INTERVIEW

ザ・コインロッカーズ 『憂鬱な空が好きなんだ』 39人、個性豊かで魅力的なメンバーが集まったガールズバンド・プロジェクト

ザ・コインロッカーズ 『憂鬱な空が好きなんだ』 39人、個性豊かで魅力的なメンバーが集まったガールズバンド・プロジェクト

ザ・コインロッカーズのファースト・シングル『憂鬱な空が好きなんだ』のリリースを記念して、タワーレコードではフリーマガジン〈TOWER PLUS+〉の臨時増刊号〈別冊TOWER PLUS+〉を8ページのヴォリューム増で発行! ここでは中面に掲載されたインタヴューを転載いたします! 別冊TOWER PLUS+は、タワーレコード全店にて配布中です!
※タワーレコードオンラインは除きます。※別冊TOWER PLUS+は無くなり次第終了となります。※天候や交通事情により配布が遅れる場合がございます。

楽曲ごとにメンバーを選抜する、秋元康プロデュースのガールズバンド・プロジェクト、ザ・コインロッカーズ。2018年9月から全国オーディションを開始し、約1万人の応募が殺到するなか、同年12月23日に無観客のZepp Tokyoで総勢39名でのバンド結成を発表した。1年後となる2019年12月23日にZepp Tokyoで開催されるワンマンライブのソールドアウトを目指して活動をスタートさせ、各メンバーのスキルチェックやレッスン、個人面談、アンサンブル練習を経て、デビュー・シングルの選抜メンバー9名が決定。ヴォーカルを務めるのはドラムスでオーディションを受けながらもヴォーカルとしての適性を見出された松本璃奈。そして、ドラムスは、ドラムスを始めて1年という森ふた葉が選ばれている。

「ドラムスではなく、ヴォーカルで選ばれたことには悔しい気持ちもあったんですけど、曲調的には歌いやすくて。自分の得意分野だったので、素直に嬉しかったし、頑張ろうって思いました」(松本)

「最初は本当に下手くそだったんですけど、ちょっとずつ自分の中では伸びしろを感じてて。このままうまい方向に伸びていったら選抜入りも夢ではないなって思っていたので、自分の名前が呼ばれた時はホンマに嬉しかったです。ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の主題歌に決まったことも嬉しかったし、期待もたくさんあったんですけど、その分、不安もたくさんあって。ザ・コインロッカーズを代表する選抜に選ばれたから大変なこともたくさんあるだろうなって思ったら、もっと練習しなきゃいけないなとも思ったし、とにかく頑張ろうっていう気持ちがたくさん溢れ出てきました」(森)

一方で、オーディションはヴォーカルで受けながらも、別の楽器で選抜されたメンバーもいる。コーラスを担う手塚愛乃とEmilyはそれぞれエレキギターとアコースティックギターを担当。自分のヴォーカルに自信を失くして楽器を始めた絹本夏海と田村愛美鈴は初心者ながらも、それぞれエレキギターとキーボードの一人として選ばれた。

「好きなタイプの曲だったので、歌ってみたいとは思ってたんですけど、後ろに流れてる音を聴いて、ギターも弾いてみたいなって思ってたので、ギターで選ばれてよかったと思いました」(Emily)

「私も最初はヴォーカルとして聴いて、歌うごとに好きになっていって。自分はギターに自信があるわけではなかったんですけど、ギターで選ばれたことによって、自分のギターのスキルアップにもなるし、ギタリストとして成長できる期間にしたいと思います」(手塚)

「私はヴォーカルとキーボードなんですけど、ヴォーカルはないなって思ってて。キーボードも初心者だからないだろうなって思ってたんですけど、曲はすごい好きだなって思ってたので、名前を呼ばれて、その曲が弾けるっていう楽しみと、このメンバーでやりたいなっていう気持ちが強くなりました」(田村)

「私は楽器未経験からスタートしているので、なんで私なんだろう?っていうことしか思ってなくて。でも、これまで頑張ってきたことが1つもないので、今、ちゃんと頑張る時が来たんだなっていうのをすごい感じてて。選ばれたからには〈こんな私でも出来るんだぞ〉っていうのを見せつけられるような力を手に入れたいと思いますし、すごい負けず嫌いなので、ひたすらがむしゃらに頑張ろうっていう気持ちが大きいです」(絹本)

キーボードは初心者の田村をピアノ歴10年の有働優菜が支え、難解なコードやフレーズも多いエレキギターには全メンバーの中でもスキルが突出しているギター歴3年のHANNAをマッチング。さらにベース歴1年ながらも研究熱心な鏡味のぞみを加えた9名でデビュー曲となるポップロック“憂鬱な空が好きなんだ”を演奏する。

コインロッカーズ 憂鬱な空が好きなんだ WARNER MUSIC JAPAN(2019)

「青空は明るくてポジティヴなイメージがあるけど、この曲では、どんよりした空が好きなんだって歌ってるんですね。私はもともとすごくネガティヴなので、歌詞にあるように、イエスかノーかって問いかけられても、そんなに簡単に答えが出せないタイプなんです。そんなネガティヴな部分も含めて自分なんだよって肯定してくれてるような歌詞がすごい心に刺さりましたね」(松本)

「自分を肯定してくれて元気が出る曲だし、私たちが共感したように、同年代の方に聴いてもらって、軽音部女子にカヴァーしてもらえたら嬉しいです。そして、その子たちが大きくなった時に、〈あの頃、この曲やってたな〉って、誰かの心に残るような曲になってたらいいなって思います」(有働)

「私は朝の通学の時間に聴いているんですけど、一番だけを繰り返し聴いても飽きなかったので、何回聴いても飽きない曲だなって思います」(鏡味)

「私はこの中で唯一ポジティヴなメンバーですね。例えばみんなでちょっと合わないってなった時も、落ち込むよりも楽しくなる。最初から何でも出来るよりは、そこをいかに乗り越えるかっていうことの方が楽しいし、大切だと思うんですね。そういう意味では、憂鬱っていう言葉もすごく好きだし、とにかく早くギターを弾きたいっていう気持ちが強いです」(HANNA)

彼女たちは5月27日、28日に下北沢ガレージで行われた初ライブを皮切りに約150公演に及ぶライヴハウス・ツアーに挑戦する。

「ザ・コインロッカーズは世代も若いし、初心者の子たちが楽器を頑張ってるし、この人数も珍しいし、すごい魅力がたくさんあると思うんですね。私たちにしかできないこと、見せられないことをたくさん発信していって、同世代の子たちにも憧れてもらえるようなバンドにしたいです。私たちも夢を見て頑張ってる最中なので、みんなにも同じように夢に向かって頑張ってほしいですし、そんな大きな存在になれるように150公演の1公演1公演を大切にして、1回1回成長できるように、みんなで協力して絆を深めて頑張りたいなと思います」(手塚)

「ネガティヴで人見知りなメンバーが多いからこそ、この曲をみんなで演奏することで説得力が出るし、ぴったりだなって思います。演奏技術や見せ方、チームワークをだんだん高めていって、ファンの人とも共有できる場をいっぱい作っていって。最終的にはZepp  Tokyoで、ツアーを終えてこんなに成長しました!っていうパフォーマンスを見せたいなって思います」(田村)

「Zepp Tokyoソールド・アウトという目標があるので、とにかく、たくさんの方に知ってもらう1年にしたいと思ってます。39人、本当に個性豊かで魅力的なメンバーが集まってるので、たくさんの方にザ・コインロッカーズを知ってもらいたいなって思ってます」(松本)

 

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop