水)開店時より配布中!
※タワーレコードオンラインは除きます。※別冊TOWER PLUS+は無くなり次第終了となります。※天候や交通事情により入荷が遅れる場合がございます。

TWICE #TWICE2 WARNER MUSIC JAPAN(2019)

ナヨン

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「“What is Love?”についてなんですけど、このMVの撮影は、みんなで楽しみながらやることができました。“What is Love?”のMVは、他のMVと違ってメンバーごとに与えられたキャラクター、役というのがはっきりとあったんですね。その役を、現場で各々が演技をしながら再現していくのがやってて楽しかったです。レコーディングで印象に残っていることは、歌入れのときにスタッフさんに〈ミュージカルっぽく歌ってみて〉というアドバイスを受けてこの曲を歌ったことですかね」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“What is Love?”ですね。このMVは全体的にすごく面白いんですけど、そのなかでも、私が変身するところがあるんですね。そこが、個人的には好きです」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「やはり発音ですね。特に高音を歌うときは、発音が上手にできなかったりしがちなので、そこはとても気を付けてます」

サナ

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「ええっと……。MV撮影のとき、“What is Love?”の日本語の歌詞がするすると出てきたな、という記憶を最近思い出しました」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“What is Love?”ですね。メンバー一人一人がいろんな映画をパロディーさせていただいたんですけど、私とツウィちゃんがペアでひとつの映画をパロディーした時、背景にいる観客が〈TWICE〉になってるんですよ。メンバーみんながやりたい放題になっているので(笑)撮影する時も楽しかったですし、今MVを見るのも、当時を思い出して楽しくなります」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「初めて日本語でレコーディングした時はレコーディングスタッフさんにいろいろアドバイスをいただきました。普段から関西弁でしゃべったりするので〈発音はちゃんとしてね〉とか、あまり口を動かさない感じで歌ったら、〈もうちょっと口を動かしてほしい〉とか。〈歌い方のポイントって、日本語でもまた別にあるんだな〉と思いました。韓国語だと自然にしゃべっている感じで歌うことをアドバイスされるので。でも、やっぱり日本語でのレコーディングだと素が出てしまって、つい関西弁トークのノリで歌っちゃいます(笑)。これは日本人メンバー3人の共通点だと思います」

 

ダヒョン

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「“Dance The Night Away”は、TWICE初のサマーソングなので、とても意味があると思います。それに、夏ということで海で撮ったんですよ。海をバックに踊るんですけど、そのシーンが一番可愛かったと思うし、ファンのみなさんも気に入ってくれたみたいです」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“What is Love?”です。なぜかというと、一人一人が自分のキャラクターに合わせて演技するから。メンバーが演技する姿もすごく可愛いし、1秒1秒ごとに名場面があるので、瞬きする間もなく、ずっと一瞬も逃さず見てしまうようなMVなんですよ。撮影の時も面白かったんですよ~」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「韓国語でレコーディングするときは〈この部分が違うな〉とすぐわかるんですけど、日本語でのレコーディングは、正しいのか間違っているのか、わからないじゃないですか。それでスタッフの方々に聞いてもらったりして、発音に一番気を使いました」

 

ジョンヨン

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「印象に残っているのは“Dance The Night Away”ですね。レコーディングに関しては、私は英語で歌う部分が多かったのでスムーズにできたかな?と思います(笑)。MVは沖縄に行って撮影したんですけど。とにかく暑くて(笑)。ただ立ってるだけなのにダラダラ汗が出てきて止まらないんですよ! 私の人生のなかで一番暑い経験でした。その暑さに耐えての撮影だったんですけど、実際にMVを見たときはすごく綺麗で爽やかに仕上がっていて。映像を見ただけで〈夏だ!〉って思いました」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「私は“What is Love?”です。TWICEとしては初めて映画のパロディーみたいな要素を入れた作品なんですけど。最初はこれがMVになったらどうなるんだろうと私は思ってたんですね。すごくコメディーっぽく見えたり、逆にすごくシリアスに見えてしまったら、ファンの人たちはどう思うのかなとか正直いろいろ考えてしまってたんですが、仕上がったMVにはそれらの要素が本当にバランスよく入ってて。ファンのみなさんもすごくいいって言ってくれて、周りの反応もよかったのでとても安心しました。このMVを見てると、あっという間に見終わっちゃうんですよね。それぐらい、映像にのめりこめる印象深い作品になりました」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「やっぱり一番気を使うのは発音ですね。発音がとても難しいのが〈つ〉や〈ず〉ですね。あとは〈と〉。韓国には同じ〈と〉でもいろんな発音の仕方があるので、それを間違えないように気を付けています」

 

