INTERVIEW

KIRINJI 『11』

さあ、船出の時が来た! キャリアはバラバラながら腕自慢の船員5名を新たに加え、新大陸の発見を夢見るキャプテン高樹の視線はアルカディアの遙か先へ……

KIRINJI 『11』

味わったことのない手応え

 キリンジからKIRINJIへ──カタカナからローマ字へと表記を変えたバンドは、2013年の暮れも押し迫った日、新たな船出となるコンサートを開いた。その年の4月に行われたステージを最後に、17年余り活動を共にした堀込高樹(兄)と泰行(弟)が袂を分かち、夏にはKIRINJIの暖簾を引き継いだ高樹と新メンバー5人による6人編成でのリスタートを発表。いくつかのフェス出演を経ての、この日が初のワンマンであった。

KIRINJI 11 Verve/ユニバーサル(2014)

 「4月のライヴから日が経ってないといえば経ってなかったし、どうなるのかな?って気持ちで観に来た人も多かったと思うんですけど、演奏してくうちにね、初めは不安そうだったお客さんがだんだんとあったまっていく様子がわかって、演奏もどんどんノッてきたし……ああいう手応えっていうのは、これまで味わったことなかったですね」(堀込高樹、ヴォーカル/ギター)。

 ナイーヴな人々の心配もまったくの無用、見どころある〈船出〉をまずは終えたKIRINJI。高樹船長と共にこの船に乗り込むクルーは、田村玄一ペダル・スティールスティールパン/ギター/ヴォーカル)、楠均(ドラムス/パーカッション/ヴォーカル)、千ヶ崎学(ベース/シンセ・ベース/ヴォーカル)といったキリンジの頃からレコーディング、ステージにおいて好サポートをしてきた面々だ。

 「ステージもレコーディングも、サポートっていう姿勢でなく、僕は〈バンド〉っていう意識でずっとやってきましたんで、やることは、まあそんなに変わらないんですよ。違うことといえばリズム録りの時からスタジオにいたっていうことぐらいで(笑)。それはメンバーとして当然だと思いますし、それを聴いたうえで自分が鳴らす音をイメージするので、レコーディングも早いというか……」(田村)。

 「サポートの時は、弾いたらその後はお任せ、ベースの音決めにしてもあとから口を挟むことはなかったんですけど、それが今回はミックスやマスタリングまで立ち会って、自分がどういうサウンドを意識してこういう音色にしてこういう弾き方をしたからこういうミックスにしてほしいって、最後まで関わったのがいちばんの違いですね。だから、ベースの音色に関してはいままでとは全然、意識からして違いますよ」(千ヶ崎)。

 「僕はいろんなアーティストのサポートをやってきましたけど、キリンジは変わっていて、すごくバンドっぽかったというか、スタジオ・ミュージシャンの集まりというより、もっと親密な感じがあるなってずっと思ってたんですね。ただ、やっぱり正式メンバーとして参加するとなったら意識が違って、これはちゃんとやんなきゃなって(笑)、責任感は増しました。高樹くんのデザイナーとしてのおもしろさも、この編成になって改めて感じてますね」(楠)。

 さらに、高樹が「普通のシンガー・ソングライターとは違って、ピアノも弾いてアレンジもする人なので、この人なら何でもできそう」と思って誘ったコトリンゴ(ヴォーカル/ピアノ/キーボード)と、「以前、いっしょに仕事をしたことがあって、ああいうコがステージでバリバリ弾いてたらおもしろいかも」と声を掛けた弓木英梨乃(ヴォーカル/ギター/ヴァイオリン)の女性2名。

 「周りの人もびっくりするぐらいすぐに決めて。あとは打ち解けられるか……最近になって参加したことの嬉しさとか楽しさとか、じわじわきてます(笑)。キリンジの曲は、すごく有名な曲は知ってたんですが……でも、前から知っていて、すごく大好きっていう人の前だったら、たぶんビクビクしちゃう。怖いモノ知らずじゃないですけど、何も考えず飛び込めたのが良かったなあって」(コトリンゴ)。

 「すごくびっくりのひと言というか、いまでもまだ実感が湧かない(笑)。ギターはずっと弾いてましたけど、KIRINJIはいままで弾いたことのないような曲ばかりだから、全部新鮮ですね。KIRINJIだから変わったことやらなきゃって思ったり(笑)、高樹さんにOKもらえるようなものをって考えて、すごく苦しくなるかなあと思ったんですけど、すごく楽しくて」(弓木)。


うまく言えないけど何かが違う

 そして、早々に届けられた最初のアルバム。タイトルは、キリンジのラスト作『Ten』から何事もなかったわけではないが、あえてさらりと『11』。

 「以前だったら、いろんなことにチャレンジしても泰行のヴォーカルのカラーになるから、そこにもうちょっと広がりがほしいなっていう時は自分で歌ったりしてたんですけど、かつての枠組がなくなったぶん、音楽的な広がりっていうのかな、こういう意図でこういうことをやってるっていうのがより伝わりやすくなった気がしますけどね。キリンジの音楽っていろんなスタイルのものがあって、基本的にはカジュアルなものだったと思うんですけど、KIRINJIでもそこは残しながら、キメキメになりすぎず、自分が作りたいものを作ろうと」(高樹)。