ジヒョ

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「“Heart Shaker”をレコーディングした時ですね。この曲はキーがすごく高いんです。話にならないくらいの高音で歌わなきゃいけないので、とにかく大変だったのを憶えています。MVでは、スーパーを背景にしたシーンがあるんですけど、そこに小道具としてお菓子がいっぱいあったので、撮影の合間にメンバーたちがお菓子の袋を開けて食べちゃったこともありました(笑)」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“Dance The Night Away”です! 理由は海が大好きだからです!」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「発音ですね。外国人が日本語で歌う場合、より正確な発音で歌うことを求められるので、そこはすごく気を使いますね」

 

チョエン

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「“Heart Shaker”のMVで初めて、最初から最後まで振付が全部映る、というコンセプトで撮影したんです。最初から最後までダンスシーンのMVは初めてだったので、それが面白くもあり、大変でもあったんですけど、みんなでファンのみなさんの反応を見て驚きながらも嬉しかったのを覚えています」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“What is Love?”です。MVはいつもキャラクターを決めて、それを自分だけのカラーで表現していくという作りなんですね。そういったものを、みなさんが面白いと思ってくださるようです。もちろん演じている私たちも面白いんですけど。そういう部分で“What is Love?”は映画をパロディーにして面白く仕上がっていますし、何度見ても楽しいです」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「わかりづらいところはモモさん、サナさん、ミナさんに〈こんな風で大丈夫?〉と聞いていました。やっぱりいつも一緒にいるので、一番質問しやすい先生です」

モモ

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「“LIKEY”のMVはカナダで撮ったんですけど、スタジオだけでなく外やお店などいろいろなところで撮りながら移動をたくさんしたので、今までのMVの中でも印象的なMVなんです。その時、韓国語バージョン、日本語バージョンの両方を撮っていて。いろいろつまった時間の流れが新鮮?で、楽しかったです(笑)」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“Dance The Night Away”。沖縄で撮影したんですけど、途中雨が降ったりとか、終わったあと、みんなで海で遊びながら泳いだりして、一日中楽しく撮影した記憶があります。また行きたいなあ……」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「(日本語は自然過ぎて関西弁トークのまんまで歌っちゃう(笑)。多分日本人メンバー3人共通点だと思う、というサナの話を受けて)うん(笑)、ほんまそんな感じです」

 

ミナ

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「私は“YES or YES”が印象に残ってるんですね。まず、レコーディングに関してなんですけど。“YES or YES”はイントロの部分で初めてナレーションをやりました。英語なので、最初はすごく恥ずかしかったんですよ(照笑)。ナレーションをどういう感じでやったらいいのかは、〈ここはこういう感じですか?〉、〈このほうがいいですか?〉ってスタッフさんと話しながら、いろんなバージョンを試して。ここの部分だけでも、何回もレコーディングしました」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「私は“What is Love?”のMVが一番好きです。このMVは、メンバーたち一人一人がちゃんと見えるんですよ。一人一人にスポットライトがあたってて、なおかつ映画のパロディーなんでいろんなストーリーが組み合わさって出てくるんですね。そういうところも楽しくて好きです」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「今回収録した曲は、もともとは韓国で出した曲なんですね。韓国語には〈パッチム〉というものがあって、アクセントをつける発音が多いんですけど。日本語は発音自体にアクセントがあるものがあまりないじゃないですか? なので、私は普通の日本語の発音よりもアクセントの強弱を意識的に強く入れて歌いました。日本語で歌うときはアクセントを強めに入れていかないと、どうしても歌が平坦になりがちなんですよ。なので、意識的にアクセントの強弱をつけて歌ってます」

 

ツウィ

――『#TWICE2』のMV撮影&レコーディングで印象に残っていることは?

「カナダで“LIKEY”のMV撮影をしたんですけど、私はローラースケートをしながら歌うシーンを撮ったんですね。久しぶりにローラースケートに乗ったので、すごく楽しくて、テンションが上がりました! でも、途中から雨が降ってしまって……。本当はもっと長く滑れたのに予定よりも短くなってしまって。その撮影が楽しかっただけにちょっと残念でした」

――好きなMVはどれですか? どんなところが好き?

「“What is Love?”です。メンバーそれぞれが人気映画の主人公に扮するんですね、MVの中で。9人が9人とも、それぞれの個性にぴったり合っていた感じがして、すごく上手に表現できたと思います。私自身もほかのメンバーの撮影する様子を見ていて、すごく楽しかったです」

――日本語でレコーディングするとき、心がけていることは?

「発音が正確じゃないと、聴いてくださる方が曲の歌詞を聞き取りにくかったりしますよね。なので、できる限り、その国の方が歌っているように歌いたいなと思って気を付けています」

関連アーティスト
pagetop