 昨年暮れの船出ライヴでも披露され、オーディエンスの心を熱くした“進水式”で始まる『11』は、コーラスワークも心地良いウェストコースト風情の“だれかさんとだれかさんが”、中華風味のファンキーな“雲呑ガール”、カントリー・テイストのハートフル・ソング“虹を創ろう”……作詞/作曲はすべて高樹だが、コトリンゴが歌う妖しくもエレガントな“fugitive”、彼女と弓木がヴォーカルを分け合うグルーヴィンな逸曲“クリスマスソングを何か”、ラテン風のビートに乗って楠が歌う“ONNA DARAKE!”など高樹以外がメイン・ヴォーカルを取る楽曲もあり、広がりと奥行きのあるパノラマを見せてくれる。

 「KIRINJIは、キャリアがあるけどスレてない感じで各々のキャラクターがより出てるバンドだと思います。同じメンバーでも、やっぱりかつてのキリンジでやってもらってた演奏といまのKIRINJIでやってもらってる演奏は、うまく言えないけど何かが違うんですよ。やってることはそんなに変わらないっていうメンバーも責任感が増したっていうメンバーもいるし、その〈何か〉が何なのかは自分でもよくわからないんですけどね」(高樹)。

 

▼関連作品
KIRINJIが参加した2013年のコンピ大貫妙子トリビュート・アルバム -Tribute to Taeko Onuki-』(commmons)
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

 

楠 均

80年代にくじらのメンバーとしてデビューし、93年に同バンドを脱退後は遊佐未森GONTITIZABADAKSmall Circle of Friends森山直太朗らのバックで活躍してきたセッション・ドラマー。自身でもカイバレスというバンドを結成したり、Xnox名義でユニット活動を行うなどしている。杉林恭雄のソロ・プロジェクト的な側面が強まったくじらにもライヴのサポート・メンバーとして長く関わっており、2013年にはバンドとして15年ぶりの新作『ふたりのラジオを鳴らそうよ』(テレグラフ)を発表してファンを喜ばせた。

▼関連作品
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

千ヶ崎学

学生時代からの知り合いであるNONA REEVESのサポートを筆頭に、大沢誉志幸坂本真綾井手綾香花澤香菜Negiccoらさまざまなアーティストのライヴやレコーディングで活躍するベーシスト。なかでもやはりノーナ絡みの作品での起用が多く、近いところでは奥田健介がプロデュースを担当した高松豪のファースト・シングル“波乗り泥棒”(ユニバーサル)で全曲の演奏を担当している。また、青山陽一 the BM'sのメンバーでもあり、近年は2012年に逝去した松永孝義に代わってLonesome Stringsのライヴでも演奏。

▼関連作品
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

コトリンゴ

大阪出身のシンガー・ソングライター。バークリー音楽大学への留学を経て、2006年に“こんにちは またあした”にてcommmonsよりデビューを果たす。翌年のアルバム『songs in the birdcage』が高い評価を得て以降、ジャズを下地にしたポップな作風でコンスタントに自作をリリースする傍ら、mitoFreeTEMPOらの作品にも客演。映画「新しい靴を買わなくちゃ」(2012年)などの劇伴やCM音楽でも活躍し、ソングライターとしては南波志帆中島愛らに楽曲を提供している。自身の最新アルバムは今年4月にリリースしたばかりの『birdcore!』(commmons)。

▼関連作品
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

弓木英梨乃

90年生まれ、KIRINJIでは最年少のメンバー。幼少時からヴァイオリンを習い、中学時代にビートルズを聴いた影響でギターを始める。2008年にコンテストでグランプリを獲得したことがきっかけとなり、2009年にシンガー・ソングライターとしてデビュー。2011年の配信シングル“River”は高樹がプロデュースしていた。近年はギタリストとしての腕前を買われてベッキー♪♯相川七瀬などのバックを務め、2013年に発表された相川の最新アルバム『今事記』(motorod)では演奏のみならず2曲の編曲にも携わっている。

▼関連作品
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

堀込高樹 

KIRINJIの楽曲すべての作詞/作曲を担う中心人物。96年にキリンジとしてデビューし、2013年までに10枚のオリジナル・アルバムを発表。同年作『10』(コロムビア)を最後に弟の堀込泰行が脱退し、新編成へと生まれ変わったのは本文にもある通り。課外活動も旺盛で、2005年には現在唯一となるソロ作『Home Ground』(廃盤)を残しているほか、2009年には自身の呼びかけで5人組バンドのthe granola boysを結成(メンバーには千ヶ崎や田村も含む)。近年も朝日美穂冨田ラボの最新作に共作や作詞で参加するなど、さまざまな場所で腕を振るっている。

▼関連作品
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

田村玄一

スティール・ギター及びスティールパンの名手として、スピッツからUAハナレグミまで、数多くのレコーディングに参加するミュージシャンズ・ミュージシャン。KIRINJIのほかにも、LITTLE TEMPOやSunshine Love Steel Orchestraなど複数のグループを掛け持っており、桜井芳樹原さとしといった敏腕が集うLonesome Stringsには2000年の結成時から参加。カントリーやブルース、トラッド・フォークハワイアンなどが溶け合う豊潤なサウンドは、2012年にベスト盤『2000-2012 Anthology of This String Band』(ミディ)としてまとめられた。

▼関連作品
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

40周年プレイリスト
pagetop